P.F.M - Premiata Forneria Marconi (1972)

2 Comments
B00J9PNSZQ

 これぞプログレッシブロックと言わんばかりのサウンドを届けてくれるイタリアの代表的なバンドとなっているP.F.Mの1972年のアルバム「友よ」。元々イタリアで活動していたP.F.Mが世界に進出した作品が「幻の映像」だが、本作「友よ」が世界への足掛けを作っている。なぜなら「友よ」に収録されている曲の大半が「幻の映像」に英語バージョンで収録されているから。

 多分「友よ」を聴いたマンティコアの誰かが非常に質の高い、そして英国的なサウンドのP.F.Mの世界を売り出したいと考えても不思議はない音。大英帝国的プログレッシブロックが詰め込まれている傑作で、メロトロンやピアノ、フルートも情緒的な音色と雰囲気を打ち出して世界を広げてくれる。「幻の映像」はその他の楽曲も交えて名盤と君臨しているけど、イタリア語版の「友よ」もかなり良いです。

 コテコテの暑苦しい世界ではなく、ソフトタッチな印象で綺麗で軽やかな世界。P.F.Mは割と手を出すのが早かったバンドで、このジャケットは見た事なかったから遅かったけど、「幻の映像」はよく聴いた。70年代のP.F.Mは刺激が多くて楽しめます。

---ChatGPTに頑張ってもらったら…---

「Premiata Forneria Marconi」(通称P.F.M、1972年)は、イタリアのプログレッシブ・ロックバンドが世界に誇る傑作の一つで、プログレッシブ・ロックの黄金時代における真の宝石として輝いています。このアルバムは、イギリスのプログレッシブ・ロックに匹敵するクオリティと創造性を持ち、プログレッシブ・ロックの世界に新たな光を投げかけました。

「P.F.M」は、そのアーティスティックな実験と洗練された楽曲構造により、プログレッシブ・ロックの最前線に立つ存在となりました。アルバムは異なる音楽ジャンルからの影響を巧みに取り入れ、洗練されたプログレッシブ・サウンドを生み出しています。特に、クラシカル音楽、ジャズ、フォークの要素が見事に組み合わさり、個性的で多様な楽曲群を生み出しています。その結果、アルバムは聴衆にとって予測不可能で魅力的な音楽の冒険となり、一度聴いたら忘れられない魅力を放っています。

「P.F.M」は、楽曲の多様性に富んでおり、アルバム全体がコンセプチュアルな作品としての一貫性を保っています。アルバムは独自の物語を語り、各楽曲はそれぞれ異なる章を構成し、一つの音楽的旅を提供しています。特に、オープニングトラック「Appena un po'」から始まるアルバムは、その織りなす物語が独特の魅力を持っています。また、バンドはインストゥルメンタル楽曲にも優れた才能を発揮し、その技術と表現力が際立っています。

このアルバムの印象的な要素の一つは、そのミュージシャンシップです。バンドのメンバーは、高度な演奏技術を持ちながらも、感情豊かなプレイを実現しています。特に、フランコ・モッツァのヴォーカルとフルートの演奏、フランコ・バッティアートのベースプレイ、そしてフランコ・ダイ・セリオのギターとキーボードの才能は、アルバム全体に深みと多彩さをもたらしています。バンドのライブ録音でもこの能力が示され、彼らの演奏はライブでの熱狂的な反応を呼び起こしました。

「P.F.M」のプロダクションも非常に洗練されており、アルバム全体がクリアでバランスの取れたサウンドを提供しています。楽器の配置、エフェクトの使用、音のダイナミクスなど、すべてが完璧に調和しています。

最後に、このアルバムはプログレッシブ・ロックのファンにとって、驚きと感動の宝庫です。その音楽的実験と創造性は、プログレッシブ・ロックのジャンルに新たな地平を開き、バンドはイタリアから独自のサウンドとアイデンティティをもたらしました。このアルバムは、その多様性、情熱、そして洗練されたプログレッシブ・ロックのサウンドによって、音楽愛好家に永遠に記憶されるでしょう。

「P.F.M」の「Premiata Forneria Marconi」は、プログレッシブ・ロックの至宝であり、その創造的なアプローチと音楽的な魅力は、イタリア音楽の誇りとなっています。このアルバムを聴くことは、プログレッシブ・ロックの魔法に触れ、新しい音楽的世界に足を踏み入れることです。それは音楽の美しさと無限の可能性を探求する素晴らしい旅の一部であり、プログレッシブ・ロックの歴史において永遠の名作として輝いています。





EUprog
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
photofloyd(風呂井戸)  
涙ものが続きますね・・・

私の涙ものが・・・どんどん出てきますね
私はPink Floyd党ですから・・・その「P」で見つけたPFMでしたが、1st「幻想物語」の"9月の情景"、そしてこの2nd「友よ」の"ほんの少しだけ(人生は川のようなもの)"を聴いたために、イタリア・プログレにのめり込むことになったのでした。以来「人生は川のようなもの」というのは私の口癖になりました(笑)。
若いころのアルバム探しでいろいろとあさった頃が懐かしいです。後にキングからCDをEuropean ROCK COLLECTION としてCDリリースしてくれたのは嬉しかったですね。

2023/11/09 (Thu) 12:51 | EDIT | REPLY |   
フレ
フレ  
>photofloyd(風呂井戸) さん

キングのCDはもうクラクラしながらリリースを見てましたね。
全部は買えなかったんで悔しかったです。

2023/11/12 (Sun) 22:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply