George Throgood - Party of One

George Throgood - Party of One (2017)
PARTY OF ONE [CD]

 ン十年もロックし続けるってなかなか出来ないのは当然だし、一般人じゃそんなのは多分社会的に抹消されるだろうからやっぱりそれなりにそういう仕事じゃないと続かないだろう。じゃ、R&Rを職業にしている人達はどうかとなるが、それでもそのままでいる人達なんてのは大して多くない。そう考えると本来R&Rなんてのは数年の寿命のハズで今じゃジジイでもR&Rだぜ、なんてのはおかしな話なんだけどね、実際にはストーンズを筆頭にジジイのロックンローラーってのは何人もいたりする。まぁ、イメージだけの話だから何がR&Rなんだ、ってトコからして定義はないんだけどさ。

 George Throgoodの2017年作品「Party of One」。このアルバムは見事にジョージ・サラグッドのギターと歌声だけで作られているアルバムで、それもオーバーダブはほぼ見当たらずの一発録りなんじゃないか?って感じのシンプルな作品。楽曲群はもちろん過去のブルースメンの作品だったりストーンズやディランってトコで、有名なものばかりになるのだが、それを自身のギターと歌だけでプレイしていて見事にサラグッド節に仕上げている。この人のカバー局に対するリスペクト度合いはホント見事だ。それでもプレイヤーとしての個性を発揮していて、しかもどんどん上達してるもんな。今回はバンドがいないから余計にギタープレイのテクニカルさが目立つ。

 こんだけギター弾けて歌えたら楽しいだろうよって思うくらい多様なギタープレイが満載で、それぞれアプローチが結構違ってる。ある種スタンダードに弾いてるのが少なくってギターバッキングのくせにドラムみたいに聞こえていたりね、何か面白いなぁと。普通こういうのって飽きてくるんだけど、しっかりと飽きさせない音作りやアレンジなんかが施されていてアイディア一発で作りましたってだけでもなく、しっかりと練られている。




Dan Baird And Homemade Sin - Rollercoaster

Dan Baird And Homemade Sin - Rollercoaster (2017)
Rollercoaster

 デジタルコンテンツ時代になるとジャケットアートワークが画面上に並ぶことからか、それなりに目に付くアルバムジャケットってのは気になる事も多くなった。CD時代は背表紙がショップに羅列しているからジャケット買いみたいなパターンはなかったし、レコード時代は大抵ジャケットをパタパタとめくっていくように置いてあったことからジャケットを目にすることが多かったからジャケット買いも割とやってた。デジタル時代はジャケットしか目に入らないんだからそりゃジャケ買いってのもアリになるわな、と改めて思った。最も買うかどうかってのは聞いてからという選択肢もあるから単純にジャケ買いってワケでもないんだが。

 Dan Baird And Homemade Sin名義での2017年のアルバム「Rollercoaster」のジャケット、凄く良い感じでさ、ジャケ買いってんでもなくってもちろんジョージア・サテライツのダン・ベアードの今のバンドのアルバム。だから中味は言われなくても想像出来たんだが、それに加えてのこのジャケットがよろしくって、アルバムタイトル通りにローラーコースターではしゃいでいる女性ってのが何か夢溢れててノスタルジックでもあっていいなぁ〜と。もうね、ジャケットだけ。中味は聞いても聴かなくても分かる。いつものR&Rがたっぷりと詰め込まれている作品で全く裏切ることのない作品。軽快でご機嫌なナンバーからしっとりとしたテンポで訊かせる曲、もちろんバラードチックなのもあって、ギターにしても乾いたサウンドでばっちりと聞かせてくれるしね、金太郎飴状態のアルバムってのはいつものことだ。しかしいつ聞いても楽しめる、っつうかやっぱりR&Rってかっこいいな、って思わせてくれるんだよね。それがこの人の強いトコロ。

 日本での今の人気ってあるのかな?多分アメリカでの人気は根強くあるんだろうけど、その他の国では知名度ゼロに近いんだろうという気がする。それでも多分カントリーシンガーと同じく永遠のアメリカンロックンローラーとして活動していけるバリューはあるんだろうな。アルバムもコンスタントにリリースしているし、それもソロ名義や異なるバンド名義ってのもあったりするんだからそれなりに売れているんだろうし、こういうR&Rです、ってサウンドも他にはそうそういないだろうし、ある種唯一無二の存在でもあるか。


Soundcloudで全曲試聴可能

Sonny Landreth - Recorded Live in Lafayette

Sonny Landreth - Recorded Live in Lafayette
Recorded Live in Lafayette

 いつまで経っても朝早く起きるというのが苦手だ。年取ると朝目が覚めるもんだ、と聞いてたけど全然そんな気配がなく寝れるんだったらずっと寝てるぜ、ってくらいには朝が苦手だ。夜は全然平気なのだが…。用事があって朝早く起きないといけないって時に前の日にちょっと早めに寝れば大丈夫だろうと思ってもそれはその分余計に眠れるというだけでやっぱり朝が苦手だったりする。だったら前の日にもっと好きなことしてりゃ良かったなんて思うのだが、そんなもんだ。早起き出来るってのはやっぱりクセになればそうだろうし、習慣の問題の方が大きい気がする。まぁ、早起き苦手だからまだまだジジイには程遠いぜ、って思ってるのはあるが…、いや、実際そんなジジイではない、です。

 Sonny Landrethの2017年リリースのライブアルバム「Recorded Live in Lafayette」。1枚目はアコースティックブルースライブ、2枚目はエレキでのブルースバンドライブとサニー・ランドレスのカントリー・ブルースを多彩な側面から楽しめるライブアルバム。やっぱりこの手のはライブアルバムが良いな。幾つかはPVでライブそのものが見られるんで、その辺から見ちゃったんだけど、上手いよなぁ…やっぱり。どうやって弾いてるんだろ?ってじっくり見ちゃうのもあるしね、指使いがちょっと珍しいと言うのか、どこを抑えてあの音なんだろ?なんて気になっちゃってさ。いわゆるR&Rパターンの7th入れてるんだけど、人差し指で入れてて、どんな弾き方だ?ってね。その他もスライドの絶妙な使い方、もちろん指使いも絡めてのフレーズで、こういうのも一般的になってきたんだろうなぁとジョニー・ウィンターのフレーズで度肝を抜かれた時代からの進化を感じた。

 ライブアルバムだからね、もちろん前半はしっとりとカントリータッチでのスタイルで、アコーディオンの音色が新鮮、それとアコースティックベースも乾いた良い感触の音色で心地良い。ブルースというかカントリーに近いかな。気楽に楽しめるサウンドでブルースの定番「Key To The Highway」なんかもさらりとやってたりする。んで、後半のエレキブルースになるとストラト片手に渋く弾きまくってくれてて当然楽しめる。超ブルースって人でもないけど当然ブルースベースのスタイルで、そこに色々と混ぜ込んでいるハイブリッド型サウンドなのかもな、なんて思った。そうだなぁ、自分的にはもうちょっと白熱ぶりが長いと好きかもな、って思いはするけど、バンドアンサンブルが楽しめるという意味ではバランスの良いショウなんだろう。しっかしスライドを上手く使う人だ。





Juana Molina - halo

Juana Molina - halo (2017)
ヘイロー

 ひとつ新しい扉を開くと次から次へと新たな飛びたが開いてゆく…、音楽の世界でもちょっとしたチャレンジをきっかけにゾクゾクと新たな世界が広がっていくことは多々ある。もちろんそれは自分が知らなかったというだけで普通にその一報からは好かれていた世界だったのだろうけど、その扉ってのはなかなか開かなくて、というか見つけなくて知らないままだったりするだけだ。今回はテルミンスタイルから始まって、ならばってところで出てきたのがどういうワケだかアンビエントなエレクトニカの世界…ってのかな?よくわかんないけど手を付けたことがないから斬新でマジマジと見入ってしまった次第。

 Juana Molinaという女性の、見ていたのはスタジオライブ映像なんだけど、2017年リリースの「halo」というアルバムのプロモーションだったんだろう、きっと。この手のを知らない人は映像見ることをオススメします。アルバムだけ聴いててもよく分からないんで。自分の音だけで聴いてたら別にそんなに気にならず、ふ~ん、ってくらいだったと思うんだが、映像見てて、こういうのって有りなのか?でも音楽と言えば音楽…どころか高尚な部類にすら入る音世界じゃないか、ってのあるが、でもさ、みたいな自己矛盾との葛藤もあって見入ってた。大体ドラマーがドラムマシン叩いてるとか、ギターもループサウンドがバッキングになってるとかいじるのがミキサーのつまみとか何でそんなんありうる?とかね。ところがフアナ・モリーナその人の歌声はとんでもなく美しくてジャストに音が出てきて見事なアンビエントな歌声…ってのもヘンだけど、言うならばSlapp Happyみたいなもんか。いやはや驚くばかりの構成とライブで、目からウロコ的に見入った。

 冷静に見ればそりゃそうか、なんだけど、こういう音作りでのライブとかは考えられなかったからね。それでいてギターのフレーズや音作りなんてのはもう自分的にはヴェルヴェッツなんだが、そうとも言い切れず、現代の実験的アーティストとも言うべきところなのだろう。それでもキャッチーに出来上がっているから進展している。ヴェルヴェッツの革新性を今時のデジタル楽器、さらに時代性、見事なに出来上がっている芸術に恐れ入る。まだまだ知らない世界の面白さはたくさんありそうだ。




Carolina Eyck - Tarnow: Theremin Sonatas

Carolina Eyck - Tarnow: Theremin Sonatas (2015)
Tarnow: Theremin Sonatas

 アーティストの活動がかなり変わってきているのは当然のことなのだろうけど、これが一般的な活動だ、みたいなのがネット時代にはなかなか出来てこなくて、各自創意工夫をしながら活動している感じ。昔ならそういうのは事務所なりが路線を敷いて手伝っていったりしたのが、今じゃアーティスト自らが発信する事で直接的にリスナーを獲得していく、面白いもので熱意がなけりゃ知られることすらないってのはある意味では昔の原点に戻っていってるとも言える。だからリスナーの心の響くものはシンプルに売れるし聴かれる。もちろん商業主義だってよければ売れるんだけどね。特殊な環境下のアーティストは結構大変だろうなぁなんて思いながら色々と楽しませてもらっているのだが…。

 Carolina Eyckっていうドイツの美人さん、演奏楽器は何とテルミン。ちょこっと流れてきた情報で知ったんだが、テルミンでこれだけ知名度あって美人さんでしかもボイスもあるからどうやってるんだろ?って興味津々で見てみれば何か驚くばかりに普通に音楽になってて音階までしっかり出ている。テルミンってこんなに多様な対応出来たんだっけ?って不思議なものを見る聴く感じでズブズブとYouTube漬けになっていって、Carolina Eyckの魅力にどっぷりとハマってしまった。アルバムがどうの、とか曲がどうの、ってのよりもテルミンってものがこんな風に使われるのか、ってのが大きくて、しかも当然それを身に着けてからクラシックとのアンサンブル、ポップとのアンサンブルに自身のボイスや他の楽器との組み合わせなど色々とチャレンジして発展させていってる。鍵盤楽器なんかと一緒にやるってことは音階が絶対的になるってことで、どこにも調律性のないテルミンでそれを正確にやるってのは正に楽器と一体化していなければ無理だし、見事なものだ。そしてテルミンの音色もかなりマイルドなアナログ音で、耳に優しいサウンドだから聴きやすい。

 今のところの最新シングル「Reja」では新たにボイスとの絡みと自身の多重コーラスの面白さを重ね合わせたポップス界への進出とも言えるスタイルで、一般リスナーのつかみには最適だろう。こういうアーティストはどんどんとシーンに進出して新しい試みを楽しませてくれるべきだ。合わせて他のビデオなんかでも本人がYouTubeに色々とアップしていて楽しませてくれる。ここでケイト・ブッシュとか出てくるのはやっぱりアーティスティックな証拠か、あんだけの音域のモノをテルミンで出来ちゃうのも驚き。古いモンばかりでああだこうだじゃなくて新しいチャレンジをどんどんと楽しむのも良いね。








Auri - Auri

Auri - Auri (2018)
Auri

 自分にとって知りたい、知っておきたいという情報が勝手に流れてくるように仕向けておきたいんだけど、なかなかそれが出来なくて余計な情報ばかり入ってくる。大抵の情報ってのはそういうものだけど、その中に欲しい情報もちゃんと混ざっててほしいなぁとは考える。でも、そのための努力してるかってぇとさほどしていないんだからしょうがない。今回はそんな中からへぇ〜ってな情報を感じ取ってたどり着いた作品で、普通だったら知らないまま埋もれてったのかも、って思う。そこから新たに発見した世界ってのもあるし、ひとつのきっかけが色々と波及して広がるってのは面白いものだ。

 Auriというフィンランドのユニットの作品「Auri」。フィンランドのNightwishのブレインでもあるツォーマスと彼の奥様ヨハンナ・クルケラをボーカルに従えて味付けはNightwishの盟友トロイを入れてのフィンランドの情景を映し出した心落ち着く作品が仕上がった。元々ヨハンナ・クルケラはフィンランドでそこそこ知られたアイドルってか歌手で、ユーロビジョンにも出演していくほどの音楽英才教育なセンスのある女性で、その歌声が実に透明感あって美しく聴いていて惚れ惚れする。英国のフィメールシンガー達とはまた一線を画す透き通り方と優しさを実感できる歌声とでも言うのかな。やや角が丸いというのもあるかもしれないが、かなり興味深い作品。トロイは英国人だからそのセンスもあるのかもしれないしツォーマスは彼女の歌声と世界観をしっかりと実現しているようだし、ホント天才だな、って思う。こういうのもしっかりとハイレベルに仕上げてくるし、プロ中のプロ、なんだろう。

 作品は当然ながらヨハンナ・クルケラの歌声を中心した牧歌的な…、フィンランドの哀愁とか情景が思い浮かぶような世界観で明るいわけじゃないけど心落ち着く、休まるというような雰囲気。愛が溢れているというほどの嫌らしさはなくて祖国への恋慕みたいなトコかな。そこにトロイが色々な楽器で色を添えて雰囲気を変えてくれる。時にはコーラスで参加しての男女ボーカル曲もあったりして大活躍。それだけツォーマスの信頼が厚いミュージシャンなんだろうね。久しぶりにこういうのを味わえてじっくりとアルバムまるごと聴いて堪能してしまった。そしてヨハンナ・クルケラの歌声が大変気に入ったので他の作品も探して聴いてみようかなと。これからも夫婦でのマイペースな活動になるのだろうけど楽しみに聴いていきたいユニット。




«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去ログ+

2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【22件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

レッド・ツェッペリン 全活動記録 1968-2007【2000部完全限定】
レッド・ツェッペリン 全活動記録 1968-2007【2000部完全限定】

伝説のライヴ ─HOW THE WEST WAS WON─ <2018リマスター>【3CD】
伝説のライヴ ─HOW THE WEST WAS WON─ <2018リマスター>【3CD】

Live at the Fillmore East
The Who 名Live!!

ヒプノシス全作品集【2000部完全限定】
ヒプノシス全作品集【2000部完全限定】

麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ
麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ

moog THEREMINI テルミニ MG ETHERWAVE THEREMINI テルミン
moog THEREMINI テルミニ

VOX ヴォックス ヘッドホン アンプ・シミュレーター内蔵  amPhones AC30タイプ
VOX ヴォックス ヘッドホン アンプ・シミュレーター内蔵 amPhones AC30タイプ

ピンク・フロイド全記録
ピンク・フロイド全記録

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)
クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

ブリティッシュロック巡礼
ブリティッシュロック巡礼

フリー・ザ・コンプリート 伝説のブリティッシュ・ブルース・ロックバンド、栄光と苦悩
日本語訳版出てたんだ!

来日ミュージシャンのポスター&フライヤー  デザイン集    Live in Japan Graphic Chronicle 1965-1985

洋楽日本盤のレコード・デザイン シングルと帯にみる日本独自の世界

アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー

THE OFFICIAL BOOTLEG BOX SET VOLUME 2: 5CD BOXSET

メイキング・オブ・アクシス・ボールド・アズ・ラブ 1967

Live At Town Hall 1974. 2CD Set

Memories in Rock II


Click!!