Mike Oldfield - Tubular Bells

4 Comments

 カンタベリー人脈の中でも少々意外な、というかケビン・エアーズやバージンレコード絡みで語られる有名なアーティストにマイク・オールドフィールドがいる。少年時代から早熟な音楽少年で、姉のサリー・オールドフィールドとのサリアンジーってバンドを組んでいたり、先のケビン・エアーズのバックでベースを弾いていたりしたというのもあり、割と知られる存在だったようだが、そのひねくれ者(?)の少年は人と演奏するよりも自分一人で作業を進める方が良いモノができると信じていたようで、実際に一人で全ての楽器をこなし録音を行ったアルバムが「Tubular Bells」なのだった。1973年リリースということらしいが、そのいきさつも結構面白くって、一人で録音したデモテープを各レコード会社に送りつけたらしいんだけど、誰も相手にしてくれなくて(そりゃ一曲20分なんてのはなぁ…いくらプログレ全盛時代と言えども無理だろうよ)、当時新興レーベルを立ち上げるかどうかってタイミングだったバージンレコードがベンチャー精神に乗っ取って契約し、バージンにとっても最初のレコード発表アーティストとなったワケだ。

 アルバム「Tubular Bells」は2000回とも3000回とも言えるオーバーダビングが繰り返されて、マイク一人で創り上げたようだが、そのバックボーンには1975年に素晴らしいソロアルバムを発表する元Jade Warrior(元ジュライ)のトム・ニューマンの助力もあったらしい。

 で、アルバムの内容なんだけど、正直、寝る。いや、ホント。聴くぞと云う意志を明確に持たない、あるいは音楽的な部分には興味がなくっていわゆるロックだぜ~って感じのリスナーには退屈きわまりない音楽だと思う。自分もそうだったし。ところが、だ、ちょっとその気になって聴くとイントロの繰り返されるリフレインから徐々に変化していくサウンドと紡ぎ上げられる楽器の音色の美しさにひたすら惚れ込んでしまう。タイトルの「Tubular Bells」の響き渡る音色に聞き惚れてしまってからもまだまだ余韻をたっぷりと楽しみながらいつの間にかこのミニマルミュージックは終わりを迎える…、そう、聴いていると実に時の流れが速い、というよりもあっという間に時間が経ってしまう、そんな美しさと繊細さを秘めた心洗われる優しい作品。そして一人でこれほどの楽器を19歳にして演奏してしまう技術も素晴らしい。ところどころで聴かれるフレージングや音使い、浮遊感とアバンギャルド、ポップと変拍子など実にカンタベリーサウンドから多くを学んでいるとも言えるか。

 映画「エクソシスト」のテーマとしてこの作品の冒頭のイントロが使われた事で、このアルバムをかける=恐怖という印象を持つ人も多くってね、もったいない。ちゃんと聴いてみればそれがどんなに牧歌的に展開して、聴いてるだけで幸せな気分になれるかって分かるんだけどね。ま、そのおかげでバージンカンパニーは今じゃ立派な大企業、このアルバムのヒットがなければあり得なかったかもしれないんだから、この独断行為は否定できないだろう(マイクは映画音楽になることを知らなかったらしい)。

 ともあれ、歌は一切入っていないインストの環境音楽的に聴ける作品なのでプログレとかどうのとか言う次元ではなく美しさを聴いてみると幸せに浸れます。絶対にブリティッシュでなければ出てこない音楽。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 4

There are no comments yet.
evergreen  
チューブラーベルズのコメントはいつもこれです。

その1・・・ジャケットがまじでこわい!よく見てください。私、怖くて、凝視できません。チューブラーシリーズ全部怖い、というか、この人のジャケが全部、気味が悪い!
その2・・・この人のギターは、猫の嬌声みたいで、調子悪い時聞くと最悪!
でもな~、ハンサムですごい色気でギター弾くし、独特、やっぱりいいな~。けなしたつもりが、やれやれ。

2006/01/15 (Sun) 23:51 | EDIT | REPLY |   
いたち野郎  

最近evergreenさんの言う「ジャケの怖さ」が分かってきた気がします…。
さてさて、カンタベリーというと、どうもジャズ系のインプロとかのイメージですが、この完璧に作り上げられたアルバムも立派にカンタベリーの流れを組んでますよね。「ブリティッシュでなければ出てこない音楽」に同意です!UK的な浮遊感がたまりませんよ。

2006/01/16 (Mon) 04:23 | EDIT | REPLY |   
Cottonwoodhill  

私の友人にマイク・オールドフィールドが大好きな人間がおりまして、「Tubular Bells」を見ると何枚でも買ってしまう人間がおります。このデビュー作、今までどの位再発されたんでしょうか。

2006/01/16 (Mon) 22:09 | EDIT | REPLY |   
フレ@ロック好きの行き着く先は?…  
お返事遅れましたっ!

>えばねえさん
ん?んん??んんん???そうか…。確かに怖くなってきたかも。冷静に見ると気持ち良い海と空になんでこんな金属のパイプがリアルに浮かんでいるのだ?アンバランスさが不気味ではあるなぁ。でもなぁ、そういう意味で言ってるんじゃないんだろうなぁ(笑)。このアルバムのギターは猫の嬌声っての良い表現ですね。お琴みたいな音してるもんね。で、ハンサム、、、か?

>いたち野郎さん
ブリティッシュ然とした作品って好きなんです、はい。だからevergreenさんや夜響さんみたいな多国籍対応がなかなかできないんですけどねぇ…。キリない世界だしなぁ。

>Cottonwoodhillさん
へぇ、、、でもわかります。ザ・フーの「四重人格」のジャケが好きでレコード屋行って見かける度に買いたくなりましたから。おかげで各国盤+CD何種類かあったりするので困りものです。そういうのみんなあるんじゃないかなぁ…。Cottonwoodhillさんトコも紙ジャケに騙されて何枚も同じCDありそうですが…。

2006/01/18 (Wed) 23:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 9

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  Mike Oldfield「Tubular Bells」
  • 今日の朝、なんとなく聴いてしまいました。ご存知映画「エクソシスト」のテーマでお馴染みのアルバムですが、映画で流れるピアノ、あれはアルバムでは冒頭のほんの一部でしかありません。なにせこの作品、アルバム…というより、両面合わせてたった一曲のLPなんです。そし
  • 2006.01.16 (Mon) 04:17 | 4番、サード、いたち野郎。
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  本当は怖くないマイク童話、チューブラー・ベルズ(第8回)
  • ソロ・アーティストの登場です。 しかも「個人」という意味ではまさしく大部分を一人で楽曲を作り上げてしまう人。 Mike Oldfieldの音楽は、彼のパーソナリティを多分に盛り込んだ映像的なものです。 遍歴を見るとNew Ageにも数えられる音楽を創っていますが、プログレに分
  • 2006.02.09 (Thu) 00:22 | プログ特区 - Into The Source
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  TUBULAR BELLS
  • Tubular Bells - Mike Oldfield Tori covered in 2007/06/10 Stuttgart, Germany.Tubular BellsからDevils and Godsへつないで のプレイ。他のライブでも、別の曲へつないでいるようです。残念ながら「エクソシスト」見たことないんですよね・・・
  • 2007.07.28 (Sat) 13:55 | ひかりのしま
この記事へのトラックバック
  •  「チュブラー・ベルズ」マイク・オールドフィールド
  • 1973年発表のマイク・オールドフィールドのファースト・アルバム「チューブラー・ベルズ」「チューブラー・ベルズ2」に「3」、「ミレニアム・ベルズ」と続編もリリースしているます。こうなるともう、マイク・オ
  • 2007.08.28 (Tue) 02:28 | 徒然ネット
この記事へのトラックバック
  •  ホラー映画で一躍・・・でもそういうのじゃない@イギリス
  • iPhone、楽しすぎる。 いろいろ情報を集めて、いろいろ試してみる。 アプリを入れたり、まあ、いろいろ。 電子書籍とかもあったりして、それもなかなか。 まだ、アドレス帳とかは全然いじってない。 だって、まだ全然誰にもこれ、教えてないモン。 ああ、こうい...
  • 2009.08.24 (Mon) 10:08 | Trapo de la eternidad
この記事へのトラックバック
  •  私的100選(100) Mike Oldfield「Tubular Bells」
  • JUGEMテーマ:音楽  Mike Oldfield「Tubular Bells」(1973)→曲目はコチラ100枚目はコレという風に、いつからか決めていたような…どっかでレコードで最も生産されたLP?とか聴いたことがあるような?真偽やいかに?ヴァージンの記念すべき一枚目のアルバムで...
  • 2009.09.22 (Tue) 00:58 | 4番、サード、 いたち野郎
この記事へのトラックバック