Tinsley Ellis - Winning Hand (2018)

0 Comments
B077687N5T

 アナログ時代はアルバムジャケットもひとつのイメージシンボルだし、アーティストの主張を表す部分が大きかったけど、CD時代になって、そのインパクトは薄まり、アート的ジャケットは少なくなった。DL時代になるとジャケットは存在意義が低くなった。アマゾンで見かけるジャケット写真レベルだから、主張まで読み取れないが、頑張ってるジャケットもある。細かいアートワークよりもインパクトに特化したジャケットの方が分かりやすい風潮になってきた。

 アトランタのブルースギタリストTinsley Ellisの新作「Winning Hand」がリリースされていた。アマゾンでブルース系を探してたらジャケットが目についたので聴いてみた。いつもギターが出てくるインパクトあるジャケットで、今回もどれだけギターをクローズアップしたジャケットか。しかもこんな角度の写真でストラトだけ色付きなジャケット。聴きたくなる。相変わらずスタンダードなブルース・ロックのオンパレードで、音色に変化がないので多少飽きるけど、フレーズも感情もプレイも目一杯ホワイトブルース・ロックで、今でもこういう人がいる嬉しさ。しかもこの時代にそれで生き延びてるからクォリティやプレイは当然レベルが高く、つまらないはずがない。

 割と奇抜なフレーズを組み入れた音色が突っ込まれてくるから一筋縄で行かなくて、フレーズを追いかけてしまう。難しいフレーズはないけど味わいは見事に過去の往年のギタリスト達が吸収されたフレーズが豊富。面白い事に黒人ブルース的要素はあまり聴かれず、ホワイトブルースからの影響が大きい感じ。黒人ブルースメンからも影響されているだろうが、表現はこっちの方に寄ってる。一般のロックリスナーには受け入れられやすいブルースで存分に楽しめるアルバム。

ChatGPT ver,

"Tinsley Ellis - Winning Hand"(2018)は、ブルース・ギタリストのティンズリー・エリスによる力強いアルバムです。この作品は、エリスのブルースへの深い愛情と彼のギター・プレイの素晴らしさを堪能できる一枚となっています。

まず、このアルバムの特筆すべき点は、エリスのギター・テクニックとその表現力の豊かさです。彼のプレイは力強く、情熱的でありながら、同時に繊細さも感じさせます。彼のフレーズは聴く者の心を捉え、その魂に響きます。特に、彼のブルース・ギターの奏法は、彼の豊かな経験と音楽への情熱が反映されています。

さらに、エリスのソングライティングの才能もこのアルバムで際立っています。彼のオリジナル曲は、ブルースの伝統を踏まえつつも、新しいアプローチやメロディが取り入れられており、彼の音楽的なビジョンを感じさせます。また、彼が選んだカバー曲も彼の音楽的な影響や好みを窺い知ることができ、彼の音楽的なルーツに対する尊敬が感じられます。

バンド全体の演奏も見逃せません。エリスを支えるミュージシャンたちは、彼の音楽に対する理解と共感を示し、彼とともに素晴らしい演奏を披露しています。彼らの絶妙なアンサンブルは、アルバム全体に深みと厚みを与えています。

また、このアルバムでは、エリスの声も魅力的に映し出されています。彼の歌声は力強く、感情豊かであり、彼の歌詞をより深く味わうことができます。彼の声は、彼の音楽にさらなる深みを与え、聴く者に感動を与えます。

総括すると、「Tinsley Ellis - Winning Hand」は、ブルース・ファンやギター愛好家にとって必聴の一枚です。エリスのギター・テクニック、ソングライティングの才能、バンドの素晴らしい演奏、そして彼の魅力的な歌声が、聴く者を引き込み、ブルースの世界へと誘います。







USbluesrock
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply