Johnny Winter - And Live

12 Comments

 どうにもブルースギターヒーローシリーズから抜け出せないでいるんですが、伝説の100万ドルの男、ジョニー・ウィンターにハマってみました。ちょっと前に新作をリリースしているので、一応現役なんだけどさすがに元々アルビノだからなのか単に歳のせいなのか、以前の煌びやかなギタープレイではなく少々寂しいものがある作品でした。2003年のライブ映像なんてのも出ているんだけど、まだ見てない。…というかあまり見たくないなぁ。やっぱジョニー・ウィンターは70年代の全盛期が一番カッコイイからそのままのイメージにしておきたいんだもん。

 てなことで、多々ある作品の中で、というかキャリアの中でもっともロックだった頃はやっぱり1970年リリースの三枚目「Jonny Winter And...」の頃でしょう。もちろんスタジオ盤よりもライブで本領発揮する人なのでその後の「Live Johnny Winter And」ってのが一番聴きやすくてスカッとしたい時のお気に入りです。まあ、聴いたことのあるような曲ばかりなので、それだけと言えばそれだけなんだけどこのギターがすげぇんだ。テン・イヤーズ・アフターやヤードバーズもやってる「Good Morning Little Schoolgirl」ストーンズの「Jumpin' Jack Flash」…これなんかいつの時代のライブでも定番曲としてやってるくらい激しいバージョンだね。それからロカビリーのメドレーで「Great Balls of Fire - Long Tall Sally - Whole Lotta Shakin Goin' On」ってのもお手の物。で、最後はお決まりの彼の名前入りのところから自分の紹介ソング的に毎回演奏されている「Johnny B. Goode」。どれもこれも激しく早いテンポでプレイされてて息つく間もないって感じで良い。何が凄いって、トリオでこの音圧ってのもそうだし、やっぱギターの指裁きがブルースマンのそれじゃないよね。ロックギタリストとしても相当早弾きの部類に入ってくるので、1970年という時代性ではかなり突出していただろうなぁ。

 で、その昔ジョニー・ウィンターのライブを見たい、と思うと1983年のトロントのライブを収録した「Johnny Winter Live!」というビデオしかなくって今もまだDVDが出てないみたいなんだけど、ちょっと時代が違うけど見たいからなぁ、って感じで見たらぶっ飛んだ。激しいギタープレイはさすが、って感じで感心しきりなんだけど、途中でギター一本だけでソロプレイをかます。で、驚くのは人差し指と中指はベースラインをなぞりながら薬指と小指で高音弦でギターソロ弾いてるんだもん。ま、ラグタイムとかスパニッシュとかならそういうのもあるんだろうけどねぇ、ロック界ではあまりいないので当時凄く驚いた。で、また見たんだけどやっぱり凄いなぁとしきりに感心。多分70年代から80年代まで、もしかしたら90年代までこの人全然変わらないのかもしれない。いや、多分変わってない(笑)。

 そういえばセカンドアルバムのレガシーエディションもリリースされたばっかだ…。ここにも1970年4月のライブが収録されているので聴かなければ…。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 12

There are no comments yet.
Cherry  
TBありがとうございます

初めまして。
トラックバックありがとうございました。
すごく細かなレビュー書かれているんですね。勉強になります。これからも時々遊びに来ますね。
よろしくお願いします!

2006/01/09 (Mon) 09:53 | EDIT | REPLY |   
Roadmaster  
ジョニーなので

今度はこちらからTBさせていただきました。去年の日記ですが、よろしくお願いします。

2006/01/10 (Tue) 21:00 | EDIT | REPLY |   
KOJY  

daisukeさんのBlogから散歩してきました。自分はJWのアルバムでは「Still Alive And Well」が好きです。今、国内盤って入手できないんですよねー?残念ですけど。。。

2006/01/10 (Tue) 22:30 | EDIT | REPLY |   
twingoxm  

トラックバックいただきましてありがとうございました・・
ライブ・・はその昔ジャケットのファイアーバードがカッコよくて購入しジョニーウインターにハマりました・・ファイアーバードは結構好きで4本程買いました・・弾き難いんですがカッコが大好きなんです・・

トロントのライブはLDで持っておりますが新品当時からノイズがひどくてちゃんと観られませんでした・・

今は全く聴いてませんが昔を思い出させてくださいましてありがとうございます。

2006/01/10 (Tue) 23:36 | EDIT | REPLY |   
フレ@ロック好きの行き着く先は…  
コメント感謝です(遅れました)

>Cherryさん
いやぁ、きくまる氏のファンサイトとは驚きました。昔のバンド仲間です。ネットでこんな偶然が起こるとは凄いなぁ…。いや、みなさまに説明すると、昔懐かし友人とは知らずにブログでトラバしてしまったのです。ま、趣味似てるからそりゃ会うこともあるんだろうけど。んなことで、テレビの「ヘビメタさん」ってので初代優勝者ジーン。シモンズ氏のサイトオーナーのCherryさんです♪

>Roadmasterさん
いやぁ、いつの日記でも好きなモノに変わりはないっすから。末永くお付き合いくださいませ。

>KOJYさん
daisukeさんの「無駄遣いな日々」は素晴らしいブログっすよね。「Still Alive And Well」って日本盤CDないんですか?レコード3面のやつでしたっけ?あんなのこのアルバム以来見たことないですけど(笑)。

>twingoxmさん
ファイヤーバードは欲しかったんですけど、持ってみたらネック側が重くてとても弾けなかったので挫折しました…。かっこいいんですけど、残念!弾けるtwingoxmさんが羨ましいっす。トロントのライブLD絶対見た方が良いっすよ~、勿体ない…。

2006/01/13 (Fri) 21:55 | EDIT | REPLY |   
BluesRockers  
BLUESROCK

訪問ありがとう!。僕もDVD持ってるけど友達に貸したら帰ってこない。ドラマーがヘビメタみたいなのでびっくりしました。一人で演奏している曲はSweetPapaJohneですね。僕達のバンドのレパートリーです。慣れるまで大変でしたよ。

2006/01/14 (Sat) 12:36 | EDIT | REPLY |   
icerocket  

こんばんは^^

コメントありがとうございました。

今さらですが先ほどJohnny Winterを聴いたので・・・。

ギターはもちろんすごいですしヴォーカルもアツイ。でも曲間に入る「イエー」とか「んがー」とかの掛け声がなんか笑っちゃいます。とにかくアツイ。

2006/01/14 (Sat) 18:40 | EDIT | REPLY |   
フレ@ロック好きの行き着く先は?  
コメントありがとうございます。

>BluesRockersさん
そうです「Sweet Papa Johne」です。あれ弾けるようになるのは時間かかるでしょう…。素晴らしい、尊敬します、はい。しかもファイヤーバード弾いてるようなので更に尊敬の眼差しです。う~ん、練習して弾けるモンなんだろうか←自分

>icerocketさん
いやぁ、たまたま覗いたら面白そうなネタたくさんあったのでお邪魔しちゃいました♪Johnny Winterとか黒人ブルースメンなんかもそうなんですけど、あのかけ声って重要ですよね。JBなんかそれだけでリズム作っちゃいますもんね。

2006/01/14 (Sat) 20:17 | EDIT | REPLY |   
yu-shio  

TB、コメントありがとございます。「Live Johnny Winter And」最高ですね。Rick Derringerも参加してるのでトリオではないと思いますが、、。あと「Captured Live」はもっと激しいですね。“Sweet Papa John”演ってます。

2006/01/27 (Fri) 00:59 | EDIT | REPLY |   
sy_rock1009  

こんばんんは!
トラックバック&コメントありがとうございました。
サムピックを使った火の出る速弾きは、ホントかっこよくて、ロックそのものですよね。
最近は体調がかなり悪いみたいで、太陽を長時間浴びると良くないみたいですけど、この人はやっぱりヴォーカルも含め、ロックン・ローラーです。

2006/04/16 (Sun) 21:05 | EDIT | REPLY |   
波野井露楠  

こんばんは!
確かに、モロブルースなアルバムより、すかっとして聴きやすいですよね!しかも、カッコいい!!!!
私も、生のジョニー・ウィンター、一度でいいので体験したいです!

2006/06/09 (Fri) 00:21 | EDIT | REPLY |   
Sango15  
ジョニー・ウィンター

「みゅじっくな日記」と「面白半分 腹立ち半分」の2つからトラバさせてもらいました。
少年時代にリアルタイムで聞き狂ったジョニーなので、自分にとっては永遠のギターヒローです。

2006/10/07 (Sat) 14:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 9

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  UNHOLY NITE LIVE!
  • きくまるファンのみなさんクリー・メリスマ~ス!!  前回も言ってたっていわれるかもしれないけれどいいじゃん!今日がほんとのクリスマスだもん♪さてさて、日本中がEVEいモードに包まれた23日の夜、きくまるさんが所属するキッスファンサイトKissin' Timeのオフ
  • 2006.01.09 (Mon) 09:51 | きくまる的日常★                       ~ Hope I die before get old ~
この記事へのトラックバック
  •  凄腕ウインター兄弟フル共演の傑作ライヴ。かっこいいに決まって...
  •  連休だけど予定がない。明日の深夜からは仕事だし。しばらく書けないかもしれないので、とっておきの1枚をレビューしちゃうよ。  「Johnny&EdgarWinter/Together」。昨日に続いてウインター系だ。しばらく続けようかな。70年代までのこの人たち、どれもほんとカッコイ..
  • 2006.01.10 (Tue) 20:58 | ARock&RollFable~R&Rの寓話
この記事へのトラックバック
  •  ヘイユウブルース、ギターがむせび泣いている。
  • 神保町といえば本の街。世界広しと言えどもこれだけの規模を誇る本屋街はないだろう。書店ばかりが目に付くと思いきや結構洒落た喫茶店、レストラン、画廊等も多く点在する。私はこの街の空気が大好きである。そして私お気に入りの楽器屋がある。名前を聞くのを忘れたがこの
  • 2006.01.27 (Fri) 18:45 | プールサイドの人魚姫
この記事へのトラックバック
  •  100万ドルのブルーズ・ギタリスト
  • ●ジョニー・ウィンター(Johnny Winter)●1944年2月23日生まれ アメリカ出身一旦スイッチが入ると火の玉が出そうな程の熱いフレーズを連射してしまう”ギター・スリンガー”ことジョニー・ウィンターは、1944年2月23日、アメリカはテキサス州で生まれる。
  • 2006.04.16 (Sun) 21:06 | ROCK ANTHOLOGY BLOG
この記事へのトラックバック
  •  Live Johnny Winter And/JOHNNY WINTER AND
  • Live Johnny Winter AndJohnny Winter Columbia 1989-10-05[ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]  1969年に"100万ドルのブルースギタリスト"として鳴り物入りでデビューし
  • 2006.04.23 (Sun) 13:05 | OOH LA LA - my favorite songs
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ◆白人ブルースの巨匠
  • 書いておきたい白人のブルース・ギタリストがいる。あまり縁起のいい話ではないが、彼が亡くならないうちに・・・・ 30年ほど前に狂ったように聴き込んだJohnny Winterである。弟のエドガー・ウィンターも同じアーティストとして活躍しており、私はエドガー
  • 2006.10.07 (Sat) 00:16 | みゅうじっくな日記
この記事へのトラックバック
  •  ◆ジョニーへの伝言
  • 天才ギタリストの指使い、一度は目で観ておくべきだ。 「 音楽は耳で聞くが、ブルースは魂で感じてくれ 」 と言ったギタリストは ジョニー・ウィンター のアニキである。極秘入手した D V D は暇な時に眺めているが、ひょっとして YouTube にのっかってないだろうかと思い
  • 2006.10.07 (Sat) 13:51 | ◆ 面白半分 腹立ち半分 ◆
この記事へのトラックバック
  •  JUMPIN' JACK FLASH/JOHNNY WINTER AND
  • 風邪をひいて喉が痛くて声がでない。 でも無理して絞りだすしゃがれた声がブルースマンみたいでちょっと気に入っている。 そんな訳で、いつもよりちょっとだけ渋いロックン・ロールが聞きたくなった。 LIVE/JOHNNY WINTER AND このジャンピン・ジャック・フラッシュが
  • 2007.06.10 (Sun) 20:36 | ダイヤモンド☆ロックス