Pendragon - The World

Pendragon - The World (1993)
World

 案外自分がポンプロック平気なことに気づいてしまったんで、次から次へと聴いてみている。バンド名は今までも何度も通ってるんでそれなりに知ってたし、代表的なアルバムもそれなりに知ってるし、ならば、と思ってね。この辺ってアルバムジャケットがやっぱりしっかりとセンス良く秀逸なアートで作られてるから覚えやすくて良い。やっぱりねジャケットって重要な要素だから適当なのはダメです。きちんと主張するようなアートワークじゃないと聴く気が沸かないもん。バンドが作品んに気合い入れてるかってのもジャケットで測れるのはあるかもね。70年代は逆に音の弱さをジャケットでカバーしようとしていたのも多かったみたいだけど、その分迷盤が数多く溢れ出てきたというのも今じゃ楽しめるお話。

 Pendragonの1993年リリース三枚目の作品「World」。これもアルバムジャケットが知られている作品のひとつで、ファンからは名盤扱いされている作品だ。冒頭からかなり完成度の高い音が飛び出してきて、単なるジェネシスフォロワー的な要素は随分と排除されてて、ってかどこにもそんな面影ないだろってくらいにはいっぱしのバンドになってて、どっちかっつうと時代の波もあったんだろうけど、U2的な陰鬱さを持ち込んだ感覚もあるからプログレとU2の出会いというのかな、このあとColdplayやらMuseやらが出てくる手前のニュアンスが強いか。この適度な鬱さはピンク・フロイド信者にも響くだろうし、ネオプログレ好き連中にももちろん響く…って、こっちが先なんだが。そういう世界を先んじて作り上げていて、音楽的にもかなりハイレベルなトコロを行ってる感じです。なんだ、こんなにしっかりと楽しめる音だったんじゃないかと今更ながらに知るのもどうかとは思うが、出会わなかったのに比べれば随分と楽しめるのは幸せだ。

 ポンプロックと呼ばれる中では一番重厚な音が聴けるバンドとも言えるだろう。アコースティックも綺麗にひびいいているし、一方でのロック加減もしっかりしている。ここ重要でね、単なる音楽演奏だと面白くないんです。とんがったトコロが見え隠れしてくれないと面白くなんだよ。そのヘンが結構出ているから頼もしい。やっぱりこのあたりは人気があったってのも納得するレベルの作品が多いなぁ。ファンタジック感よりも叙情感なのかな、こっちのが好きだ。




IQ - Tales From the Lush Attic

IQ - Tales From the Lush Attic (1983)
Tales From the Lush Attic

 80年代初頭にシーンに登場したポンプロックの流れ、同時期にはNWOBHMもあったしLAメタルのシーンもあったから何かと音楽がバブリーにあふれていた時代だったのかもしれない。今そういう複数のムーブメントが同時に走るようなことってあんまり無い気がするし、そもそも何がムーブメントなんだ?ってのもあるくらいだからさ。当時まるで興味を持たなかったのはやっぱり模倣の源がジェネシスとかイエスだったからだろうな。元々苦手な系統のバンドの模倣なんてキャッチコピーからして手を出さないワケです。だから聞きかじり程度、それも偏見を持ったままで聞いてるからまともに聴けるハズもない。ただ、あとからロックシーンを追いかけてみれば割と重要な働きをしていたのは判ったし、その後もシーンで名前が出て来ることも多いんだからそりゃそうか、と意識はするようにはなる。

 1983年リリースのIQの「Tales From the Lush Attic」。これも昔よく見かけたジャケットで気にはなりつつも、ジェネシスの〜みたいなキャッチコピーがダメで、そういう音なのかぁ…、じゃ、いいや、って。改めて今回またじっくりと聞いてみました。そんなにジェネシスって感じでもない気がするが、それは自分だけか?いや、世界観や作り方はそうだけど、やっぱり80年代の新鮮さが入ってたりキャッチーさもあるが、ロック的エッセンスもあるからかな。聴きやすいのもあって、やっぱり案外自分的にはポンプロックの方が平気なんだってことが判った。これは収穫です。もしかしたらそこからジェネシスへ回帰できるかもしれないし…って最初から頑張れって?ねぇ。

 かなりテンション高いアルバムで、ホントにこういうの好きなんだなぁと言うかよく出来てる。なりきり感も見事だし、音の重厚さやギターの音色もそうだよなぁって感じで此処ぞって時にちゃんと鳴ってくるんだからよく聴いてる。ファンタジックな世界感はマリリオンほどでもないけど、その分地上にとどまる妖精感は強いか、土着的な印象すら受ける重みを持った感じ。曲調的にはプログレって感じのはほとんどないのに雰囲気だけはプログレっていうか…、音がそうなんだろう。一般的に名盤と言われているからこそ楽しめたのかバンドの方向性として楽しめたのかはまだ分からないが、ひとつのポリシーを貫いているバンド感は通じているのでまた味わおう…。


Marillion - Script Fot a Jester's Tear

Marillion - Script Fot a Jester's Tear (1983)
Script Fot a Jester's Tear (Bonus CD)

 70年代のバンドが80年代には既に模倣されていると言うのは当然と言えば当然ではあるが、商業的にはまだオリジネイターが残っているのにコピーバンドがいてもしょうがないだろ、ってな話になったんじゃないだろうか。それでも少しでも売れれば良いというのはあるのだろうが…。本人たちからすれば身近で好きなバンドの模倣なのだからどちらかと言えばその間多分5年程度でシーンに出てくるのも当然、逆に20年も経過してからってのは少ない方だろう。その場合の模倣からオリジナリティの確立ってのがなかなか難しく、最初はもてはやされるけど、そこからどうバンドを進めていくかというのはなかなか悩ましいトコロだろう。上手く駒を進めていったバンドも多いが、行き詰まってしまったバンドもまた多い。

 Marillionの1983年リリースのファーストアルバム「Script Fot a Jester's Tear」。昔ちょこっと耳にした程度で今回ほとんど初めてまともに聴いたに等しいんだが、驚くほどの完成度の高さと実に英国的でファンタジック、且つドラマティックな世界に感動した。ジェネシスフォロワーとの異名が高くてまるで聴く気にならなかったんだけど、こうして耳にしてみれば自分的には圧倒的にジェネシスよりも聞きやすくて生理的にも受け付けられる範疇のバンドという感じがする。何がそんなに違うのかは分からない。確かにジェネシスと同じ世界感を作り上げているし、曲にしても歌にしても楽器の使い方にしてもジェネシスそのままなんだから好みが分かれることもないのだろうとは思うけど、現代的だから?80年代の音だから?Marillionの方が全然良いわ。そういう意見も珍しいとは思うが、聞いててそう思うんだからしょうがない。ジェネシスに媚び売ってもしょうがないしさ。

 いやはや、ちょいと自分でもね、こりゃ聴けるし聴きやすいしこの世界観なら押し付けられ感もないし、作品的にもたっぷりと練られてるし充実しているし単独で世界が出来上がってるし、面白いなと感じた。ハードロック的なエッセンスがちょいとあるからかな。フィッシュ脱退後のマリリオンって聞いてないからわからないけど、フィッシュ時代からまた聞いていこうかな…って思うくらいには楽しめた。多分今だから聴けるんだと思う。




It Bites - Eat Me In St. Louis

It Bites - Eat Me In St. Louis (1989)
イート・ミー・イン・セントルイス+5(紙ジャケット仕様)

 ロックにしても何にしても今や誰でもちょこっと時間を書けて調べていけば昔ではまるで手に入らなかったであろう情報まで含めて簡単に手に入る。それを整理していけば相当の博学になることだろう。ただし誰でもそれが出来てしまうということもあって、博学=尊敬にはならないトコロは昔と違う点だろう。そこまでするか?って話はあるけど、理論的にはそうなってしまうので、そこでカネ稼ぎって図式にはならない。同じような感じで仕事そのものが廃れていってしまうというものも多くなってるし、実際消えていっている。そんな時代に出来ること、それを逆手に取って、例えば情報過多なので整理された情報を好みに合わせて配信します、とかそういう隙間的なのが受けるのかもしれない。面倒だが(笑)。面倒じゃなきゃ仕事にならないんだからそういうもんだ。

 It Bitesの1989年作三枚目のアルバム「Eat Me In St. Louis」。これが一番ブレイクした作品なんじゃないか?割とシーンで見かけた作品で、ジャケットアートがロジャー・ディーンだったのもあって当時はそんなこと知らない自分でもこのジャケットは目立ってたと思うもん。今にして思うとこのジャケット、ロジャー・ディーンなのに実写真と組み合わせて作られてるってのが珍しい。勝手な推察で言えば多分ロジャー・ディーンはいつもの如く完全にアートとして作ったんだろうけど、レコード会社の意向=アイドル的なバンドとして売りたい、とのことからメンバーをジャケットに入れ込んだんじゃないだろうかと。実際がどうだったとかまるで知りません、はい。それと言うのも、当時も確か聴いたんだけど全然響かなかったんだよね。今でも好みな音ではないし、作風的にも音的にも苦手に近い部類。歌声もギターも曲調も。それでもこの頃からこういうのが好きで今でも好きで、ファンも増えてるんだから自分の感性とは異なる世界があるのだろう。

 どこがプログレバンドとして聴かれるのか、もよく分からないし、そりゃAsiaとかこの頃のYesやジェネシスってこういう音だったからプログレって言われるのか?ってのもある。こんだけ歌が入っててプログレも何もないだろう。演奏やアレンジで言うなら歌謡曲だって十分にプログレだし、似たようなモンじゃないか?とは思う。よくよく聴いてるとベースやらギターやらアレンジやら鍵盤やら凄くポップスとは異なる世界にあるのは分かるし、基本がそっち系ってのも十分分かる音。逆に言えばそれでもこんだけポップな歌が載せられているってことの方が凄いのかも。





Jimmy Page & Robert Plant - Gallows Pole

Jimmy Page & Robert Plant - Gallows Pole (1994)
Gallows Pole

 思えば20年以上も前になるのだが、この時期にロバート・プラントとジミー・ペイジが来日公演で来てたなぁ…と。もうそんなに前なのか、と改めて驚くのもあるが、自分自身もその東京公演は全部行ってるんだから大したモンだと呆れる。そんだけ期待感もあったり面白くもあったし、やっぱり伝説を前に出来るってのもあった。今思えばそれほどジジイでもなかったし。今でも来日公演するようなのだともうさすがにって思うけど、まだまだ熱くプレイしてやってる頃だったしさ、精力的にツアーしてたもんな。そんな事をふと思い出して、Page & Plantか…と久々に引っ張り出して聴いてたんだが、もちろんとうの昔にアルバムは登場しちゃってるので、無理やりシングルを出してみました(笑)。

 「Gallows Pole」は1994年リリースにはなるんだろうけど、確か6面開きのジャケットでCDが二枚入るようになっていつつも最初は1枚しか入ってなくて、別のシングルを買ってここに入れろ、みたいなので結構豪勢な作りになっていたCDだった。アルバムに入ってるんだからどんだけ価値があるんだ?ってのもあったが、今思えばそうやって稼ぐ手法だったんだろう。それで素晴らしき音楽を届けてくれるんだから良いじゃないか。んで、この時に買ってきてシゲシゲと見ていて、フムフムとか色々あるけど、確か「Photo by Scarlet Page」って書かれててね、もちろんジミー・ペイジの娘さんなんだけど、へぇ〜、って思った記憶があった。ちょこっと調べてみればジミー・ペイジの友人でもあり著名なカメラマンでもあるロス・ハルフィンが娘さんの師事でもあるようで、そりゃそうか、とも思う当たり前の話だけど、そんなサブストーリーがあったんです。マラケッシュまで一緒に行ったんだろうけど、仲の良い親子なんだなぁ、と見るべきか他の理由もあったのか、とかね。結構この辺あってさ、ペープラバンドのベースさんはプラントの娘の旦那だから、とか。ま、いいや。ホントにつくづく役に立たない知識ばかりが出て来るばかりだ…。

 もちろんながらZeppelinの曲の焼き直しは見事だなぁってのと、本来注目すべきはマラケッシュでの民族色の強い楽曲郡なんだろう。ただ、プラントのソロキャリアの集大成にジミー・ペイジを巻き込んだというような印象も否めないところで、当時はやたらと狂喜乱舞だったが、冷静に歴史を見直してみればそっちの方も強かったのかなと。ただ、それにしてはプラントが圧倒的にここでハジけ切っててソロキャリアの集大成以上に本領発揮してしまっているトコロがジミー・ペイジとの相性の良さだろうか。今更だけど凄い組み合わせだ。そんなことを実感して久々に聴いて見て味わった感触。やっぱり世界最高峰のメンツです。



Robert Plant - Fate of Nations

Robert Plant - Fate of Nations (1993)
Fate of Nations

 iPhoneやらiMacやらPC中心の時代になってからカレンダーというのが見にくくなった。…と言うのも休日に赤印が付いているっていう当たり前だったヴィジュアルがほとんど見当たらなくなったからだろうと。デジタル時代で何故にそれが出来ないのか、そもそもがアメリカ文化からの流用だからだろうか、休日が赤くないのだ。なので3連休だからってのもビジュアル的に分からなくて今回もすっかりと失念していた次第。なんだ、3連休だったのか、っていうのは始まった時に知ったくらいで、何とかならんのかね、毎日iPhoneやiMacでのカレンダーって見るんだけど、視覚的に見えてないと意識しないものでね。そんなワケで何するか?って考えるものの日々の疲れを癒やすのが最優先かつ聴きまくるか、ってのも気負ってる。問題は何を聴くか、だ。

 1993年リリースの御大Robert Plantソロアルバム6枚目「Fate of Nations」。あんまりプラントのソロ活動ってのは追いかけてなかったからこの頃どういう思想だったのかとかよく知らないんだが、一通りソロ活動に邁進して集大成と言うか、ある程度やり切れたってのがあったアルバムだったようだし、だからこそこのあとのPage & Plantへも進めたのだろうから、かなり満足の行く出来栄えだったと思う。それで聴いているんだけど、そもそもがこのアルバムの「Come Into My Life」にリチャード・トンプソンが参加しているってのがあったからチョイスしててですね、それがまたバックコーラスにはモイア・ブレナンっつうClannadの女性ボーカルがいるワケで、なかなかアイリッシュ風味のある曲なんです。それがまたリチャード・トンプソンが冒頭から一発で分るギターを聴かせてくれてて、モイア・ブレナンの方はちょいと影に隠れた、というか風のようなコーラスで目立たないのが少々残念。しかしリチャード・トンプソンの個性はホント素晴らしい。このアルバムのギタリストって著名な方々も入ってて結構充実しているんだけど、当然ながらそれらをも超えた存在感がさすが。

 アルバム全体としてもかなり充実した作風になっているのは確か。でも、どういう方向性がロバート・プラントの音楽性なんだろ?ってのはイマイチよく分からない。もしこのままだとしたら随分と自分の好み方向性とは異なってるなぁと思う。何がダメって、このギターの音色の大部分が苦手。ほとんどの曲でのギターの音色がどこか白々しい音でギターらしいサウンドしてないんだもん。ポップスではよく聴かれる音作りなので、それもあるかもしれないが、苦手だな。だから作品的にはマズマズだという印象はあるものの自分的にはダメなアルバム。でも、結構シングルカットされたのとか良質な曲ってのも入ってて売れたんじゃないかな。


«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

過去ログ+

2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【21件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

VOX ヴォックス ヘッドホン アンプ・シミュレーター内蔵  amPhones AC30タイプ
VOX ヴォックス ヘッドホン アンプ・シミュレーター内蔵 amPhones AC30タイプ

SAILORS' TALES (1970-1972) [21CD+4BLU-RAY+2DVD BOXSET]
クリムゾン Box!!

ザ・ロスト・BBCセッションズ 1967
ベック 1967 BBC!

アンソロジー Vol.1
クリーム!

アンソロジー Vol.2
クリーム2

メイキング・オブ・アー・ユー・エクスペリエンスド 1966-1967
メイキング・オブ・アー・ユー・エクスペリエンスド 1966-1967

ブリティッシュロック巡礼
ブリティッシュロック巡礼

フリー・ザ・コンプリート 伝説のブリティッシュ・ブルース・ロックバンド、栄光と苦悩
日本語訳版出てたんだ!

神記録 ~ア・ディケイド・オブ・ザ・マッド・アクスマン
神 最近のベスト!

ファイアーパワー(完全生産限定デラックス盤)
ジューダス新作!

マイケル・シェンカー・フェスト『レザレクション』【500セット数量限定CD+ボーナスDVD+Tシャツ(L)[日本語解説書封入/歌詞対訳付/日本語字幕付]】

スティル・オン・ザ・ラン ~ ジェフ・ベック・ストーリー “テレギブ

LIVE! [2CD]
2CD未発表曲多数!

ワイト島のドアーズ 1970 [DVD]
ワイト島のドアーズ


Click!!