Jimi Hendrix - Blue Wild Angel (Isle of Wight) 1970 (2002)

0 Comments
B016W638KE

 1970年9月18日ロンドンのホテルでガールフレンドによりジミ・ヘンドリックスの遺体が発見された。享年27歳の若さで逝去。多くのロックミュージシャンが影響を受け、また哀しみの弔電を打ったと言う。ロック界の寵児、天才ギタリストと呼ばれるジミヘンだが、今なお彼を超えるギタリストは存在しない。数百年に一度の素材以上の人物だったかもしれないと思うくらいにロックを知れば知るほどジミヘンの凄さを知る。聴けば聴くほどにいくつも発見があり、映像を見れば見るほどに感心する紛れもなく天才。

 有名なジミヘンの命日です。もう38年前の出来事だけど今でもナマナマしくアチコチに登場するジミヘンは到底昔にいなくなったギタリストとは思えない程現代に生きている。それも恐ろしい事ではあるけど、今でもCDやDVDが続々とリリースされているし、雑誌にはほぼ定期的に出てくる影響度の凄さはピカイチ。それだけに情報量も多いけどまだ解明しきれない事実も多い。どうやってギター弾いているか不明な映像もある。

 逝去18日前となったワイト島フェスティバルの様子がオフィシャルDVD「ブルー・ワイルド・エンジェル ̄ワイト島のジミ・ヘンドリックス」でリリースされ、生前最後のライブと偽った宣伝文句もある。ワイト島以降もジミはライブやってるけど正規には映像も音も出てないだけで、死ぬ前までライブはありします。ここまで素晴らしい映像で残されていないし、そういう意味で確かに生前最後の勇姿を堪能できる映像か。

 ジプシーズになってからのジミヘンはファンクな方向に走っていたのであまり好みではなかったけど、ドラマーにミッチ・ミッチェルを戻してからはまた昔のようなロックの輝きを取り戻したライブなので聴きやすい。ビリー・コックスのベースはどちらでも良いが、ミッチのサポートはジミには絶対必要。ワイト島のライブはそんな三人のライブながら、ジミもかなり調子が良く、ギターも歪んでいるので初期に戻ったサウンドでノイジーに攻め立ててくる。裏話ではこの頃は相当ストレスの溜まる出来事やビジネス上やレコーディングの不満、マネジメントの確執とあったが、ステージでは怒りの発散か、己の感情の赴くままにプレイしている。決して白熱したライブではなく、内に秘めたプレイに近い。

 全編そんな感じで、モロにジミのその時の感情が出ているのは最後の最後、「In From The Storm」の演奏後、観客に挨拶してストラトを引きずってステージに捨ててバックステージに去るシーン。これほど投げやりになるのも空しさだろう。演奏だけ聴けばそうでもないが。それとストラトメインは相変わらずだけどフライングVのプレイも見れて楽しめる。しかしこれだけ無表情に熱い演奏出来るのは凄い。音だけでは物足りないので是非DVDで見てもらいたい。





USbluesrock
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply