The Allman Brothers Band - Eat a Peach (1972)

0 Comments
B08HSFDNSC

 1972年リリースのThe Allman Brothers Bandのデュアン最後の録音となった「Eat a Peach」ではデュアン参加は三曲の新曲のみで、他はデュアン抜きが3曲、そしてフィルモアのライブから三曲の変則的な作品。いつしかデラックス・エディション盤「Eat a Peach」が出て、あのフィルモアライブのアウトテイクが入ってたが、元々の「Eat a Peach」を昔聴いたけどあまりピンと来なくて、冒頭からカントリーフレイバーの曲で苦手だった。真ん中のライブもあまり好みのライブではなかったのでデュアン参加曲は聞くけど自分には縁遠かった記憶。

 Allman Brothers BandはここまでGrateful Deadみたいなサウンドだったかと共通点に驚いたが、もっと南部のブルースバンドの印象だったけど、割とフリーにやってたようで、フィルモアのアウトテイクライブも同じく、正にGrateful Dead的フリージャムに近い曲が延々と続けられてる。ブルースモードではなく、ジャズ的モードのギターソロが延々と弾かれてるバンドだったと再認識した一枚で、サザンロックの筆頭格はほんの一部で、実はジャムバンドだったと。大らかで正にアメリカ的でカントリーチックでデュアンのギターもレイドバックした音なので、のんびりした時に聴ければ良いけど、そういう時間がないからあまり好まないだけと気づいたからデッドと一緒に老後の楽しみにするかな。

ChatGPT ver,

"The Allman Brothers Band - Eat a Peach"(1972年)は、ロック音楽史上においても特筆すべき傑作の一つです。アメリカの南部ロックを代表するバンド、オールマン・ブラザーズ・バンドによって制作されたこのアルバムは、その音楽性、情熱、そして深い感動を通じて多くのファンを魅了してきました。

まず、このアルバムの特徴の一つは、バンドの独創的な音楽性です。彼らの音楽は、ブルース、ロック、ジャズ、カントリーなど、さまざまなジャンルの要素を巧みに融合させています。その結果、独自のサウンドが生まれ、彼らの音楽が聴く者に強烈なインパクトを与えます。

また、このアルバムでは、バンドのメンバーそれぞれが持つ豊かな音楽的才能が存分に発揮されています。デュアン・オールマンとディッキー・ベッツのギタープレイは特に目を引きます。彼らのソロやツインギターパートは、聴く者に深い感動を与え、ロックギターの新たな可能性を示唆しています。

さらに、このアルバムでは、バンドのメンバーが作曲した楽曲が幅広く収録されています。特に、「Blue Sky」や「Melissa」などの曲は、バンドのメンバーが持つ繊細さや感性を表現した優れた作品として知られています。これらの曲は、聴く者に心地よい感情を与え、彼らの音楽が持つ深い魂を伝えます。

また、このアルバムには、ライブ録音とスタジオ録音が組み合わされています。これにより、バンドのライブパフォーマンスのエネルギーとスタジオ録音のクオリティが結集し、聴く者に最高の音楽体験を提供しています。

総括すると、「The Allman Brothers Band - Eat a Peach」は、ロック音楽の金字塔の一つとして認知されています。オールマン・ブラザーズ・バンドの音楽性、情熱、そして才能が、このアルバムを通じて最高潮に達し、多くのファンを魅了し続けています。







USbluesrock
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply