Wishbone Ash - There's The Rub

 英国には美しい音を奏でるバンドが多い。それを含めて大英帝国らしい英国ロックと呼ぶのだが、うるさ型の音と思われているハードロックやヘヴィメタルの世界でこそ、いや、その世界の方が余計に美しさを追求しているケースが多いのかもしれない。クイーンなどはナルシスト的美意識の象徴ですらあるとも云える。まぁ、見た目はフレディがその美意識をビジュアルで表現しているワケだが、音的な面ではフレディも去ることながら他のメンバーの美しさへの追求でもある。そういう意識がよろしいんだよね。

永遠の不安 百眼の巨人アーガス+3 30thアニヴァーサリー・エディション

 そこでルックス的には大して美しさを持たないのだが、如何にも大英帝国の音として定着している、そして裏切らないでそういった音を出していたバンドがウィッシュボーン・アッシュだ。まぁ、アルバム全てで、とは言わないが、それはまぁクイーンも同じなので許そう(笑)。途中からアメリカナイズされた音に走ったとはよく言われるし、別に間違ってはいないのでそういうもんなのだが、だからと言って完全にアメリカの音にはなれるハズもなく、やっぱり英国の音してるんだよね。その辺、ちゃんと聞き分けないと聴かないで終わってしまうもったいないということが起こりうる、うん。

 「永遠の不安」というアルバム。一般的に「百眼の巨人アーガス」という名盤はウィッシュボーン・アッシュの、というよりか大英帝国きっての歴史的名盤として語られるので余計に他のアルバムの影が薄くなってしまうのだが、そのウィッシュボーン・アッシュの次なる名盤として語られることが多いのはが「永遠の不安」なのだ。だが、一方ではこのアルバム、実は黄金のツインギターの片方が入れ替わっているのだな。だから余計に気合いが入っているアルバムとも云えるんだが、初期の英国的香りだけという音からはなるほど、アメリカ寄りというか、アメリカナイズされたサウンドが吸収されていると感じる。それは元ホームというアメリカのバンドでギターを弾いていた人間を引っ張ってきたからに他ならない。英国人のシャイな性格と音の中にアメリカ人の強引ワガママな性格が入ってこればそれはもう発言権を持ってしまうだろうよ。それでいてセンスも悪くないしさ。

 うん、別に悪くないんだよ、これ。しっかりとあのウィッシュボーン・アッシュ的美旋律をしっかりと打ち出してきてくれるし、曲もやっぱり叙情性ってのを重視しているからやっぱりドラマティックに聴かせてくれるし、ギターもやっぱり看板だとばかりに美しく流れてくるしさ。「Persephone」や「F.U.B.B」なんて最高にかっこよい曲で、しっかりとウィッシュボーン・アッシュしてくれているし、ジャケットはヒプノシスだし。うん、名盤「百眼の巨人アーガス」だけに囚われないで聴いてみるとこのバンドのもっと面白いセンスに触れられるんじゃないかな。これから秋になるこの時期には丁度良いような気もするけどね。あぁ、やっぱギターの音が好きだからかな、こういう作品が妙に心に残るのはさ。

関連記事

Comment

[3632]

これもねー、買おうと思っていたのです。ジャケットが気にいってしまって。でも「アーガス」より良い訳がない、と思うとどうもひるんでしまうのです。フレさんのお墨付きなら安心できるかな。

[11005] ホームは英国のバンド!

このアルバム、本当にいいです。
ビル・シムジクが効いています。この人がプロデュースするとイーグルス、ジョーウォルシュのような素晴しい英米ミックスサウンドになりますね。
因みにホームというバンドはアメリカではなくイギリスのバンドです。

[11012] >Zappaskiさん

ですね。ご指摘感謝です。

んでもこういうアメリカナイズなアルバム…、悪くないセンスです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/675-23d3cd73

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ+

2018年 11月 【1件】
2018年 09月 【25件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

ヤング&デンジャラス

アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー

Live at the Royal Albert Hall 1977 King Biscuit Flower Hour



Live in Boston 1974 King Biscuit Flower Hour

WE SOLD OUR SOUL FOR ROCK’N’ROLL(紙ジャケット仕様)

Live: Towson State College, Maryland '79 King Biscuit Flower Hour

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

バンド・スコア 80年代ブリティッシュ・ハード・ロック[ワイド版]


Click!!


Powered By FC2