Hawkwind - Warrior on the Edge of Time (1975):

0 Comments
B00BX8U0EE

 シアトリカルでスペーシーでサイケデリックなバンドは英国には割と多く存在していてメジャーシーンでも言われてみればあるだろう。ニッチな英国特集で走っていてその辺の作品は面白い。スピリッツ溢れていて、皆が皆考えてプレイして。60年代末からのバンドは生き残りに必死だからそういうアレンジが出てくるし、新興バンドは自分達の信念で出てきてて主張が見える。もっとも周りなど一切お構いなしのホークウィンド。

 1975年リリースの傑作アルバム「Warrior on the Edge of Time」です。ホークウィンドの超多数のアルバムの中でも燦然と輝く傑作として名高い作品。もちろんレミーが参加しているのも大きいけど、一番洗練されている。これまではダラダラサイケな雰囲気でアルバムが作られていたからこの「Warrior on the Edge of Time」では、マイケル・ムアコックのファンタジー作品をネタにしているだけあってトリップ系からファンタジー系への転換が行われている。よく分からないけど確かにダラダラ感よりもちょっと細部に耳が行く面は増えた。サイモン・ハウス、ハイ・タイドにいたバイオリン奏者兼鍵盤奏者によるメロトロンとバイオリンの効果も大きいし、レミーのベースもかなりグイグイ引っ張ってて、後のモーターヘッドを彷彿させる。CDのボーナストラックには最後の方に楽曲「Motorhead」が収録されていて、モロにモーターヘッドな曲。そうか、ここから始まったのかと。

 さて、アルバムは変わった構成のツインドラムで、聴いていても「あれ?あぁ、そうかツインドラムってこういう事か」と聴き慣れないドラムにちょっと驚く。どっちがリードドラムでもないみたいで、一人でも十分にできると思うが、もうちょっと音が良ければね。。ホークウィンドは掴み所がないのでなかなか取っ付きにくいけど、この辺は聴いてしまえば分かりやすいので最初は良いかも。多分、挫折する人の方が多いとは思うが。





70sUKRock
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply