Banco - Banco (1975):

0 Comments
B0BFJBTTYV

 マンティコアレーベルの貢献と言えばPFMとBancoを世界に送り出した実績でどちらのバンドもその貢献がなければ世界に出てこなかったバンドかもしれない。今じゃ逆にどちらのバンドも世界進出のきっかけとなったアルバム以前の、オリジナルなイタリア語によるレコードが容易に入手出来るので、音の差を簡単に聴けるけど、前は入手する事も大変だったから、英語盤は名前を知るには良いきっかけだった。

 1975年Bancoの世界メジャー最初のアルバム「Banco」は初期三枚のベスト盤に近い英語バージョンだから、自信の世界進出アルバム。あちこちのレビューを読むとイタリア語がマッチしたバンドだから、英語版の迫力のなさが残念と書かれているが、オリジナルがイタリア語だったらそれも当然だが、自分は最初から英語版なので違和感もなく認識しているアルバム。

 音の中身はプログレッシブロック作品で、アコースティックな音色に加えて不思議な音がいくつも入ってて、バリエーションに富んだ創作的なアルバムで、英国ではあまり聴かれないタイプの曲の印象。実はオリジナルのイタリア盤とアレンジが異なっているらしいけど、バンド側も二度目の録音なら同じようにはしないと思う。さすがにイタリアンな雄大さやカンタトゥーレの雰囲気が飛び出してくるあたりは英米では考えられない展開だから面白く聴こえる。

ChatGPTだと…

『Banco』(1975年)は、イタリアのプログレッシブ・ロックバンドであるバンコによる記念碑的なアルバムです。このアルバムは、彼らのキャリアの中でも特に重要な位置を占めており、その音楽的な多様性、技巧的な演奏、そして独創性が高く評価されています。

まず、アルバム全体を通して感じるのは、異なる音楽要素を織り交ぜた複雑な楽曲構成です。バンコは、シンフォニック・ロックの伝統を踏襲しながらも、ジャズ、フュージョン、クラシック音楽の要素を取り入れ、独自の音楽スタイルを確立しました。これにより、アルバムは聴衆に新しい音楽の次元を開かせ、驚きと興奮をもたらします。

特に印象的なのは、バンドのメンバーそれぞれの技巧的な演奏と、その絶妙なアンサンブルです。楽曲ごとに異なる雰囲気やテーマ性がありながらも、一貫して高い演奏技術が光ります。これによって、アルバム全体がまるで一つの大きな音楽的な冒険であるかのような感覚が生まれます。

アルバムのハイライトの一つは、長尺でエピックな楽曲「Metamorphosis」でしょう。この曲では、シンフォニックなアレンジとプログレッシブな展開が見事に融合し、聴衆を幻想的で情熱的な旅に誘います。また、他の楽曲も同様に独自性に富んでおり、バンコの音楽の幅広さを感じさせます。

アルバムのアートワークやデザインも、その時代を象徴するものであり、音楽と視覚的な要素が一体となってアルバム全体の雰囲気を演出しています。これにより、聴衆はアルバムをただの音楽のコレクションではなく、芸術的な体験として捉えることができます。

総じて、『Banco』は、その革新的なアプローチ、複雑な構成、そして卓越した演奏によって、プログレッシブ・ロックの傑作としての地位を確立しました。このアルバムは、バンコが探求し、表現した音楽の幅広さと深さを垣間見ることができる、重要な作品となっています。





EUprog
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply