Joey Ramone - Don't Worry About Me

Joey Ramone - Don't Worry About Me (2002)
Don't Worry About Me

 それなりのバンドのリーダーがソロアルバムをリリースするってのはなんでまたそれが必要なんだろ?とも思ったりしたけど大人の事情なのか、単にメンバーへの不信感なのか、バンドっていう単位が平等すぎて自身の音楽性だけではメンバーを纏められないというのか、そりゃましょうがないんだろうな、とも思うようにはなってきた。長くやってりゃ、そりゃ自分のやってみたい音楽の指向性とメンバーとの間のギャップも生じるだろうとは思う。んで、そのソロアルバムなりをリリースするのだが、それを聴いても大抵はバンドでやってる音と大差なかったりして、なんでバンドでやんないんだろ?みたいにも思う。本人が思ってるほどバンドの音と自分のやりたい音との差がないんじゃないだろうか、なんて思ってしまう。

 ラモーンズのフロントで活躍していたJoey Ramoneはラモーンズ活動休止後にソロアルバムをリリースする予定で足掛け3年くらいかけて「Don't Worry About Me」というアルバムをレコーディングをしていたようで、結果的にはジョーイが亡くなってからのリリースという遺作になってしまったが、しっかりとリリースに向けて作られていたアルバムなので普通の作品として聴ける。んでまたこれが結構な名盤に聞こえてくるから面白い。何らラモーンズの時とやってる事変わらないし歌も変わらないし、何か違うのか?メンバーが違うくらい?それでもラモーンズのメンバーも参加しているし、っていう程度だが、バンドが活動休止になってしまっているので、こうなっているのだろう。サッチモのR&Rカバーから始まる見事なR&Rサウンドのオンパレードで正にラモーンズの世界観。キャッチーでメロディ感溢れる音の洪水にイギーの「1969」なんかもカバーしている怒涛の37分、このコンパクトさも聞きやすくて良い。いつのどのアルバムを聴いても裏切られることのないラモーンズのアルバム郡の中に入れても何ら違和感を持つことのない出来映えの作品、素晴らしい。

 この人のメロディ感覚ってユニークだよなぁと思う。サーフィンロックの流れなんだろうけど、それがこういうビートに乗って出てくることも面白いし、そもそものメロディセンスも抜群で、多分独特のセンス。他にあまり聴くこと無いメロディ感で、どっかのポップシンガーが歌ったら売れちゃうんだろうなってくらいにはキャッチーだし、そこが魅力的なんだが、このアルバムでも存分にそのセンスが発揮されている。だからやっぱり良いアルバムなんだよね。それと録音が新しいから聴きやすいしさ、あまり目にする作品じゃないけど、こういうのあるよってなことで聴いておいてほしいアルバムです。


Johnny Thunders - Hollywood Babylon

Johnny Thunders - Hollywood Babylon
ハリウッド・バビロン(HOLLYWOOD BABYLON)

 さすがに古いロックはさんざん聴いてきたからすかkり自分に馴染んでいるってのともういいかな、ってくらいには飽きてきている感もあるのは事実。それなりのは頭の中で再生できちゃうワケだし、聴けばアレか、みたいにはなるしね。かと言っても一方では記憶力が衰えてきてるのもあって、誰の何て曲だっけ、ってのが即座に出てこないことも多い(笑)。古いロックのカッコよさを追求するのもあるし新しいのに刺激を受けていくのもあるし、新たな世界を探求するのもあるし、適当に気ままに聴いているんで一貫性は無くなってきてるんだが…。

 ドールズを思い出したことでフラっと覗いているとJohnny Thundersのライブ盤「Hollywood Babylon」が目に付いた。この人のライブとか未発表音源とかって山のように出ていてジャケットも変わって出てたりブートレッグそのままもオフィシャルらしき顔してリリースされてたり、いや、それはオフィシャルのライブ盤だとかホントに色々とリリースされすぎててよく分からない状況。カセットで客席録音したのとかオフィシャルで…って言われても困るよな。せめてオフィシャルなら卓録モノ出してくれとか思うが、それもカセット録音だからさ、みたいなのもあって作品って何だ?ってな疑問すら抱く。ただ、熱狂的なファンとかライブを聴いてみたいリスナーからすればこれほどありがたい状況もないだろう。何年頃のライブが聴きたいとかあればたいてい出ているから手に入るだろうし、聴けるしジョニー・サンダースって人のロック魂を感じられるんだからね。

 そんなことでこの「Hollywood Babylon」は1987年のハリウッドのライブで、ニューヨーク・ドールズ時代の盟友アーサー。ケインとジェリー・ノーランが参加したスペシャルなライブを記録したタイトル。更に選曲もベスト盤的且つロックのルーツのカバー曲多しという代物で、ジョニー・サンダースのライブにしては割と丁寧と言うかきちんとしたライブをやっているので助かる。偏見かもしれんけど大抵のライブがヘロヘロで聞き辛いのが多くてさ、それに比べてこのタイトルは普通にロックしている、本来のジョニー・サンダースのライブの姿が聴けるんで正にR&Rなサウンドが楽しめて良い。





Japan - Obscure Alternatives

Japan - Obscure Alternatives (1978)
Obscure Alternatives

 先日クレジットカードが読み込まれなくなってしまって困った。店舗のハードの問題か?とも思ったけど自分のカードの問題の方が確率高いだろうなぁ、と別の日にまた使ってみたらやっぱり読み込んでくれなくって、その時は判ってたから現金払いにして慌てずに済んだんだけど、そういう事もあるのかね。ICチップか磁気部分がイカれてるんだろうけど、財布に入れっぱなしで、他のカードは無事なので一体何が原因でそうなるんだ?と不思議。ハッキングでもされてるんだろうか?などと考えつつも取り敢えず再発行依頼して数週間待ち状態。カードのない生活って何かと不便。常に現金準備しないといけないからね…。

 デヴィッド・シルビアン率いるJapanの1978年セカンド・アルバム「Obscure Alternatives」。本人たちからすると初期の作品は抹消したいくらいの産物らしいが、この初期作品の方を好むリスナーがいるのも事実で、自分なんかは明らかに初期の方が好きだ。冒頭から聴いてて思うのは、ニューヨーク・ドールズみたいな感触があって歌い方なんてデヴィッド・ヨハンセンみたいだもん。粘質系の声質も似ているってのあるかな。後のジャパンでは聴かれることのないちょいと歪んだロックやレゲエサウンド中心の妙なサウンド、同じフレーズの繰り返しによるミニマルサウンドも展開されていながらのこのロック感、今聴いてても不思議なジャパンサウンド、イーノの影響とかあるんだろうな。後にフリップ卿が一緒にやったことで分かるように独自の妙なセンスがここでも生きている。ニューウェイブサウンドと一言で括れないし、ロックとも言えない部分あるからね。故に本人からするとまだ方向性の定まっていない中でのアルバムってことになったんだろう。

 昔は嫌いだったなぁ、こういう軟弱に聞こえる音って。んでルックスも良いからアイドル的なんだろうな、なんて思ってたし。英国本国ではさほど人気もなく注目されることもなかったみたいだけど、バンド名とこのルックスの良さで日本では人気が高かった。日本の女子のアイドルたちを見つける先見の明は常に早かったからね。それにしてもこのベース、ヘンだよな、やっぱり。ギターにしても上手くはないし、それでもこの妙なサウンドは出来上がっているんだから面白い。


David Bowie - Serious Moonlight

David Bowie - Serious Moonlight (1983)
シリアス・ムーンライト [DVD]

 David Bowieの名前を80年代に知った人も物凄く多いと思うし、それでボウイのファン層は確実に広がった。まさかこの人が70年代から、もしくは60年代からのヒーローだったなんて80年代から入った人は想像もしなかっただろう。そんなジジイなのか?って話だが、テレビに出てきて同時期のヒットチャートを賑わせていた人で、同じようなサウンドというかキラキラポップをやってるんだからそんなに差があるなんて思わなかっただろうし、ちょっと老けてるけどカッコよいからいいんじゃね、程度のものだったろう。そう思わせてしまったのも凄いし、そこまでシーンにしっかりとハマったってのもボウイならではだろうか。パッと見てロックな人に思えないからそういう売り方も出来たんだろうけど、無茶苦茶ロックな人だったからなぁ…。

 David Bowieのポップスターとしての全盛期でもある1983年の大ヒットアルバム「レッツ・ダンス」を引っ提げてのツアーのひとつを記録したオフィシャルのライブビデオ「Serious Moonlight」、当時から発売していて今でもDVDでリリースされているから見るもの容易だし、見てもらうとこの頃のボウイの裏切り具合…じゃなくてポップスターとしての地位確立ってのがよく分かるライブ。こんなに器用に踊れる人だったんかい、ってのとかここまで金色に髪の色抜いてイメチェンしてスーツに身を包んでのスター然としたファッションで、明らかにロックからポップスに魂売った的なトコ、よく分かるから。しかも昔の曲もやってるんだけどここまでポップ的に音を変えれるのか、ってくらいにバンドアンサンブルから何から全部変えてしまっての超ポップス的アレンジにホーン・セクション、いやはやこんだけやったら売れるだろうよ、ってな具合。今となってはそれもひとつの楽しみなんだが、当時リアルタイムでこれを見ている時は思い切り80sポップスの一員でしかなかった。他と何の差もなくチャートにいたポップスター。

 当時からやっぱり好きな部類のアーティストだった。70年代のボウイは後追いで知ったから80年代になってここで知ったのが最初だし、ポップスターだったけどどっかやっぱりロック的に聞こえてたのかもしれない。それは昔の楽曲だったのかもしれないけどさ。今はもう全部知ってるからこの時代もアリだけど、いや〜、Duran Duranと大して変わらない扱いだったもんなぁ。んで名前知ってからは坂本龍一さんと仲良いとか「戦場のメリークリスマス」に出てくるとか何かと話題豊富でへぇ〜、なんて言ってる内にボウイの過去を色々と知るんだよね。面白かったなぁ。




Dead or Alive - Sophisticated Boom Boom

Dead or Alive - Sophisticated Boom Boom (1984)
Sophisticated Boom Boom

 手当たり次第80年代を聴いているんだが、やっぱり当時割と聴いてたのを聞き直すって方が多いか。改めてあの頃のバンドとかを今更きちんと聴くって気にもならないし、そこから大物になってるのはもう聴いてるだろうからね。消えてっているバンドをニッチに取り上げるって手もあるが、そこまで面白い事があるような気がしないんで取り敢えずこのヘンかな。80年代…ってか今でもそうだろうけど、ビジュアル的なインパクトも重要になってた時期で拍車をかけたのがMTVの台等によるPVの存在。それでミュージシャンのスタンスとか印象ってのをテレビで見て決められたってのがある。良くも悪くも、だけど。どういうアーティストなのかってのは一目瞭然だったからさ、それでキライになったのも多いけど、心惹かれたのも多かったな。

 Dead or Aliveの1984年のファーストアルバム「Sophisticated Boom Boom」。これって1984年だったのか…ってのも改めて知ったんだけど、当然売れまくったのは次の「ユースクエイク」で、当時の流行ぶりって言ったらとにかく誰でも知ってただろってくらいの代物だった。その前のファーストアルバムでこの訳の分からないジャケットでまだこの人がどんな人かも知られてなかった頃の実に男らしいサウンドとジャケットに見られる姿…、このくらいなら別に英国ならよくあるお話だったんだがな…。いやいや、それはともかく、とにかくDead or Aliveのサウンドそのままがファーストアルバムから全開で、まだキャッチーな路線が入っていない程度で骨幹を為していたパンクエッセンスの強いデジタルビートと挑発的なベース音や野獣の咆哮とも言える図太い歌声はこの時期にすでに出来上がっている。アンダーグラウンドではこういうのあったんだろうけどメジャーにこれを持っていったのはこの人達なんだろうな。そういう意味でも革新的なバンド、ユニットだったと言えるハズだ。

 自分がDead or Aliveを当時から興味深く思っていたのは多分その根底にあるパンクエッセンスや攻撃性や挑発性だな。単調なポップスやディスコサンド、ユーロビートなんてのとはちょいと異なる攻撃性があったから新鮮だったんだろう。だから今聞いててもすんなりと入ってくる。邪魔なデジタルサウンドは入ってるけど、本質的な攻撃性が良くてね。その意味ではプロディジーなんかと同じ扱いになってるかも。全部徹底的に聴くぞって気にはならないけど、聴いてても実験的なことも数多く入っているし、確かに新しいサウンドを作り上げているバンド、アルバムだろう。


Culture Club - Waking Up With the House on Fire

Culture Club - Waking Up With the House on Fire (1984)
ウェイキング・アップ・ウィズ・ザ・ハウス・オン・ファイア(紙ジャケット仕様)

 今更ながら80年代のバンドを自分なりに立て続けに聴いて再評価しているんだけど、当然ながら自分の聴いていた感覚の方がおかしくて、というかガキの頃の印象が強すぎて正当に判断、評価していないという方が相応しくてね、冷静に普通に音楽作品として聴いてどうなんだろっていう当たり前の聴き方してないからさ。それをね、今更ながらやってるんです。いや、ロック系の方もあれこれあるんだけど、流れ的に、ってのと自分的に聴いてて面白いからってのが大きいね。あんがどれもこれも冷静に良く作られてるし、様々な実験してたりもするしそういう聴き方しているとこれまた楽しめてね、元々知ってるのも多いからさ。

 Culture Clubの1984年リリースの3枚目のアルバム「Waking Up With the House on Fire」。当時はジャケットのインパクトによるルックスの変化の方が話題になって、更に音的にはヒットシングルも少なくて地味なアルバムという印象で実際そこまで売れなかったしMTVでの露出も減っていったようだ。この後くらいからどうも衰退期に入っていってしまったのかな、自分自身もそうだったけど休息に80sが終わりを迎えていったもんな。カルチャー・クラブも80年代キラキラポップを代表するバンドのひとつだなぁ…。このアルバムに来る前の話題の豊富さやインパクト、売れ方が凄かったからここで地味に映ってしまっているアルバムなんだが、中身はかなり大人に進化しているって言えるだろうね。意外なことにここいらのバンドの中で一番音楽的にしっかりしてて聴きやすいバンドなんだよな。歌も上手くて魅力的だし、バンドの音もモータウンベースだから甘ったるいボーイ・ジョージの声もしっかりと似合ってるし。ユニークなのはドラマーがパンク野郎ってトコで、このジョン・モスというドラマーの来歴が面白い。

 カルチャー・クラブの前にダムドやアダム&ジ・アンツなんかで助っ人ドラマーとして叩いてたみたいで、その周辺にいたらしいんだよな。何故かカルチャー・クラブに参加しているんだからどういうきっかけだったのか…、恋人だったのか?とか思うけど、邪推はやめよう。そのおかげでか、単に甘ったるいサウンドに留まらないビートが出てくるのはきっとこのドラマーのおかげだろう。そしてこの「Waking Up With the House on Fire」というアルバム、意外や意外、相当の名盤だった。前2作は80年代を代表するキラキラポップアルバムだったが、ここに来てバンドの真髄が発揮された作品を作っているとも言えるか。多くのリスナーがそういう風に聴かなかったから今でもあまり評価されていないアルバムだろうけど、案外良いわ。








«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ+

2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【23件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

Free Spirit
全曲フリー!

Welcome to the Blackout
ボウイ1978アールズコート!

アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー

Live in Japan

Our Country: Americana Act II

The Blues Is Alive & Well

Live At Town Hall 1974. 2CD Set

Appetite for Destruction [Deluxe Edition][2CD]

Sexorcism
Sexorcism

Led Zeppelin Live: 1975-1977
Led Zeppelin Live: 1975-1977

THE DIG Special Edition キング・クリムゾン ライヴ・イヤーズ 1969-1984 (シンコー・ミュージックMOOK)
THE DIG Special Edition キング・クリムゾン ライヴ・イヤーズ 1969-1984 (シンコー・ミュージックMOOK)

Klipsch 革製ネックバンド型Bluetooth イヤホン X12 Bluetooth Neckband Black KLNBX12111
Klipsch 革製ネックバンド型Bluetooth イヤホン X12 Bluetooth Neckband Black KLNBX12111

ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 599【国内正規品】
ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 599【国内正規品】

ヒプノシス全作品集【2000部完全限定】
ヒプノシス全作品集【2000部完全限定】

麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ
麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ

ブリティッシュロック巡礼
ブリティッシュロック巡礼

フリー・ザ・コンプリート 伝説のブリティッシュ・ブルース・ロックバンド、栄光と苦悩
日本語訳版出てたんだ!


Click!!


Powered By FC2