Black Country Communion - BCCIV

Black Country Communion - BCCIV (2017)
Bcciv

 フラリとPC関連ショップを覗くと随分と洗練されてしまった感があって、それでも妙なモノが幾つかは置いてあったから楽しんだけど、昔はもうもっと怪しいモノばかりで店構えだってジャンク屋に近い様相だったのになぁ…と思いつつフラフラ。こんなスピーカーあるんだ?今時だとBluetooth対応の無線スピーカーってのもあるのは当たり前にしても、JBLからこんなん出てるとは…、ハーマンになってからJBLブランドも路線変わってて、こういう手軽なブランドにも進出したんだな、などと今更ながらその汎用品路線に驚くが、それが故に見かけて面白そうだったから買っちゃうという始末。しかも小さいからどうなってるんだ?って思って不思議に見てたら驚きのフルレンジ1発しかないモノラルでのパワフルスピーカー。モノラル一発?今更かよ?そこをJBLがやる??オーマイガーッ!な感じですがね、その意外性に負けて聴いてみると、これがまたパワフル。さすがだ…。ちなみにコレ↓


 アマゾン見てて、あれ?って思って初めてリリースを知ったBlack Country Communionの「BCCIV」。見たことないジャケットだしさ、「BCCIV」って新作って今度のギタリスト誰にしたんだ?って思ったらジョー・ボナマッサが戻ってきてるからびっくり。結局そういう事か?ジェイソンとグレンはCalifornia Bleedまで作って同じことやってて、速攻解散しちゃったのはその布石?まぁいいや、ボナマッサのギターで聴けるならそりゃ良いもん。ってことでBlack Country Communionの新作、とにかく70年代のロック好きな連中なら皆歓喜する期待の音そのままが出てきます。古臭い音の作り方もあるけど、ジェイソン・ボーナムのドラムがもうジョン・ボーナムの域にあって、本人も親父の大ファンだからフレーズもパクりまくっててついついイヤリとしちゃうドラミングもアチコチで聴ける。そこへボナマッサもトーンやフレーズなんかをモロにZeppelin風にして入ってくるもんだからもうね、ニタニタもんです。歌も曲もグレン・ヒューズだから質は高品位でキープ出来ているでしょ、この年でこんだけ歌えてしかも覇気があるってのはやっぱり若いメンツに囲まれてるからかね、年齢を感じさせない歌。

 今作はそんな感触だけど、アコギとリール楽器によるバラードというか静かめな曲もあったりして正にZeppelinの世界に近づいているのか?単なるリスナーの愚痴ではあるけど、Zeppelinみたいな音って表面は出来るし、ここまでやってりゃそりゃ凄いんだけど、アコースティックやワールドミュージック的な部分を吸収して取り入れてロック的に発展させるみたいな創造性のあるアプローチがあっても良いんじゃないかな、とも思う。ま、別の方向でのチャレンジやアプローチがあるからまた大いに発展していく可能性はたっぷり残されているのも頼もしい。多分今作は彼らのアルバムとしては最高傑作だと思う。アルバムタイトルからしても最高傑作じゃないとマズイだろうし(笑)。んで、長尺な曲がいくつかあって、それはもうね、かなり圧巻というか圧倒的な曲に仕上がっててロックってこういうモンだよな、ってのを納得しちゃうくらいの迫力。グレン・ヒューズの気合と根性で出来上がっているのかね、この迫力は。凄いモノがある。今の時代にこういうのがどういう風に受け取られるのか分かんないけど、王道ロック好きな人はまず聴いて欲しい。「The Cove」とか凄いよ。最後の最後までニヤリとさせてくれます…Zeppelin好きなら分かるか?

 そんな感じで全曲聴きどころあるし、グレン・ヒューズが自身の作品としてリリースしたのも頷くアルバム。全編に渡ってのジェイソン・ボーナムのドラムの存在感のデカさが自分的には凄く響いててね、今度はボナマッサにも印象的なギターリフを練ってもらって、それ一発での曲とか作って欲しいくらい。後は民族系との融合を果たした圧巻の楽曲とか…、あぁ、キリがないけど、このバンドにはどうしてもZeppelinの直系の幻想を抱いてしまう。うん、素晴らしい、バンザイ!ってなトコだ。


McAuley Schenker Group - PErfect Timing

McAuley Schenker Group - PErfect Timing (1987)
パーフェクト・タイミング

 季節が変わるタイミング、様々な変化を実感できる時期なので好きな季節でもある。着るものも食べるものも変わり、自分的にも色々変化していかなきゃってのも思うしね、今年は他の要因もあったから環境を割と変えている。勝手に変えられる環境変化じゃなくって自分で意識して変えていってるからその変化を楽しんでるし、新たな時流に乗った環境ってのはここまで変わったんだ、とか随分と進歩しているんだな、なんてのが多くて驚く。このまま年重ねてったら何だこれは?みたいな時代になるんだろうか。なるべく時流に着いていってるつもりなんだけど、全然追いつかないってことが分かった。もっともっと敏感に触れ続けていかないとやっぱり取り残される。

 1987年にリリースされたM.S.Gの「Perfect Timing」。M.S.Gったらマイケル・シェンカー・グループかマジソンスクエアガーデンだろ、ってな話だが、当時からマイケル・シェンカーがインタビューなんかで言ってたのがこれはマッコリー・シェンカー・グループだ、ってな事。コイツ、何言ってるんだ?って思ったんだが、それくらいにフロントボーカルのロビン・マッコリーを重宝してたんだろう、アルバムジャケットだって二人しかいないしさ。元々好きだったんで新作リリースなんて時に気にしてたんだが、MTVで見たシングルはどうにもパッとしない、と言うかあの神懸かったマイケル・シェンカーのギタープレイはなく、どうにもキャッチーで普通にそこらへんにあるハードロックなバンドの音にしか聴こえなくて、中途半端にAORなサウンドに近かったし、陰のない、抜けた明るさを持つような音で引っ掛かりがなかったもんだ。なのでアルバムも全然聴かなくってM/S/Gは終わった感あった。

 ロビン・マッコリーってアイルランド出身なんだ…、マイケルがドイツでしょ、他のメンバーは仕事で参加している感じだから英国、アメリカなどLionheart組もあるけど、そこまでアルバムの音に反映されていないのでは?と思ったら初っ端の曲はロッキー・ニュートンとロビンの作品ですか…、正に多国籍軍なバンドがアメリカ進出のサウンドを皆で狙ったというような作品。おかげで個々人のテクニックや技量は十分ながらも肝心の音楽が面白くないという結果に終わっている気がする。もっともこのヘンでマイケルを知った人も多いだろうからあながち失敗とも言えないのだろう。そんな経緯もあったけどアルバム自身は何回か聞いたことあったくらい。今回また久々に聴いてみたけど、やっぱりこの音作りが一番のネックか。曲もどうにも面白味なく、マイケル・シェンカーのギターも冴えてない、ってかそこまで聴かせるプレイが多くない。でてきた時はさすがのメロディアスギターを聴かせてくれるし、いくつかはインパクトあるリフなんかもあるから思ってるよりも悪くないんだろう。ただ、ここまでキャッチーな歌メロと曲構成が好ましくないんだろう。

 マッコリー・シェンカー・グループを思い出したのはこないだのマイケル・シェンカー・フェストでのライブで歌ってたのを見てからさ、ロビン無茶苦茶歌上手い、ってのを実感して…、周りが如何に下手くそな歌い手で味わい深い歌手だったかってのを思ってしまってさ、それでロビンの歌ってこんだけ歌えたんだったら全盛期も凄かったんだろうな、ってのがあったから。んでアルバム聴くんだけど、そこまで突出した歌には聴こえないんだから不思議。色々とプロデュースミスだったんじゃないか、このユニット、とか思うワケです。まぁ、次作「セイヴ・ユアセルフ」ではその辺払拭してのアルバムに仕上がっていてファンも増えたらしいから初めてのトライでの反省点は大いにあった、ってことか。どうにもうだつの上がらないアルバムという印象。マイケルのプレイも何か鬼気迫ったフレーズが見当たらないんだよね。

Black Earth - 20 Years of Dark Insanity JapanTour 2016

Black Earth - 20 Years of Dark Insanity JapanTour 2016
20イヤーズ・オブ・ダーク・インサニティ・ジャパン・ツアー・2016 [DVD]

 今年はあんまり誰かのライブに出かけたという記憶がない。自分が好きなど真ん中のバンドなんて70年代のばっかりだから今来ても見たくないくらいに爺さんだし、ロックってのはパワーがないとやっぱりエネルギーにならないし、そういうのがなくって懐メロだけってのも情けなくってヤだからあまりないし、かと言って若手のバンドのどれかライブ行くか?ってのもあるのだが…、いや、行きたいけど分かんないとかチケット取れないとかそういうのばかり。サマソニでのThe Strutsみたいなのがあると良いんだけど、あ、そういう意味ではBabymetalくらいしか見てないかも(笑)。

 2016年になってからかな、初期Arch Enemyのメンバーが再結集してArch Enemyの初期三枚からの曲だけでライブやるって聞いたんだよね。その頃既にその初期のメロディと悲壮感漂う歌には慣れてたからそりゃ面白そうだ、まさかああいうのを生で見れるとも思わなかったし、ってことでひっそりとチケット取って、ってか取れたのも不思議なくらいだけど、普通にチケット発売日に「あ、今日だっけ?」って覚えてたから登録したら取れたってだけで、後で聞いたら相当の競争で全然取れなかった人も多かったらしい。お陰様で無事に当日見に行けたんだけど、もう若いんだよ、周りが。伝説になってたんだよな、ヨハンが歌うのがさ。俺らで言えばいつしかZeppelin再結成だぜ、ってなモンかもしれん。若い連中からしたらまさかそんなのが見れるなんて思いもしなかったって話。そうなんだ…ってことで、当日もちろんのことながら超満員オールスタンディングでの2時間強、後ろの方で見てました。それでもライブハウスだからメチャクチャ近かったしフロアは暴れまわってるし、それでいてマイケル・アモットの繊細なギタープレイはじっくり見つつ、やっぱりものすごく丁寧にじっくりと一音一音弾いているという感じで、それでもオーディエンスとの一体感を楽しむとかバンドとのアイコンタクトでのプレイは慣れたモノ、ヨハンはともかくながらクリスとはホント、見事な呼吸ぶりで、多少離れていてもプレイスタイルでの息の合い方が凄い。まさかノスタルジック的なこの編成でここまで現役感のあるライブが見れるとは思わなかったんでそうとう色々な意味で驚いた。

 そのライブの模様がCD+DVD化されて「20 Years of Dark Insanity JapanTour 2016」としてリリース、多分日本限定盤なんじゃないだろうか、日本だと人気あるバンドだからね。ドイツのWackenのトリであの聴衆を前にプレイしているバンドと二名しか変わらないオリジナル・メンバーなのに目の前だよ。こっちの方が確かにアングラ感漂ってるんだけど、バンドらしい。ライブハウスが似合うバンド。今のArch Enemyはあんな音楽性なのにきちんとWackenでも聴衆が納得できるパフォーマンス性や超A級な楽曲を持っているからさ、その違いを実感してるのは現役メンバーの3人だろうな。一方そういう意味では大成できなかったメンツとしては悲しい現実か。そんなに綺麗に分かれるほどのものじゃないだろうけど、こういうの見てるとそっか、違うんだなってのがよく判ってくるから面白い。それもこれも含めて、ヨハンのダサいスタイルが思い切り泣ける素晴らしいライブ、よくぞリリースしてくれた。

Arch Enemy - Will to Power

Arch Enemy - Will to Power (2017)
Will to Power

 格安ケータイへの移行がもう結構なシェアで普通になりつつあるみたいで、自分的にもそうなんだけど、キャリアはうんざりなので、さっさと移行するワケだが、その時になって初めて知ったという自分のナントカポイントとかプリペイドカードへの残額とか、そもそも何がなんだか分からない状態での契約やサービスだったからそこそこのカネを全部捨て去ってしまった。解約するわ、って言った後にアレコレありますが…って話だからさ、別に今更じゃ止めとくわって話でもないからそのまま無駄に解約。汚ねぇよなぁ…しょうがないけどさ。何でキャリアのために消費者が調べて学習しないといかんのだ、ってのもあるしさ。競争社会を残るために複雑怪奇なサービスを作り上げて結果的に消費者を混乱させるというのはどうなんだ?だから格安ケータイへどんどんと流出していくんだろう。サービスも良いしね。ああいうビジネスは天狗になってしまう所あるから、こういう違う世界への競争へ持ち込むってのはとても良いと思う今日この頃。最近は身近な所をいくつかアップデートしているので、また新たな気分で色々と楽しんでいけづだろうよ。

 さて、Arch Enemyだ。このバンドをまともに聴けるようになるのに相当時間かかったし、アルバムを聴き続けるってのも結構な時間がかかった。更に初期ボーカルは割とまだ理解出来たモンだが、アンジェラ時代ってのが一番辛くてさ、ここを乗り切れなかったんだよねぇ。それでも楽曲の複雑かつユニークな構築美とメロディアスなギタープレイとヨーロッパ的なエッセンスと品格…、あれで品があるってのはヘンな話だけど、実際品格を保ったバンドなんだから面白い。その辺りを何度もぶち当たりながら聴いてたワケよ。何でそこまでして聴かなきゃならんのだ、って思うけど、どっか引っ掛かるし何か良いってのもあったし耳に入ってくるギタープレイの美しさがきっと擽るんだろうね。初期の絶望感も凄かったけど。そして2017年、ボーカルがアリッサになってから2枚目の作品として「Will to Power」がリリースされたんでこれもまたちょいと時間掛けながら聴いてた。初っ端から攻撃的且つ美しき旋律のギターメロの炸裂するSE的インストで、既に耳奪われてるという始末。アルバム全体としてはどことなくプレイ自体が初期に戻っていったような作風を感じる。ギターソロのメロディなんかはモロに踏襲している気がするしね。おなじみの楽曲作りという部分はあるけど、それでもそもそも複雑怪奇なメロデスというコンセプトだったからそれがかなり生きている。凄いよなぁ…この完成度の高さ。以前よりも丸くなった音と評されている部分もあるみたいだけど、自分的にはこれくらいが良いや。

 そして一番驚いたのはこれまでのArch Enemyの歴史の中でクリーンボイスでの楽曲があっただろうか?今作の中でアリッサがデス・クリーンの両方を使った悲壮感あふれるバラードが収録されてるんだけどさ、冒頭からクリーンなワケよ。盛り上がる部分はデスだったりするんで「らしさ」がなくなったワケじゃないけど、かなり新鮮に響くよね、これは。Arch Enemyです、って言っても分からないし、アルバムに入ってるから良いけど、単体で流れてたら妙な気分になるかも。かと言ってArch enemyらしさはきっちりとあるから浮いてはいない。こういう試みがあっても良いんだろう。何だかんだともう20年以上のベテランバンドだし、いつまでも色々と引き摺ってられないだろうし。結果的に聴いてみれば今回の「Will to Power」も相当にArch Enemyらしい作品に仕上がっているベテランバンドのアルバムだ。そこらのメタルバンドだと自分もほとんど聴かないんだが、これは何故か普通に聴いていられるという不思議。作品の出来映えが良いのかバンドに不思議な魅力があるのか…、かっこいいわ。




Steve Vai - Modern Primitive

Steve Vai - Modern Primitive (2017)
Modern Primitive

 基本的にギタリストのアルバムってのはチャレンジ的なのが多いから自分的にはそんなに面白みのあるアルバムだなぁって思うものは多くはない。バンドでやってる音が好きなんでギタリストだけのアルバムだとどうしてもちょいと方向が変わるしね。だからそれだけで食ってる人達って凄いなぁって思う。インギーにしてもヴァイにしてもさ、ギタリストの名前でアルバム作ってバンド組んでアルバム作ってるけど、もちろんバンド形態ではあったりするものの、あまりにもバンドになっちゃうとギタリスト名義の意味も無くなるし、その辺のやり方ってもちろん出来てるんだろうけど、ギター弾くと言う側面だけじゃないもんな。

 スティーブ・ヴァイの新作「Modern Primitive」、2016年リリース。日本盤だと「モダン・プリミティヴ/パッション・アンド・ウォーフェア25周年記念盤」ってカップリングもあるみたいだが、どうにもその当時から書き溜めていた、ってか残ってた楽曲郡をまとめてのリリースというお話。まぁ、どこがどうで、そういうもんか、みたいなのはよく分からん。ただ、相変わらずいつものように変幻自在にギターが歌っているアルバムと、さほど面白味を感じることのないインストばかりでどうにも自分的にはなじまない人、もっと真摯にギターをプレイしている人には響く作品な気がする。だってどうやってこういう音弾いてるの?とか出してるの?って全然想像できないレベルの音色が多数あるし、プレイだって伸びやかなサウンドから速弾き、シャカシャカなバッキングとかメロディアスなプレイなどなどホントになんでも出てくるからカラフルです。ひとつの曲でも10人くらいが歌っているかのように10通りくらいのギターの音色とプレイが鳴ってくるのもある。一体何なんだこれ?ってくらいには理解不能な作品。この領域まで来てしまうと、ホント、どこ目指してギター弾いていくんだろ?バンドとか恋しくなるのか、それともバンドなんぞやってるよりも思う存分音楽世界を構築する方が楽しいのか…、Zappaの世界に近いとも言えるのかな、さすがはヴァイ。

 ってもね、聴いてると結構BGM的にも馴染みやすいサウンドではある。歌入りもあるしさ。あまりにもテクニカルすぎるBGMだけど、決して暗くない、明るいムードの楽曲が多いから結構当てはまるんじゃないかな。耳の肥えてる人とかが聴いたら気になってしょうがないけど、普通には妙な雰囲気で面白いかも。そういう音楽じゃないけどね。それにしてもベースもドラムも凄いし、どうやったらこういう音楽を作っていけるのか…。ある種ジェフ・ベックと同じ世界に到達している感もあるな。






Crossroad

Crossroad (1986)
クロスロード [SPE BEST] [DVD]

 そういえば昔々に話題になった「 Crossroad 」って映画があって、スティーブ・ヴァイのギタープレイは映画の中でも思い切り派手にクローズアップされてたんで素人が映画を見ても何かスゲェな〜っての分かるんだろうけど、主役の方はテレキャスで地味なブルースプレイをしていたというものだった。んでもって、そのヴァイの方は本人がプレイしているんで映画でもそのままアフレコしてるんだけど、ブルースプレイの方は実はライ・クーダーがプレイしていたというお話。当時はそんなの知らなかったんだけど、すぐ話題になったのかな、へぇ〜、ってな感じだったね。どっちかっつうと注目はスティーブ・ヴァイの方だった人も多かったが、ま、そりゃそうか、とは思うがやっぱりブルースプレイ奥深さってのが出ててユニークな映画だったものだ。残念なのは最後の最後でスティーブ・ヴァイのド派手なパフォーマンスプレイに対抗するのに、最後の手段として出されたのがブルースじゃなくて、クラシックのパガニーニをギターでプレイした速弾きというもので、ブルース映画っていいながら最後はクラシックかよ…、なんてお話。

 話自体は今見れば大したこともなく、かなりダサい感があるのはどんな映画でも今から30年前ともなればそんなモンだ。それよりも影に隠れていながらしっかりと映画全編を通してブルースフレイバーを振りまいていたのがライ・クーダーのプレイで、役者の演技もともかくながら、味わい深いブルースギターを聴かせてくれている。改めて聴いていると、乾いた感触のギターで、正にデルタブルースと言わんばかりのプレイが聴ける。な〜るほどなぁ…、と。当時もそうだったけど、やっぱりブルースと言えばロバート・ジョンソン、そのロバジョンが悪魔に魂を売ったと言われているのが十字路=クロスロードだったという神話からこの映画が作られているのは明白で、ただ時代が時代だからフォークギターでのプレイじゃなくって如何にも悪魔とエレキ的なのが面白い試みではある。スティーブ・ヴァイの悪魔的なイメージの演技も見事なモノだし、対する主役も大人しい顔してコイツ、的に悪魔に魂売らないままここまで来ましたという感じが出てるか。

 ロックやブルースを題材にした映画って色々あるけど、昔ならそれなりに感動したりそういうもんかぁ、って思ったりしたけどさすがに今の時代で、今のキャリアではそうそう感動はしないなぁ…、時代のせいなのか自分の歳のせいなのか、そもそもチープなものばかりなのか分からないが、単純にロックスターが映画に関わるというのも才能がないと出来ない部分もあるし、ましてや映画音楽を担うなんてのは結構な重責なんだろうし。才能ある人はチャレンジしたがるんだろうね。ロックスターってよりも音楽家、の道ですな。


«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ+

2017年 10月 【21件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon