Gentle Giant - In'terview

Gentle Giant - In'terview (1976)
In'terview: CD/DVD Edition

 ポップなものの感じ方は色々ありそうだ。一言ポップと言っても本当に万人受けするものもあれば凝りまくった挙句のポップもあったり、ロックなつもりだけどポップだったりするとか色々あって、多分音楽的に分析するとコード進行だったり使われるコードそのものや展開、黄金パターンなどとそれはそれでプロの繋ぎ方があって、だから故にポップにキャッチーに聞こえる風ってのもあるワケで、そういうのを全て駆使して知ってて使って壊してるとか作る側の楽しみ方はいくつもあるようだ。一般リスナーはそれを意識すること無く、聴いてみて良いか悪いか好きかキライかだけしかないんだが…。

 Gentle Giantの1976年作の「In'terview」。1976年にして既にポップ路線をバンドとして打ち出していたというのは早い段階での70年代からの離脱となるんだけど、1981年にバンドが解散してしまうので早い展開だな、このバンドも。過去からずっと難解で正に英国然としたバンド、プログレってもそういうプログレじゃなくて超絶テクニカルな技量に加えての奇妙な音楽センスが絡まったプログレッシブな人達のサウンドで、最初期からヒネたポップ感はあったものの、ここに来て更に一層磨きがかかったヘンなポップ感がでてきている作品。ジェネシスの末期と近い感覚論での進み方なのかな、パッと聴いただけだと、何だこのジェネシスみたいなのは?ってな具合になるが、じっと聴いてると当然それ以上にヘンで、ヘンなのは変拍子が普通に出てきて流れていくから。キャッチーなんだけど凝り具合がハンパないというバックの演奏陣営ってなところだ。

 面白いのはこういうヘンなのは聴き込みたくなるんだけどジェネシスのポップ化したのは聴きたくならないという違い(笑)。ジェントル・ジャイアントのは何か理解していかないとこのバンドの面白さがわからなくて勿体無いんじゃないか、っていう強迫観念でもある。ある種ザッパと同じようなおちょくり感というかユーモア感覚で音楽やってる部分もあって、この「In'terview」ってアルバムなんてのは正にそのままで、インタビュワーへの返答みたいな歌詞だったりするようだし、英国人が本気でそういうのやったらかなりブラックに進むだろうしさ。路線は違うけどそんなこともあるバンド。昔の音は冷たくて聞き辛かったけど、このあたりになると冷たさはなくて、完璧に近づいていて近寄りがたい、とでも言う感じか。いずれにしても一筋縄ではいかないバンドの音、じっくりと聴いていくべきサウンド、ですね。





EL&P - Love Beach

EL&P - Love Beach (1978)
LOVE BEACH

 70年代ロックってのはものすごいスピードで進化し続けていったこともあってか、バンド側の疲弊や環境の変化なども含めて今よりも早い変革を求められていたのかもしれない。だからバンド側もどんどんと突き詰めていく姿勢をエネルギッシュに打ち出し、アルバムをリリースしてライブをこなし、人生を使い果たしながら生きていったという見方もできる。それが故にどんどんと音楽性も変化させていかないと、という面もあったり実験したくてグチャグチャになっていってしまった、みたいなのもある。そういうのが80年代になるとガラリと変わっていくのは音楽ビジネスがきちんと整備されてきたからだろうか。

 1978年リリースのプログレ界一番の世紀の駄作と称されることの多いEL&Pの「Love Beach」。どのバンドよりも早く80年代へ向けての脱皮脱却70年代からの離脱を試みたアルバムという意味では流石プログレッシブな指向性とも言えるのだが、出てきた音がコレではさすがに時代はついてこれなかっただろうと。EL&Pってどんなバンドだっけ?ってなことを思い出させることがないくらいにキャッチーでポップ側に振ってしまったアルバムはジャケットからして不評の一途を辿る事となった。そりゃそうだろ、何だこれ?ロックとは無縁な世界な風景にファッションに笑顔、3人が3人ともそういう方向性に疑問を抱かずに走ったという所が不思議。ただ、この後の商業ロック路線が市場に溢れていくことを思えば、人よりも早くそっちに進んだってトコか。

 さて、音楽作品として聴いてみればどうかとなるが、そりゃもちろん悪くないです。普通にチャートに登ってラジオとかでバンド名など知らずに聴いたり、普通のリスナーが聴いてみればこの時代だったら面白い、とかカッコ良いって思えるのもあるし、ロックファンだとしてもバンド名知らなかったら、まぁ、ありかもな、くらいには思えると思う。ただEL&Pがコレやるってのは何でだ?ってのが大きいんだろうなぁ、と聴いてて思う。ここからEL&Pに入った人はプログレ時代はダメだろうし、単なるポップ作品の一枚になるのかな。そういう人もあまりいない気もするが…。







Genesis - Duke

Genesis - Duke (1980)
Duke

 70年代のロックが終わりを告げる鐘を鳴らす作品ってのがそれぞれのバンドにあったりする。それは70年代からの生き残りを賭けていたバンドなら皆そういうのがあったんだろうと。実際そういう作品って不当に評価が低かったり問題作と言われたり無視されたりと色々と不遇な扱いを受けているケースが多いのかも。転機に制作された名盤と言われるのもあるのかな。自分的にはほとんど聴いてこなかったアルバム郡になるので、後々になって聴いて、面白さを感じるものもあれば、やっぱりダメだこりゃ、ってのもあるので、難しい時期の作品なんだろうというのは分かる。単なるリスナー的にはそれが好むかどうか、刺激があるか否か、だけだからさ。

 Genesisが1980年にリリースした作品「Duke」。プログレ時代の終焉を遂げた作品と言われているようだ。んで、これさ、昔も聴いたことあって、と言うかこの頃のジェネシスの作品ってポップバンドのそれだから全然興味も沸かないし、そもそもジェネシスに興味があんまり無いってのも大きいんだが、ちょこっとこのヘン聴いてうんざりしたという経緯がある。ただ、冒頭に書いたように変化を求められた時代での敏感なバンドのスタンス、音楽の変更って意味では大成功したジェネシスの凄さは万人が認めるものだろうし、フィル・コリンズのキャリアのサクセスストーリーなんて見事なものだもん。そういう大人な目線を持った今、また「Duke」を聴いてみたりしてね、思うのは、やっぱりキライだってことだった(笑)。いや、キライってんじゃなくて、どうあれ、音楽としてのこういう音は自分は受け付けない、ってことです。フィル・コリンズのこの歌い方もどうにも合わないし、ドラムマシーンだからか、ってのもあるが、そもそもアルバムのトーンがロックじゃないし、苦手な部類にしか入らない。

 ただ、ウケと言う面では素晴らしいと思う。これまでのジェネシスリスナーはほぼ離れたとは思うけど、新たに獲得したリスナーの数の多さは半端じゃないでしょ。それは耳に触れやすい音楽と聴きやすい音楽、キャッチーなリフレインとメロディなんだよ、と。そんなのも含めて大成功を導き出した作品。



Yes - Drama

Yes - Drama (1980)
ドラマ

 昔はカッコ良いロックバンドってのが好きで、それが故にギターも弾くようになったし、アレコレと聴くようにもなっていった。だからロックってのはカッコ良いモンなんだ、それ以外はポップスだ、くらいに思ってたけど、歳を重ねて色々と聴いたり見たりするようになるとそういう幻想だけでは出来上がっていない世の中にも気づくし、実際ロックなんてのは幻想でしかないってのもわかってくるし、だからと言って音楽という枠で聴くか、って事でもなく、日々を過ごすことになるのだ(笑)。まぁ、単に音楽のひとつなんだからさ、ルックスのお話はあくまでも商業主義的見地からのお話、ロックのカッコ良さってのはポリシーなのだろう。それがどんだけ出ているか、とかね。

 1980年にリリースされたイエスの「Drama」というアルバム。昔から批判の嵐しかなかったアルバムで、その理由がイエスの声でもあったジョン・アンダーソンが歌っていないから、ついでにリック・ウェイクマンもいないからそもそもイエスなのか、これは?ってな事から始まっていたようだ。残ったメンツはクリス・スクワイアにスティーブ・ハウ、アラン・ホワイト。まぁ、クリス・スクワイアがいるし、スティーブ・ハウのギターだってイエスらしいワケだからそりゃ成り立つだろ、と。ただ、ボーカルと鍵盤にはバグルスから参加させたトレバー・ホーンとジェフ・ダウンズ。その時点で聴く価値なし、的なところも言われていたのだが…。

 実際聴いてみると、どんだけイエスなんだこいつら?ってくらいにイエスそのものの音を80年代風味に出してきてた。世の中の評価とかアテにしちゃいかんよな。基準が違う場合が多いんだからさ。もっとも時代を経た後だからそういう冷静な評価をされているのかもしれないし、自分もそうなのかもしれないけど、コレ、案外良かった。案外どころかかなり良かった。昔のイエスよりもキャッチーで聴きやすいし、かと言ってプログレ的じゃないってんでもないし、エイジアの手前の音とも言えるのか、絶妙なバランスでの作品だね。ロックバンドイエスとしての最後のあがきだった作品かも。

 ただ、自分的に好きかどうかってのはいつも通りながら別のお話で、決して好みにはならないのがイエスの音だ(笑)。こういうの好きじゃないんだよねぇ…、面白い事にさ。ただ、もうイエスってこういうモンってのを散々聞いてるから聴かないワケじゃないし聞けないワケでもない、しっかり結構聴いている、けど好きではないという矛盾(笑)。



King Crimson - Discipline

King Crimson - Discipline (1981)
Discipline: 30th Anniversary Edition

 食わず嫌い、なバンドやアルバムってのが昔から多いと自分で認識してる。だって、ロックなんて見た目でカッコ良い!って思えるかどうかってのもひとつのロックらしさだから、見てくれがかっこ悪かったらありゃダメだ、ってなって聴かないってのもあるしさ。逆に好きでも見てくれがあんなんなの?ってのが分かると萎えたりする。マウンテンなんてのはそうだ。レスリー・ウェストのあの巨体を見たことなかった時は良かったけど、見たらありゃロックじゃねぇ、って感じ(笑)。仲間と飲んでて言われるのは「自分はポールが好きじゃない」ってぇと「何で?」ってなる。「うん、顔がキライ」って言うと「じゃ、しょうがない」って納得される。うん、ロックだろ?(笑)

 King Crimsonの1981年の再結成後初作品「Discipline」。クリムゾン聴き始めてからン十年以上経つけどこれ、最初からダメでさ、この頃の3部作なんてのは全部聴いてない、多分。聴いたかもしれないけどダメだった。何度か挑戦しようとした記憶もあるけど、歌とギターのトーンとクリムゾンらしからぬって所でダメだったんだよね。90年代に復活したクリムゾンは好きなんだけどさ、80年代のは全然ダメ、だから無かったことにしてた。今回ザッパの所でエイドリアン・ブリューが出てきて、そうかこの人もいたな、と思い出したので、ザッパの次の仕事として参加していたのがクリムゾンだったのか、と。んで、ブリューって、ザッパの所だと、歌手じゃなくて芸人なワケで、それもギター変態も含めての芸人で、それがクリムゾンで生かされるってのはクリムゾンに笑いの要素を持ち込んだって事なんだよな、と。それをフリップ卿が願ったかどうかわからないけど、ギターの芸人の方は明らかに絶妙なアンサンブルを形成しているから面白かったのだろう。その分芸風発揮の方はリスナーには好まれなかった、ある意味パンクだったワケだ。見事にその姿勢にうんざりした方でしたが…。

 んでね、ああいうのもありとして聴くならどうなのかと思って久々に手を出してみた次第。「Discipline」。冒頭、やっぱうんざりする。しかしこれを耐えると次は耳を引く音色とフレーズが満載で、おぉ〜、さすがじゃないですか、とちょっと取り戻す。んで、その次、「待ってください」じゃねぇと。待てねぇよ、これ、さっさと消えろ、くらいにしか思えなくてじっと耐える。そこまで耐えると次は往年のややゴツゴツしたハードなクリムゾンが出て来るので徐々にテンション挙がってくるのだが、歌が…、要らねぇ…、要らねぇよ…、ってな感じか。それでもギターやスティックを含めた鉄壁のリズムに囲まれたサウンドはこの頃では新しい音楽だったし、聴いたこともない世界だったことだろう。なるほど、一部のリスナーから名盤だと言われるのもわからんでもない。自分が好きかどうかってのは別だけど、でも、ちょっとそうなんだ、って思ったのはある。そりゃそうだよな、あんだけのミュージシャン達が集まって作っててつまらないもん目指すってことはないんだろうし、ポップスに魂売ってたワケでもないし、じっくり聞けば楽しめるトコはあるだろう。う〜ん、深いなぁ、クリムゾンは。





Frank Zappa - Sheik Yerbout

Frank Zappa - Sheik Yerbout (1979)
シーク・ヤブーティ(紙ジャケット仕様)

 いつもいつも感じるのだがどうして70年代のロック連中のアルバムはこんなに刺激的で面白いのだろう?初めて聞くワケでもないし久々に聴いただけでもそう感じるのはなぜ?懐かしと言うレベルでのカッコ良さではないし、単純にその場で聴いてカッコ良い、って思う度合いの問題だから知ってる知らないってのでもない。ハートとマインドも問題か?一体何?なんて事を思ってしまうくらいに古き良きロックってのはエネルギーもパワーも勢いも全てが感覚が違う。凄い、カッコ良い、ってのを本能的に感じられるモノ、すなわちロック、なのだな。

 Frank Zappaの1979年の多分一般的市場見地からしたら最高傑作に入ると思う「Sheik Yerbout」。まず、ザッパって何?と思うのならこのアルバムから入るのが一番わかり易いんじゃないか、と言われている作品だ。決してポップなワケではない、と言うのも正しくないし、他のアルバムがポップじゃないってワケじゃない。ザッパの世界ってのは、普通の音楽を聴くと言う認識で聴いてしまうとダメなんです。ザッパ聴くのはユーモアを楽しむ、ブラックな事を楽しむ、それでいてテクニカルな側面を味わう、音楽と共にエンターティンメントを味わう、というショウ全てを楽しむものであって、BGMで音楽を、なんてのを期待してるとアウトだ。英語をネイティブで解さない人は必ず絶対に日本語訳を同時進行で読みながらザッパを味わわないとダメだ。そこに意義がある。歌詞なんぞ大して気にしていない自分ですらザッパ聴く時はそうするもんね。だって、楽しみが倍になるし、聴いてて面白さが同じ時間使ってても倍になるし、アホらしさ加減に我を忘れられるからさ。音楽だけでもそれは十分に味わえるんだけど、歌詞あるともっと味わえる。

 しっかしこの「Sheik Yerbout」ってアルバムもホントにおバカ(笑)。ボジオ最高。ブリューもユーモアセンスあるじゃないの。しかし代表的な曲いっぱい入ってるアルバムだなぁとつくづく思うそのどれもこれもが風刺利いてて最高だし、ギタープレイはギタープレイでさすがザッパ、ってな所で超絶ギタリスト的なところもたっぷりと味わえる。それらを全て軽快な音で収録してて聴きやすく仕上げているというのは商売センスの長けた所で、アナログでは2枚組だったけど、それぞれの面は大して長い時間収録されていたのでもなくその分聞きやすかった。CD時代は一枚になったし、今はもうDLだからこの長さが普通なんだけど、曲の配置が改めてそうなっているのは狙ってるよね。

 普通に音的に聴いてると基本ハード路線からインスト系、だけど、やっぱり効果音なりコーラスなり歌詞なりでそのアホさが出てくるからザッパの世界でしかあり得ないし、それが無ごとに完成されているショウなので聴く度にそのパフォーマンスに魅了されてしまうし、ギタープレイの独特のトーンとプレイはいつ聴いても楽しめるし集中して聴いてしまうものだ。これも不思議で、フュージョンでもないしロックじゃないし、どういうギターなんだろうな、他にあまり聞く事のないプレイで、フュージョンに近いのか?といつも思う。そんなプレイが存分に楽しめつつ、聴いてて楽しいし、参加してても楽しいし、もうね、やっぱりザッパ最高です♪







«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ+

2017年 03月 【25件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon