Beast in Black - From Hell With Love

Beast in Black - From Hell With Love (2019)
フロム・ヘル・ウィズ・ラヴ【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

 このブログもそうだけどこんだけ記事があると日々見てる分には良いけど、コンテンツ別にまとめて見たい時って面倒だな、と。カテゴリ分けをきちんと詳細に渡ってしていればそれなりに見れるのだろうな、とも思うのでそのウチきちんと分けたいとは思っているがなかなかこの物量を目の前にすると躊躇してしまうのもある…。んじゃ、コンテンツ別に切り出して、ってのを一部やってるけど、今度は成形したりしないといけないし割と面倒だなぁとか。んで、その延長で電子書籍にでもしちゃえば良いかなんて発想もあるんだけど、これもまたかなりの成形業務を伴うから躊躇しちゃう。ん〜、このままだとコンテンツが埋もれていくばかりだし、どうしたものかと考えはするもののなかなかどれも手が出ないまま日々過ごす…。

 さてさて、ここ最近では一番期待していたアルバムがリリースされたんで、楽しみに聴いてました。Beast in Blackのセカンド・アルバム「From Hell With Love」。いやはや、こんだけ80s要素の強いバンドでキャッチーなのもそうそうないのと、それでいてヘヴィメタルという枠組みにあるバンドで、もちろんヘヴィメタルバンドなので、当たり前なんだけど、面白いようにメタルとポップスが同居しているんだな。今回のアルバムも冒頭からして、キャッチーなシンセ音満載でメロディだってもうポップスだろってくらいの旋律だしさ、メタル色強いという曲だってしっかりとメロディアス、そこがさすがのフィンランドってトコですな。そして驚くべきはボーカルのギリシャ人ヤニス。野太い声から女性ボーカルか?ってくらいの声域を使い倒して、まるで複数ボーカリストが参加しているかのようなスタイルを駆使しまくってるという幅の広さ。もちろんコーラスワーク側もしっかりしてるからボーカルだけの凄さじゃないけど、そう聞かせるのはさすがだ。

 どこから斬っても明らかにアントン・カパネンの世界、そしてBeastな世界観で、メタルとポップスが80年代風味で展開される。しかしこんだけシンセポップなのがメタルに入ってくるってのは見事だ。Battle Beastの頃もそういうのあって、なんじゃこりゃ?って思ったけど、今回はそこがかなりパワーアップされてる。ストレートなメタルがそういう意味では少ない。ただ、シンセありも曲の一部でしかなくってパターンの変化として使われているのも多いから、やっぱりメタルバンドなんだが。だから不思議と聞きやすい。Babymetalなんかに近しいサウンドの部分もあるかもしれんな。流行のパターンは取り入れているけどしっかりメタルしている、っつうかね。ホントアルバム最後の最後までキャッチーなスタイルは貫かれてます。

 どうやら歌詞の世界もオタクな世界観が広がっているみたいで、なんでも日本のアニメや漫画に影響を受けての作品ばかりってことらしいが、そっちにも興味がないし歌詞そのものにもさほど興味を持ってないんでよく分からないけど、機会あればどういう歌詞なのかは見ておきたい気はするかな。まぁ、ファンタジーな世界になるんだろうけど。そんな事であまりにも聞きやすいし疲れる事もないから数回リピートして聴いてて楽しんでしまう傑作。飽きさせない音作りをどこまで進めるんだろうな、ってのが多分今後のテーマにはなるだろうけど、ここまで個性出せてるのは見事。









Gary Moore - Victims Of The Future

Gary Moore - Victims Of The Future (1984)
ヴィクティムズ・オブ・ザ・フューチャー

 80年代初頭のアルバムの音ってホント、ダサいっつうかチープっつうかそもそものバンドの迫力とか生々しさなんてのをすべて打破するかのような音質になってしまうのが多くて、聴いててかなりキツいなぁと。ダンスやディスコなのはそれで良いのかもしれないけど、ハードロック的なのとかになるとかなり厳しいよな。ドラムペタペタだったり何もかもがキラキラしててね、なんか集中して聴けない感じ。当時はそんな事思うこともなく、やっぱロックだろ、なんて思ってたくせに(笑)。

 Gary Mooreの1984年にリリースしたハードロックバリバリのアルバム「Victims Of The Future」。面倒だからってYouTubeで聴いたんだけど、最初から曲順が違ってて「あれ?こんな変な風に始まったっけ?」と違和感ありありで調べてみれば、英米日で曲順違ってたらしい、どころか曲のバージョンも異なってたりしたらしい、ってことでCDではこの曲順になっているらしいが、それはそれで良いとしても違和感ありありなのは「Shapes of Things」から始まってて、そこでもう聞き慣れてた感あったからだろう。まぁ、忘れていたくらいだから別にどんな曲順でも今更こだわることもないのだけど、こんなにボーカルに無理があったっけ?って感じ。元気いっぱい熱さいっぱいなんだけどね、なんか今聞くと勢い100%ってくらいのアルバム。悪くないんだけどどうにも賑やかな作品です。

 ガシガシギターを弾きまくってるのが多くて勢い有り余ってるから単純に格好良いハードロックアルバム。話題的にはイアン・ペイスのドラムや、ニール・カーターの掘り出し、ツアーに出ればニール・マーレイの参加などなどとレコード会社との裁判沙汰を終えて一気にシーンで暴れまくったゲイリー・ムーアの真骨頂が出まくっている作品とも言えるか。多分ホントに最全盛期。70年代からシーンにいるけど、ここで一人でシーンを牛耳ってって、80年代のギターヒーローへと駆け上がって成功しているし。Van Halenがカンフル剤になったとは思うけど、どこのどんなスタイルにも当てはまらないゲイリー節のスタイルが確立されたアルバムじゃないだろうか。





John Sykes - Please Don't Leave Me

John Sykes - Please Don't Leave Me (1982)
プリーズ・ドント・リーヴ・ミー

 近年のアルバムを聴き続けてたりすると70年代とかのアルバムの音の古さやパワー不足ってのを実感するなぁ。もっと音圧あったら違っただろうに、とか録音技術が今くらいあればとか色々思ってしまうしさ。リマスターなり色々やって再リリースしてくれたりするんだけど、根本的なモノだからそこまでにはならないしね。ビートルズくらいの気合を入れてやってくれると相当音が変わるってのは分かってるんだけど、まさかそこまでやるバンドも多くはなかろう。ましてやメジャーじゃないアルバムなんてそのチープな音が良いんだ、と言わんばかりにそのまま放置されているし、やっぱりそれはもう歴史の一部でしか無い。

 John Sykesの1982年リリースのシングル「Please Don't Leave Me」にタイガース・オブ・パンタン時代の未発表曲・デモ曲を加えてCDで再度リリースした「Please Don't Leave Me」。昔からアルバムジャケットだけ見たことが何度もあって、ルックスで売ろうとしているのは見え見えってか、別にアイドルじゃないけど美青年を前面に出して何が悪い?って言わんばかりに目立つ作品。そして中身は何と、Thin Lizzyに加入する前にフィル・リノットとセッションしてすでにあったこの曲でジョン・サイクスがギターを弾いて入れているという代物。そもそもがフィル・リノットの名曲なので、そこにゲイリー・ムーアばりにジョン・サイクスがギター弾いてるんだから悪いハズもなく、どこから聴いても高評価。しかもせっかくと言わんばかりにフルバージョンにショートバージョン、そしてインストバージョンとひとつのトラックからこんだけ入れてくるという暴挙。自信あるよね〜。

 そして1992年に再リリースされた時にはタイガース・オブ・パンタンの頃の未発表曲なんかが入っているって事なんだが、あまりにも音も演奏も曲もレベルの差がアリすぎて結構ツライ。やっぱりA級のフィル・リノットと比べちゃいかんけどさ、あまりにもあまりにもで…、それでもジョン・サイクスのギターが前面に出ているからたっぷり聴けるのがタイガース・オブ・パンタン、今聞くとやっぱり未発表で良かったんじゃないか、って思う。まぁ、ジョン・サイクスをプッシュする材料がそこまで無かったからこうなるのはしょうがないか。それでもフィル・リノットとの曲は名曲だ。

U.F.O - Misdemeanor

U.F.O - Misdemeanor (1985)
Misdemeanor

 今にして色々とああそうだったのか、とかそういう事だったのかナンテ昔の事でようやく分かるって事がある。それはネット社会に於ける情報量の豊富さによる功績だろうね。昔は調べようにもなかなか調べる術が少なかったから、どこかの雑誌の片言で書いてある情報とかアルバムのライナーノーツくらいしか細かい情報って手に入らなかったし、そもそも買えるレコードの枚数だって限られるワケだから情報量が少ないのも当たり前でしょ。それが今やなんでもちょこっと調べりゃ自分も博士になれるくらいの情報は入ってくる。それらを纏めて繋ぎ合わせたら本が書けるぜ、ってくらいのもんだ。

 U.F.Oの1985年リリースの解散、再結成後の最初のアルバム「Misdemeanor」。時代が時代だからねぇ、ホントそのまま80年代の音なので、どっから聴いてもチープに聞こえるし、サウンドそのものもAOR的ですらあるので、かなり売れ線狙っただろ、ってのと時代の実験場になっただろ、みたいな風潮すら感じる。そもそもU.F.Oっていつも自分たちの意思ある音ってのがあまり出せてないバンドで誰かに利用されるバンド、みたいなイメージがあるんだな。もちろんフィル・モグのセンスがバンドを長期に渡って存続させているのは確かなんだが、マイケル・シェンカーに弄ばれピート・ウェイに乗っ取られ、作品はいつも何かの影響下にあるような音作りで…と勝手なイメージだけで書いてはいけないが。

 このアルバム、日系人ギタリストの参加って事でインギーかトミーかってな話だったらしいけど、結局このトミーに決定、それでテクニック的にもセンス的も良かったのだが、録音されている音がいかん。80年代そのままのキラキラサウンドで鍵盤もキラキラで、安っぽいし、ギターの音もそれに倣えというサウンドで、せっかくのテクニックが台無し。鍵盤だろ、ってくらいの音にしか聞こえないしバンドの音もポップスそのもの。キャリア豊かなU.F.Oの風格はまるでなしというお粗末さ。曲とかプレイとか悪くないのにな。久々にこういうかわいそうな作品を聴いたけど、そういえば昔このジャケットよく見たわ。U.F.Oって書いてあるけど同じバンド名ってあるんだな、なんてシェンカー時代しか知らないお子様な自分には到底同じバンドという認識にはならなかったというお話。

 今聞いてるとそのキャッチーでチープなサウンドは耳障りだけど、しっかりU.F.Oの音だし、確かにギターもかなり弾いているmどころか相当センスよく弾いている。だからもうちょっとサウンドにセンスがあればジャケットもインパクトあって面白いし、ロック的に良かったのにな。難しいね。





Black Sabbath - Headless Cross

Black Sabbath - Headless Cross (1989)
ヘッドレス・クロス

 年を取ると寝る時間が早くなるとか起きる時間も早くなると言われてて、そうなんかなぁ…、早起き苦手だからそうなったらラッキーなのかもしれん、なんて思いつつも未だに早起きは苦手だし夜更かしばかりしてるしと随分世間的な年のとり方からはかけ離れている気がするが、多分世間的に言われているのはもっと上の歳の話なのだろう。でもそのくらいってのはもう時間なんてどうでも良い頃なんじゃないか?なんて思ったりもするが、人間なんで自分だけは違う、特別だ、なんて思っても無駄、多少の時間差はあれども多くの事例と同じになるのが当たり前なので、ここで俺は違うぜ〜ってほざくだけ無駄だ(笑)。

 Black Sabbathの1989年リリース14枚目くらいのアルバム「Headless Cross」だ。ボーカリストはあれこれあってのトニー・マーティンの時代、結果的にはトニー・マーティン時代のボーカルでアルバム3枚リリースしていて、今ではそのどれもが実はかなり名盤だという事も知られている。バンドのインパクトがおどろおどろしいオジー・オズボーン時代のサバスに集約されているので、どうしてもそれ以外のボーカリストだとそもそもダメみたいな風潮が強かったんだよね。まぁ、音楽の評価ってよりもバンド神通力って方が強かった時代だったからそりゃそうだろうと。ロニー・ジェイムズ・ディオは元云々の肩書も実力も知られていたので興味本位で見られながら新たなサバスを聴かせられた分まだ良かったけど、このトニーー・マーティンは無名のシンガーだったがゆえにそれだけで認められなかったという悲劇。

 ところがアルバムを聴いていると分かるように素晴らしき実力と音楽センスを持ってて歌声だってしっかり高いトコロまで出てくるし、太い声も出せていくし、情感豊かに歌えるシンガーなのだな。ただ、個性という意味では突出するトコロは見当たらないのだが、それでもこんだけのシンガーだ。悪いはずがない。そこにコージー・パウエルが合流してきたというあたりでバンドのテンションは実は結構高かった時代なんじゃないだろうか。確かにブラック・サバスって、と言うバンドではないのでやっぱり否定的な人が多いのも事実だけどこれはこれで、という名作の聞き方になるだろうか。じゃ、どうすりゃ良かったんだ?ってね(笑)。アイオミのソロじゃここまで評価されなかっただろうしさ。

 ま、そんな事はあれども作品として聴くと90年代手前でこの古臭い音、何ら新しい事に取り組んでいないとも言えるサウンドなのに、ブラック・サバスというバンドがこんなに進化しちゃったんだ、という風に捉えるとものすごい進化なワケだから時代を超越している。そして結構、どころかかなり格好良い作品なのだ。この勢いがあれば90年代もメタル、イケたのにな。そう感じさせてくれるパワフルな作品。

Iron Maiden - Seventh Son of a Seventh Son

Iron Maiden - Seventh Son of a Seventh Son (1988)
第七の予言

 AIはすぐそこまで来ている、ってな話を今の車の半自動運転的なものだって事から話し始めて…、ウチなんか古いからまだ半自動とか勝手に止まるとかぶつからない車なんてのじゃないんだけど、今どきのはぶつからないし速度を決めて走れるし渋滞はほぼ何もしないでも疲れないで良いし、人感センサーもあるから人にぶつからないしというような事らしいんで、それならラクで良いなぁとシミジミ思った。後はカーナビに目的地入れたら勝手に到着するっていうレベルだけだが、そこはもうちょっとかかるようで、それなら今買い換えても良いのかなぁという話だけど、普通に走るし、特に買い換える必要性ってのも見当たらないから難しい。貧乏性なんだよね。

 Iron Maidenの1988年7枚目のアルバム「Seventh Son of a Seventh Son」。メイデンがシンセをプッシュした超ポップなアルバムってな印象が強くて当時は割と叩かれてた気がするけど、アルバムそのものは名盤だ、ってのが今の通説か。実際ライブなんかでも取り上げられている曲は結構多いし、聴いてても実にアイアン・メイデンらしい作品。ここでエイドリアン・スミスが離脱することになるんで、全盛期のメイデンとしてはここまで、とする向きも多く、自分でもアルバム単位でならここまで、か次の次の「Fear Of The Dark」までか、ってとこだな。そこから30年経過しているんだからそりゃま評価も変わっているだろう。もうちょっと素直にロック的に音楽的に評価されるだろうしさ。

 ってな事で改めて聴けばそりゃ名盤なんです。ただ、ここまでキャッチーで明るいアルバムは本作だけな気がするわ。どっかヒネてて暗さがあるのがメイデンだしそこにパワーも加わってってのがね。それにしてもまぁ、3者3様の楽曲づくりがモロに出てきているアルバムで、ともすれば2枚組に拡張してもできたアルバムなんだろうと言う気もする。そしてやっぱりメイデンのブレイン、スティーブ・ハリスの楽曲のアイアン・メイデンらしいことこの上ない。キャッチーなのは他に任せてアイアン・メイデンらしいヘヴィなプログレッシブスタイルがここで数曲収められてて、これぞ、という出来映えが素晴らしい。





«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

過去ログ+

2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【15件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【32件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【31件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

楽天市場

LED ZEPPELIN by LED ZEPPELIN【日本語版・4000部完全限定】

ラヴィング・ジ・エイリアン(1983-1988) (完全生産限定盤)

MISSING TARGET <Rarities 1964-1967>

ジョイント・エフォート

ライヴ・アンド・レア(4CD+DVD)

【Amazon.co.jp限定】Light For The Ages - 35th Anniversary Best ~Fan's Selection -(CD+Books)(初回限定盤)(クリアファイル C ver.付)

レジスト

フロム・ヘル・ウィズ・ラヴ【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

アートワーク・オブ・ヒプノシス

ギター弾き語り クイーン【ワイド版】

バンド・スコア 80年代ブリティッシュ・ハード・ロック[ワイド版]

物語 ポーランドの歴史 - 東欧の「大国」の苦難と再生 (中公新書)

ROCK DECADE TIME MACHINE 1967-1976 ロック黄金時代のアルバム・ガイド