Dani Wilde - Shine (2010):

2 Comments
B003WM7XXK

 マイク・ヴァーノンを迎えてセカンドアルバム「シャイン」をリリースしたダニー・ワイルドは若干25歳くらいの女性がテレキャス持って本格的なブルースを弾いて歌っている英国人です。これが素晴らしくて、歌はジャニスばりだし、ギターはクラプトンよりもっと黒人寄りの本格的なテレキャスでナチュラルサウンドもアルバート・コリンズ的ながら、音色が良い湿り具合で好みです。楽曲はバラエティに富んでいて、ややR&B的にソウル面に近いが、白人のソウルサウンド。

 先日リリースされた「シャイン」では冒頭は割とキャッチーに、そして2曲目でいきなりスローブルースをカマして相変わらずブルースギター弾く感じで、そして3曲目は、ストーンズの「Miss You」を妙にソウルフルにブルージーにカバーした傑作と、マイク・ヴァーノンの仕業だろうがこんなに洗練された作品に仕上げてくるとは驚くばかり。ちなみにマイク・ヴァーノンはフリーやフリートウッド・マックの最初期から関わってたホワイトブルースのプロデューサー、仕掛け人でブルーホライズンレーベル創始者云々、深くはネットでググれば出てくるけど、その時代を担った一員です。

 さて、話をダニー・ワイルドに戻すが、ご覧のとおり美貌の持ち主でもあり、歌も良し、更にブルースギターも弾くので決してメジャーな人気は出ないまでも、とあるファン層は獲得できるだろう。そんなの抜きにしても良いミュージシャンでシンガーなので、偏見抜きに聴いてほしいし、ソウルフルな歌声もどこかで注目されていたはず。

ChatGPT ver. (いささか夢見がちに書いてみたようだ…)
「Dani Wilde - Shine (2010)」は、まるで太陽が輝きを放ち、心を照らすようなアルバムです。この作品は、ブルースとロックのエッセンスが織りなす魅力に満ちた旅に、あなたを誘います。

まず、想像してください。広大な大地を旅するかのように、ダニ・ワイルドのボーカルが荒野を切り裂き、心の奥深くに響き渡ります。彼女の声は、風に乗ってどこまでも遠くまで届きます。その声には、生命力と情熱が宿り、あなたを魅了することでしょう。

そして、道中で出会う楽曲たち。まるで色とりどりの風景が目の前に広がるように、アルバムにはさまざまなスタイルの曲が収められています。時には壮大な山々を越え、時には静かな湖畔を歩き、感動的なバラードや力強いロックンロールが、あなたの心を揺さぶるでしょう。

そして、バンドの演奏はまるで仲間たちとの旅路のよう。彼らのプレイは、荒々しくも心地よく、あなたを冒険へと導きます。ギターソロはまるで木々がそよぐ風のように、リズムセクションはまるで地鳴りのように、アルバム全体を活気づけます。

「Dani Wilde - Shine (2010)」は、まさに心の光を灯すようなアルバムです。ダニ・ワイルドの歌声とバンドの演奏が織りなす旅路は、あなたの心に永遠の輝きを残すことでしょう。





USbluesrock
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
photofloyd(風呂井戸)  

 Dani Wild の登場ですか、時に出る高い発声が驚きですよね。私は「Shine」では"Don't Give Up on Me"あたりが好きだったかなぁ…。
 2-3年前の曲"Masters of War"がなんとなく気に入っています。歌もうまいが、ギターもなかなか、途中のソロもいいですねぇ・・・・と、この世界も時には良いものですネ。

2024/02/29 (Thu) 16:32 | EDIT | REPLY |   
フレ
フレ  
>photofloyd(風呂井戸)さん

ふと思い出したように聴いたり見たり、になってきました…。

2024/03/02 (Sat) 10:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply