Matching Mole - Little Red Record (1972):

0 Comments
B006TX26Q8

 秋の訪れが早そうな気配を感じつつ流れがカンタベリーに来たので、久しく聴いてないしとライブラリ漁りと自分の知識漁りで、ネットで適当に探すのが早いと思って探すけど、その間に聴きたいアルバムも思い出して聴く。結局何探してたのかと思う時もしばしば。カンタベリーやプログレはじっくり時間取ってノイズの入らない環境で聴きたいから割と限られるし、そんな事を出来る時間を作ってヘッドフォンでひたすら聴く。

 Matching Moleの1972年リリースのセカンド・アルバム「Little Red Record」。冒頭音が出てきた瞬間からカンタベリー感が分かる音で、その時点からフワフワしてる。そこからはフワフワと緊迫とオシャレ感と緊密な演奏、ヘンな音によるスケールやメロディに心躍らされてカンタベリーの世界を満喫できる一枚。昔はMatching Moleならファーストの「O Caloline」から涙するのが当たり前で、その流れのままアルバム聴いてる感じだったが、セカンド・アルバム「Little Red Record」を聴くと随分とビシッとしたと感じる。よくよく見ればプロデューサーがロバート・フリップ卿で、1972年だからクリムゾンも結構大変な時期だろうに、こんな所で働いてくれている。その影響は所々で戦慄クリムゾンを彷彿させるような空気感のあるシーンも出て来る。

 ファーストとメンバーが替わって、ロバート・ワイアットと二枚看板だったデイブ・シンクレアは離脱してる。その分ギターでフィル・ミラーが頑張ってて、更に一番の功労者はビル・マコーミック。強烈なベース弾いてるし、鍵盤のデイブ・マクレーもそれほどメジャーな人ではないのにこれだけカンタベリーな音を弾いてるのは嬉しい。一般的なカンタベリー的サウンドよりは緊迫感と破壊感が漂う作品。それでもロバート・ワイアットのオフザケは入っているユーモラスなアルバム。ワイアットのドラムも実に素晴らしくグルーブしてて、ホントに微妙に独特の味で好きだ。サイケ調な感触を感じるのはSE的な部分だけど、そこからジャズアプローチ。そういうサイケ時代のバンドもなかったし、ユニークなアプローチ。ボーカルコラージュもあるし多彩なバンド。こんなに「Little Red Record」が面白かったと改めて感じた作品、ファーストの陰に隠れがちだけど聴いた方が良い名盤。どこを斬っても素敵な音です。「Gloria Gloom」も最高。





UKprog
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply