Robert Wyatt - Ruth is Stranger Than Richard (1975):

0 Comments
B001F9Y26I

 ユルユルなケビン・エアーズの歌に対して内省的でしっとりと心に染み入る曲を歌うロバート・ワイアットの世界観は方法論も音楽も違うけど、とても親しいモノを感じる。そこがカンタベリーなトコロかもしれないけど、同じ釜の飯を食ってた仲間故か。気分的に楽観的に聴くならケビン・エアーズだけどしっとりと聴くならロバート・ワイアットだし、それはもうマッチング・モウルやソフツの世界でも一際浮いている世界観。

 ロバート・ワイアットの半身不随な事故から2枚目となったソロアルバム「Ruth is Stranger Than Richard」はアナログ時代のA面とB面でテーマを分けてのスタイルで録音されたアルバム。曲によってはイーノの影響がとても強く、決して聴きやすいアルバムではない。しかし深みもありロバート・ワイアットらしく哀愁のある作風で、その世界好きには堪らなく魅惑的な作品。この愛おしい歌声とメロディラインは才能で、更にジャズなフレッド・フリスやビル・マコーミックがいるのも見事で、曲はブライアン・ホッパーやマンザネラが提供している凄い世界。それが皆友人だから面白い。

 そして楽しみなB面がまたロバート・ワイアットの世界全開で正にプログレッシブ。フレッド・フリスのピアノでしっとり進めていく独自世界で、ジャズもロックでもなくポップスでもない、カンタベリーポップ。この感覚久しぶりなのでやはり衝撃を受けた。聴いてると思い出したけど、また衝撃を感じられるのは良い。面白いしロック的な音。





UKprog
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply