Lucinda Williams - Car Wheels on a Gravel Road

Lucinda Williams - Car Wheels on a Gravel Road (1998)
Car Wheels on a Gravel Road

 名前だけは何度か聞いたことがあるかなぁ…って人が出てくると、昔だと買うワケじゃないから聴かないままで過ごしていたのが、今の時代だと適当に聴けたりしちゃうから良くない…良くないってか好奇心で聴いてしまうから、良くも悪くも判ってしまって、ラッキーなのもあれば、聴かなくても良かったな、ってのもある。そういう自分での発掘が楽しい部分はあるので、それ自体はありがたい環境ではあるか。今回もルシンダ・ウィリアムスって人、カントリー系ってことで名前を聞いてたけど実際聞いたのは初めてで楽しみでもあった人。

 Lucinda Williamsの1998年グラミー賞受賞アルバム「Car Wheels on a Gravel Road」。どっからどう見てもアメリカ〜な印象しかしてこないのもまたアレだけど、聴いてみると正にそのままアメリカのカントリーな作風が並ぶ。流して聴いてて心地良いのは確かで、土着的なサウンドだよなぁ。こういうのって誰でもやってそうだから、そこで名前を知られるまでになるって相当色々あるんだろうよ、と思って来歴見てたら60年代から活動していたという現在では既にお婆ちゃんなワケで、それも驚いたけど、それでも出来ちゃう音楽ってのも素晴らしい。大陸的な雰囲気にアメリカの、そうだなぁ、ペダルスティールとかそういうのもあったりギターソロ的なのにしても懐かしさすら覚える感覚のギターとかメロディにしてもこうなるんだろうなぁという感じで、ノスタルジックというか、ホントに心地良く馴染む歌。こりゃアメリカで好かれるハズだわ。

 ギター的にもこういうフレーズとか音色とか味わいとかってのはアメリカ的で面白いなぁと。チープな音だけどさ、気取って無くてそのまま、アメリカ人って皆大抵こういう風になっていくんだろうな、って思うサウンド。クリッシー・ハインドなんかも結局こういう風になっているワケだし、老化すると皆同じになるってのは音楽的な所もそうなのかもね。いやはや随分レトロに楽しんだ一枚でした。



Cold Blood - First Taste of Sin

Cold Blood - First Taste of Sin (1972)
ファースト・テイスト・オブ・シン

 共通項がある人とない人との会話って言えばそりゃ共通項のある人の方が話しやすいのだが、ない人との話もしないといけないような状況もある。適当な会話で話がつながれば良いのだが、なかなかそうも進まなくて話題を見つけて行かないといけないような場合もあったり…、黙ってても良いんだけど、そういうのもちっとね…なんて時困るよな。無視しちゃうというのもあるけど大人げないし、そういうシーンに気を使ってしまうのはまだまだ子供なんだろうか。

 1972年ベイエリアからのファンクロック、と言うのかブラスロックの騎手とも言うべきか…、Cold Bloodの「First Taste of Sin」なる作品、メンバーが白人だからね、黒人のような音楽やってる、やろうとしているんだけどやっぱり白人、アメリカ人だから聴きやすいってのもあるし、黒い甘さや重さやまったりさってのは無くって、そういう意味で行けばやっぱりロックの範疇になるんだろうな。それに加えて紅一点のリディア姫の歌声だ。パワフルで色気があってシャウトも出来てしっかりとバックに負けない、そして更に美貌も加わっての看板娘が歌ってうことでそれなりの人気を博していただろうと。そんなのを聴いてみたんだけど、こういうボーカルってまだまだいたんだなぁ…と改めて知った次第。まだまだ知らない世界はたくさんある。

 ギターから聴けばどう聴いてもロック畑の音でしかないし、バンド全体がそういう方向性だけど、音数が多いからゴチャゴチャしたサウンドになっててそこにブラスも入ってコンガも加わる、密度の高い音楽が出来上がるよね。リディア姫の歌がそこを抜けていくからゴージャスさが増して味わい深いロックになる。なるほど楽しめるアルバムだけど少々疲れるかも(笑)。





Vintage Trouble - Vintage Trouble

Vintage Trouble - Vintage Trouble (2015)
華麗なるトラブル(初回限定盤)(DVD付)

 探してみれば新しくも古いバンドはいくつもあったりする。それがそのまま残っていけるかどうかってのはあるが、アプローチとしては古い音の再現だけでなく必ず新しいエッセンスが入っているからそのバランスとか上手く出来ればしかkりとシーンでやっていけるのはあるだろう。そもそもロックのエネルギーをきちんと持ってれば自ずとそれなりのスタンスで進んでいくハズだし、何も全てを真似するバカもいないだろうし、また出来ないだろうし。色々な新鋭バンドを見ているとそんなことを思う。

 今回もまた…、今度はロサンゼルス出身ながらも出てくる音のモチーフに聞こえるのは60年代のR&B、しかも英国で流行ったような音が出てきているバンド、Vintage Trouble。セカンド・アルバム「Vintage Trouble 」が2015年にリリースされているけど、これがまたカッコ良い。ビデオ見ててちょいとびっくりしたのがボーカルが黒人ってトコだ。声聞いててもそんな感じはしなかったけど、ばっちり黒人。バンドは白人というパターンで今の時代でもそれほど多くはない人種ミックスなバンドで、歌がまた上手い。ソウルフルってよりかR&B的な部分が大きいのかな、あまり聴かないジャンルだから分かんないけど。それはともかく、曲がこれまた良い。The WhoやSmall FacesがやりたがっていたR&Bの世界にさらにビートが加わってプレイされているという素晴らしきノリの良さ。リズムが強烈なんだろうな、もうちょっと演奏がシャープだともっとキレるんだろうけど、そのゆるさもまた味か。

 圧倒的なライブバンドだと思う。曲も構成も音もシンプルだから複雑なことは何もなく、単にライブ楽しもうぜ、みたいなことを信条としているんだろうと思うし、そうやって楽しむには調度良いサウンド。しかし強烈なバンドだなぁ…、こういう音が今の時代に出てきて受け入れられているってのがいつも思うけど不思議だし面白いし、先人たちのアルバムを今更買う若者も少ないだろうから、こうやってリバイバル的なバンドが出てくることで音楽性を引き継いているってのはいいよな。







Supersonic Blues Machine - West Of Flushing, South of Frisco

Supersonic Blues Machine - West Of Flushing, South of Frisco (2016)
West Of Flushing, Sout

 何だかんだとブルースロックって根強くいつの時代にもやってるヤツはいるんだな。もっともどんなジャンルの音でもその時代には必ず存在しているからどんどんと増える一方なのがこの世界、どんどんと隙間が狭くなっていくのは当たり前だし、それだからヘンな融合を果たすことで拡張していっているってのはある。その中でも残るバンドは残るし、何が引き金になるのかわからないけど、だからこそ皆が皆色々なアイディアを試しながらアルバムをリリースしてみたり、発掘してみたりする。

 今回は自分的にはよく判ってないけど、アメリカからとてつもなくビッグな新人バンドがデビューしていた。バンド名をSupersonic Blues Machineって言うのだが、「West Of Flushing, South of Frisco」ってアルバムをリリース。しかしどうしてこういうのは如何にもアメリカって感じのジャケットが出来上がるのかねぇ…。とりあえず流してみるとこれまたアメリカ大陸的なあの雄大なブルースロックが流れ出てくるし、ギターはどれもこれも本物のブルースからサザンブルース的なギターばかりで心地良くさせてくれる。歌にしてもバンドの音にしてももうあの雄大なアメリカ大陸サウンドでしかなくて、何の捻りも何もなくそのまま堂々と流れていく。見事なまでに何も変わらないアメリカのサウンドで、あんだけ同じような曲やバンドがあるのにまだここで新しいのを出してくる意味は?みたいにすら思えちゃうけど、聴いてるとこれていいんだろうなぁ…気持ち良いもんなぁ…と。

 何なんだろ?ブルース系のアルバムを作ってばかりいる面々が主役になって、自分たちもアルバム出すか、どうせやるならこれまで関わった連中とか同じような連中にゲスト参加してもらって売れるようにはしたいよな、じゃ、みんな呼んでやってみるか、ってな具合に進んだんじゃないだろうか、ZZ topのビリー・ギボンズを始めとした数々の著名なゲスト陣を見ると、普通じゃ集まらないメンツばかりなので、裏方ミュージシャンが表に出るからこその技、しっかりとそのプレイも味わい深いものばかりだし。そりゃそうだよな、そういうのを裏から支えてきてるんだから全部分かってる連中が前に出るんだもん。多分誰が聴いても良いんじゃないか、ってレベルでギターはもうゲスト陣営を聴くってだけで価値ありだし、如何にもそのままだけど悪くないアルバム。







J.Geils Band - Full House Live

J.Geils Band - Full House Live (1972)
Full House Live

 やっぱりライブアルバムとかライブ映像ってのが好きだな。スタジオ盤のきちんとした音はもちろん作品として完全なものに仕上げているからそれはそれで好きなんだけど、ライブってのはグルーブあるからさ、同じ曲でも全然違うし、勢いも違うからスリリングで迫力もあるもんね。もっともスタジオ盤聴いてるからライブが楽しめるのはあるから、どっちもどっちだろうけど、コンスタントにライブが出てくるバンドは良いね。昔からその熱気をレコードに閉じ込めたくてって言うバンドもたくさんあるけどなかなか難しいみたい。それでもいくつも名ライブアルバムってのはあるし、最近の発掘モノだって大したものだ。

 J.Geils Bandの1,972年のライブから概ねカバー曲ばかりを収録したサイズもコンパクトな「Full House Live」。そもそも自分なんかはJ.Geils Bandと知らないからカバー7日オリジナルなのかはさほど意味が無い…ってカバーの方もそんなに有名なモノでもないのか、記憶にはないものばかりなので結局すべて新しい曲として聞いているんだけど、凄い勢いだね、これ。こういう勢いってのはアメリカのバンドは凄いよなぁ…、一本気でまっすぐ進むみたいなドライブしまくってるスタイル、生で見てたらガツンガツン来るだろうよ。そういえば歌はピーター・ウルフなんだよな…、こういうスタイルを好きな人も多いんだろう、単純にカッコ良い。

 アメリカンロック、正に。ブルースがもうちょっと入ってるかと思ってたけどそうでもなくって思い切りアメリカンロックだったんで、まぁ、想像通りと言えば想像通りか。ライブだから熱気が凄いしその勢いはマジマジと実感できる。音楽的な好みかどうかってのはちょいと違うけど好盤だろうね。どうして自分がこんだけのアルバムとバンドに惹かれないのか、ってのは何となく不思議でもあるけど好みの境目ってのは曖昧で説明しきれないものなのだ(笑)。




Little Feat - Feats Don't Fail Me Now

Little Feat - Feats Don't Fail Me Now (1974)
アメイジング!

 ストラトに似合うアンプってのは何だろう?って疑問は昔から持ってて、そりゃ何でも鳴るし好みの音は作れるだろうから大した問題じゃないんだけど、自分的には割とそういうのを感じてて、まぁ、ストラト弾くことがないんで試すことも考えることもないんだけどフェンダーアンプじゃないだろうし、ジャズコーでもないし、何だろな、って思う程度です。マーシャルだとちょっと無理な音なんじゃないかって気がするしさ。あ、シングルコイルのピックアップの場合ね。…なんて話がいくつかあって、やっぱり会話してると面白いよね、こういうの。好きだからさ。

 1974年にリリースされたLittle Featの4枚目の作品「Feats Don't Fail Me Now」、ギリギリ下降線の手前あたりのアルバムと言われてて、昔何となくLittle Featって聴いてたんだけどこれは聴かなかったなぁ…、多分手に入らなかったんじゃないだろうか。中古でもあまり見た記憶ないしさ。ニューオリンズサウンドって割と面白いアプローチだなぁって聴いてて、好きとは言わないけど有りだな、程度には思っててね、うん、今は普通に聞けます。ただ、やっぱり好んで何度もハマって聴くってのはないから流れてれば心地良いよね、っていう程度。それでもこの「Feats Don't Fail Me Now」は決して駄作じゃなくよく出来た作品な気がする。それまでの一辺倒さ…ってもグチャ混ぜだけど、それに加えて今度は濃さが出てきたと言うか…、やっぱり音楽集団なんだよな、楽しめるアルバムになっててまだまだ聴かないといけないものの多さを改めて知るというトコだ。

 ローウェル・ジョージのスライドギターってのはやっぱり特徴的なワケで、普通に聴いてると音外れてるのか?って思うくらいに自由自在に鳴ってるのと、それが多分かなり特徴的で、スライドの名手の難しさになるのだろうか。ここ最近ではスライドを使い倒してます的なギタリストってあんまり耳にしないけどどうなんだろ?もちろんそれだけじゃ成り立たないけど、武器の一つとして持ってるってのはありだろうから。そんなローウェル・ジョージのギターを存分に楽しみながら、と言うよりはアルバムに詰め込まれたサウンドを楽しみながら聴く作品、ですね。






Blackfoot - Tomcattin

Blackfoot - Tomcattin (1980)
Tomcattin

 ガキの頃色々なのを聴きたくて何かで知ったバンドをチェックしてて、欲しいレコードをいくつも頭の中にチェックしてあって買い求めては聴いてたんだけど、もちろん手に入らないのも多かったし、簡単に買えたのもあったけど楽しかったな。そのうちジャケットだけで面白そうだって買うのもあったりして、ハズレも当たりもあるけど悪くはないってとこだ。Blackfootのアルバムはとにかくジャケットのインパクトがあって、面白いから買い揃えていったという感が強かったんだけど、音楽的にはどうもしょぼい感のあるハードロックだなぁって感じで(笑)、その頃ハードロックとかサザン・ロックなんてのもよくわからず…ってかそういう聴き方してなかったからね。

 Blackfootの1980年の2枚目の作品「Tomcattin」。黒猫なワケだが、相変わらずのハードロック的ドライヴィンなサウンドが強烈なサザン・ロック…と言われるところが最早分からない。単にハードロックのカテゴリだろ、これ?ってくらいにハードロック。そういう意味だと、どこかに個性的なトコロがあるかってのに困るんだけど、やや広大な南部的感覚があるハードロックかな、っていう程度。だからと言ってサザン・ロックと言われてもこういう音とは想像しないだろうね。そんな感じだ。バンド末期にはケン・ヘンズレーも参加してしまうくらいのバンドなんだからハードロックとの親和性はかなり高いし、キャッチーさもあるからなぁ…。「Gimmie Gimmie Gimmie」なんてアルバム中最高の楽曲だろうしね。

 本質的にこんだけ男臭いバンドってのは好きなんだけどさ、一本調子になっちゃうと飽きるからバンドとして好きなバンドって感はないな。でも、ギターとかやっぱり不思議なところから出てくる印象もあって、カントリーやブルースってんでもないからユニークなアプローチ。そこが面白いし、歌も暑苦しいし、まぁ、確かにアメリカンな音でしかない。




Molly Hatchet - Molly Hatchet

Molly Hatchet - Molly Hatchet (1978)
Molly Hatchet

 カントリーに根差した音楽ってあんまり聴けてないな、自分ってことに気づいていて、ロックはブルースからだ、っていうストーリーがどうしてもあったからか、そっちの方向ばかりを優先して聴いてたのはあるな。だからカントリーからのロックってまるで聴いてないに等しい。サザンロックのルーツってもブルース的なのもあればカントリー的なのもあって、大らかな雰囲気で包み込むサウンドがサザンロックの特徴でもあるのだけど、その根底にはカントリーとブルースの違いもあるなぁ…と気づいたり。もっともブルースはカントリーが根っこにあるみたいだけど…。

 Molly Hatchetの1978年のデビューアルバム「Molly Hatchet」。どうやら元々はレイナード・スキナードのロニー・ヴァン・ザントがプロデュースする予定だったのが、その直前に例の飛行機事故で亡くなってしまったので叶わなかったとか…。まぁ、それくらいには音楽性やバンドの方向性などがレイナード・スキナードと近しいトコロにあったということだけど、こちらはもっともっとカントリーに近い音で、そこまで広大で大らかな音を出しているというようなものでもなく、ちょいとこじんまりしてる感はある。そのバンドのゆったり感の違いは面白いトコロだけど、すると一体サザン・ロックってのはどういうのなんだ?となる。まぁ、細かい定義は出来ないんで良いけど、かと言ってブルースに根差してるんでもなく、やはりアメリカからしか出て来ない音ではあるが、もうちょっと垢抜けた感じが欲しいね、ってトコだ。

 1978年って色々と音楽シーンも移り変わっている頃で、その辺の方向性なんかも入ってるんだろうか、やっぱりちょっと攻撃的な部分がある。そりゃ周辺はVan Halenやパンク勢やディスコブームなワケで、その中で普通にレイドバックしてもシーンじゃ難しいもんな。ま、でもちょいと中途半端な感じが残るファーストアルバムではある。この後しっかりと大成していくからファーストアルバムってのはこんなもんだって言えるんだろう。






Lynyrd Skynyrd - One More From the Road

Lynyrd Skynyrd - One More From the Road
One More From the Road (Dlx)

 アメリカの乾いたR&Rって気分だけど心地良いのは心地良い。いつも聴いてるってワケにもいかないけど、色々なバンドが色々な事やってて基本的に保守的なんで革新的な音はなかなかないけれど、その分洗練されて一般化させてから出てくるから商業主義的ではあるけど後世の残される作品としては良質なモノが多くなる。そんな事考えなくてもいいな〜ってのを聴いてりゃいいだけなんでね、ふと思い出したのがサザン・ロック系統。

 代表格なのはやっぱりLynyrd Skynyrdになるかなぁ…、自分的にはブルースロックのひとつの形として聴いたのがサザン・ロック系統で、Lynyrd Skynyrdはかなり早い時期に聴いたなぁ…。アルバム「One More From the Road」は全盛期のLynyrd Skynyrdのライブの模様を収めたもので、今じゃ2CDのデラックス盤まで出てるからライブそのものをほぼ完全に聴けるという状況らしい。自分はアナログの時の印象だからそんなに長々としてる意識はないけど、独特の雰囲気が出ているよね。やっぱり名盤ライブのひとつなんじゃないかな。南部のゆったりとしたムードとブルースからサザンな音…、大らかな気分で聴けるロック、レイドバック感たっぷりなサウンド…、昔はライブってこういうモノだったよなぁ…。

 そもそもサザンロックの系譜って英国ブルースロックの波があって、それをアメリカに持ち込んで自分たちの風土を挟み込んで出して来ているようなトコロがあるから、このライブ盤でも「Crossroad」なんての入ってるけどさ、ロバジョンじゃなくてクリームのバージョンそのままだしさ、それでも凄いのはその後にLynyrd Skynyrdの最大の名曲「Free Bird」が登場してライブの終焉を飾るんだけど、それがまた圧巻の出来映えで、ロックの名曲をさらなる彼ら自身の名曲で締めていくという自信に満ち溢れたライブはやはり凄い。好みの温度の差はあれど嫌いになる理由が見つからないだろうこの名曲、更にはこのライブアルバム「One More From the Road」、はロック好きだなと追うのならば聴いておきたい一枚だね。

 いやはや、久々に聴いてたら燃えてきてしまって(笑)、そこにトドメとばかりの「Free Bird」でさ、こんなに凄かったっけ?ってくらいに凄くて…、フリーインプロとは違う、圧巻のプレイの応酬がロック的に熱くてガンガンと迫ってくるんだけど、行き着いたところでまたパッと緊張が溶けて各々のソロに戻りつつ演奏は続けられる…、スゲェな〜。昔どっかの屋外カフェみたいなトコでテレビのモニターでLynyrd Skynyrdのライブが流れててたまたま「Free Bird」だったんだよ、もうね、ずっと釘付けで見てて衝撃受けて、それでもそんなにLynyrd Skynyrd自体にはハマらなかったんだけど、やっぱああいう衝撃ってロックには必要だよ。うん、このライブ盤、いいな。








Stacie Collins - Roll the Dice

Stacie Collins - Roll the Dice (2015)
Roll the Dice

 ポップシーンでは女性の活躍が著しくて、むしろそっちの方が盛んだとすら思えるんだが、ロックの世界ではどうだろう?一部嬢メタルなんてのはあるけど、ロックのフロントで女性が前面に出ているってのは少ないんじゃないかな…昔からそうだけど、パティ・スミスやクリッシー・ハインドみたいな人ってなかなか見当たらない気がする。まぁ、知らないだけなんだろうけど、そんな中でダン・ベアード絡みで面白い人発見したので早速聴いてるトコロ。

 ステイシー・コリンズ…、知ってる人は知ってるんだろうね、テネシー州のメンフィス出身のハープ&ボーカルの女史、やってるのはシンプルなR&Rで、これもカントリーに根差したR&Rでゴキゲンな音です。アルバム「Roll the Dice」が今のところ新しい作品で、ジャケットもイカしてたからこいつでいいんじゃね?ってことでね、ゴキゲンですよ、ホント。音のゴキゲンさもあるけど、ステイシー・コリンズのちょいと個性的な歌声も聴きやすくて良い。一歩間違えると単なるロック風ポップスになっちゃうんだろうけど、そこはバックの音と彼女のスタンスがかろうじてロックの世界を保ってる…どころか、ライブ映像見ると明らかにロックな世界ですな。

 アメリカってのはホント、広い。こういうのが出てくるのは至極当然だとしてもやっぱり上手くないと無理だし、一癖二癖の個性派必要だし、話題性もないとダメだからね、売れる要素を持っててもまだまだ無名…なんだろうから大変だ。ただ、アメリカ国内だったらそれなりなんだろうし、そこで売れてれば良いのかもしれないし、このまま充実した活動をしていくのだろう。彼女がクリッシー・ハインドみたいになっていくのなら女流ロックンローラーの系譜も途絶えないのかもしれないが、そこまで行くのかなぁ…なんて余計なお世話。とりあえず「Roll the Dice」は良く出来てるR&Rアルバムで、ダン・ベアードのR&Rで女性が歌っているというニアリーなものでもある、か。






«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ+

2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon