Kevin Ayers - Bananamour (1973):

0 Comments
B00GZ3RM84

 往年のミュージシャンも最近の活動はほとんど聞くこともなく、普通に考れば60歳や70歳になってるから、仕事してなくて当たり前だが、才能もそこまで出てこないから大多数は隠居生活に近いと思う。だから次に話題になる時は大抵死んだ時だろうなぁ…、とは言え、既に離れた存在ではあるので哀悼の意を持つことはない。今新作出したら聞く程のファンなのか?と自問自答してみるとその答えは簡単に出てくるが、ただ、ぽっかりと穴の開いたような悲しさは残るので、そんな時にはどんな音だっけ?と再度聴き直すきっかけにはなっている。

 1973年にリリースされたケヴィン・エアーズの4作目のソロアルバム「Bananamour」。ソフト・マシーン創設メンバーながらアルバム2枚で離脱、その才能だけが伝説化されてカンタベリーの天使のように語られるが、実は普通に生きてヒッピーしている辺りはシド・バレットと違い伝説だけの人物でもない。本人は至って普通にお茶目なキャラな人らしく、ミュージシャンにも愛される人らしく、ユーモアと皮肉さを持ち合わせた正に英国人らしい人だったようだ。そのままの姿がアルバムにも表れていて「Bananamour」でも恒例の素晴らしきゲスト陣が勝手に手伝いに来て参加しているくらいの人望で、ソフト・マシーン組からスティーブ・ヒレッジ、デヴィッド・ベッドフォード、果てはドリス・トロイまで参加。この頃彼女は丁度ピンク・フロイドの「狂気」の録音を終えた後で、そんなカンタベリーの面々に囲まれつつ至って普通にカンタベリーではないサウンドを出している「Bananamour」。

 紛れもなくロックだけど浮遊感が半端なく、かと言って流れる作風でもなくてきちんと引っかかり、更に実験的な側面も多く、大抵ヘンな事をいくつもやってるからポップスとも言えない。でも全体的にはポップな曲調で歌も軽やかだし、メロディも可愛らしく、正にハーベストの至宝だが、まだ全然分かってない人。ただ、なぜかアルバムは大抵揃ってるから何度も聴いてて、「Bananamour」もそれなりに聴いてるが、なかなか記憶に残ってないけど、ひたすら心地良く素晴らしい時間が流れていくアルバムの認識。

 面白いヒッピーな人で、英国人だがスペインに魅了され、最後までイビザ島にいたらしいが、確か、ニコもイビザ島で最期を遂げているし、どれだけ素敵なトコロだろう?ちょっとGoogle Earthで見てみようと思うくらいに島の名前が出てくるけど、きっとそこに行けばケヴィン・エアーズの音楽をもっと理解できるかもしれない。





UKprog
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply