The Velvet Underground + Nico - The Velvet Underground + Nico

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ
 1967年サンフランシスコではサイケデリックムーヴメントの波が起きようとしていた頃、東海岸では全く前衛的なサウンドと退廃的なイメージを持つバンドがアンダーグラウンドなシーンに君臨していた。前衛芸術家の旗手であったアンディ・ウォーホールに見い出されたそのバンドはヴェルベット・アンダーグラウンドと名乗っていた。

 …なんて書くとすごくかっこいいんだけどどこでも読んだことのあるような内容なのでちょっと脱線(笑)。やっぱねぇ、ニコルー・リードなんですよ。んなわけで、やっぱバナナのファーストアルバムが一番よく聴いたし印象的なアルバム。今聴くとそんなに前衛的かな、とも思ってしまうくらいポップセンスが散りばめられているんですよ。ニコを連れてきたのはウォーホールなんだけど、これが大正解というか彼女の人生これで変わってしまった面もあったんじゃない?凄く綺麗な人でソロアルバムとかでも超個性的、俗称「地下の水道管」って呼ばれる歌声とサウンドはニコならではで、日本公演のビデオとかもすごい。

 んで、ヴェルベット・アンダーグラウンドファーストアルバムは、一時日曜日の朝には必ず聴いていた「Sunday Morning」から始まるんだけど、凄く心地良いポップソングで正にけだるい朝の雰囲気を表しているんだなぁ。それにしてもこのアルバムからは色々なメジャーアーティストにカバーされている曲が多い。「I'm Waiting for the Man」はボウイさんがライブでも定番にしているくらいのお気に入り曲になっているし、今でも歌ってるんじゃないかな。もちろんルーのテイクはかなり暗い一直線な雰囲気なんだけど、これをポップに仕上げたボウイもさすが。「All Tomorrow's Parties」はジャパンのバージョンが割と有名でしょ。こちらもけだるい雰囲気がジャパンにかかるとデカダンなサウンドになっているんだけど、このバンドも決して明るくないのでいいんだろうね、こういうの。「Heroin」なんて凄い曲で人気は高いんだろうし、個人的には「Femme Fatale」が好き♪ニコも自分のライブでいつも歌っていたくらいなので好きだったんでしょうね。浮遊感漂うポップスで独特のコード進行が心地良いです。他にも正にアンダーグラウンドなチープなサウンドで作られた楽曲ばかりなんだけど、そこがヴェルベット・アンダーグラウンドっていうインパクトは必ずあるんだな。

 音楽を真面目に語る場合には決して出てくるバンドじゃないけどロックやアートのフィールドを語るには欠かせないヴェルヴェッツの作品で、イギリスではソフト・マシーンピンク・フロイドという形に飛翔したサウンドだったが、ニューヨークでは更に退廃的且つアンダーグラウンドな世界へと潜り込んでいったアートと化したようだ。それを発掘したのがボウイだったりテレビジョンだったりするんだけど、やっぱり良いセンスだね。いわゆるプログレとは違って美しさはないんだけどハマれるサウンド、というか新鮮な刺激になるバンドには違いない。3rdまでは深堀しても面白いバンドです。

関連記事

Comment

[261] thankyouTB

フレさん
トラバありがとうございます。
ヒートウエイヴはルー・リードやライクーダーを九州で日本語でレスポンスしたような素晴らしいミュージシャンです。
またその活動にも、非常に独立性を持した数少ないミュージシャンだということを補足しておきたいと思います。ロックとは音そのものだけではありません、姿勢・生きる姿そのものがロックだということだと思います。是非、日本でライブをごらんになってください。

[1476] フレさま~♪♪

こんばんは~!
ヴェルヴェットの記事、書いたので、TBさせてくださいませ・・・m(__)m

[7163] 鼻につくコメントで恐縮ですが

割と早い時期に手に入れました。
「アンディーウォーホールが エクスプロージョン(実際にはEXPLODINGが正しいけれどその雑誌はこう書いてあった) プラスティック イネビタブルと言うショーで
ベルベット アンダーグラウンドと言うバンドを起用した~」って記事を読んで 気になって探してたら 大手輸入盤専門店でなく、輸入盤コーナーが50cm位しか無いレコード屋にありました。見た瞬間、アドレナリン上がりましたよ。
聴いてみて 意外に聴きやすくて それこそヘビーローテーションでした。
同じく 日曜の朝の一曲目ははSUNDAY MORNINGを かけて(笑)。
捨て曲無しですよね。
詳しいことがわからないから メンバーのモーリン タッカーは、
女みたいな男だと ずっと思ってました(苦笑)。

[7165] >デューク中島さん

いや~、それはもう随分と自慢できる話ですよ、今となっては。
モーリン・タッカーは自分もそう思ってました(笑)。
小さい輸入コーナーの方が充実しているってのは自分ちの近くもそうだったなぁ~と。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/66-fbebce73

In Deep Grief

In Deep Griefこの曲は、ヒートウエイヴがルースターズのトリビュートに入ってる1曲だ。9分21秒もある。長すぎるんだけど、僕はこの曲に今、やられてしまっている。正直、ここ数日は音楽でジャンルが行き来してしまい、バイオリ...

The Velvet Underground & Nico / The Velvet Underground

The Velvet Underground & NicoThe Velvet Underground [Style] Experimental Rock, Rock & Roll, Proto-Punk[Date of Release] 1967おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools[エディターレビュー]このデビュー・アルバムをレコ

LULU's Velvet Ranking

ナチュラルボーン・おせっかい、称して〈NBO〉のLULUと言います。こんにちは~♪♪{/hearts_pink/}{/hearts_pink/}{/hearts_pink/}ダイジョブですよ!もう荒くれていませんよ!いつも太陽に向かって笑顔をふりまくルルチャンなんですよ~!{/fine_face/}なんてアホな前置き

ヴェルヴェットアンダーグラウンド&ニコ『The Velvet Underground & Nico』

The Velvet Underground & Nicoの1stアルバム『The Velvet Underground & Nico(ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ)』。1967年発表。さて、このアルバム、早々と当ブログ2回目の登場です。いやいやまだまだネタ切れってわけではありませんよ~(笑)。基本的....

The Velvet Underground & Nico

The Velvet Underground & Nico(1966)   道端で拾ったペイパーバックのSM小説のタイトルからバンド名を名付けたという、今や伝説的な前衛ロックバンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド。彼らは、惜しみなく降り注ぐ太陽の下でフラワー・ムーブメン

THE VELVET UNDERGROUND & NICO('66)

いわゆるロック史に残る「名盤」ですね。 ウォーホルがデザインした有名なジャケットを含め、今では誰しもが認める作品ですが、発表当初は全く売れなかったらしい。 我が国でこの作品が初めて発売されたのはそれから7年後の73年の事でした。 どうやらデヴィッ...

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ+

2017年 08月 【24件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon