Family - Entertainment (1969):

0 Comments
B009L0AKXW

 ファミリーはジョン・ウェットンが参加したバンドとして知られているけど、実際にそれはかなり終盤の話で、そもそもごった煮英国ロックの時代の始まりでもある1960年代終盤に出てきたバンドだ。だから別にハードロックでもブルースロックでもなく、何かのジャンルに属せる音でもない。その辺がなかなか聴きにくいバンドのひとつになっている面も否めないが、ボーカルのロジャー・チャップマンの名はかなり知られているのではないだろうか?凄い迫力のボーカルだから聴いてみた印象は、もしかしたらウッドストックでのジョー・コッカーと同じかも。ビブラートかシャウトか、とにかく個性的な歌声で一世を風靡した。

 1969年にリリースされたセカンドアルバム「Entertainment」ではその歌声も満喫できるが、更にファミリーの初期のサイケデリックな英国らしい実験的なロックもある。また多種多様な楽器を用いたごった煮ロックが頼もしい。それでいて決してマイナーに甘んじる事もなくしっかりとポップな聞かせ方をしているし、特にベースラインが面白い。基本チャップマンとホイットニーのバンドだけど、目立つのはそうでもないのも頼もしい。ジャケット見ても、何これ感の喜劇的なアート。どんなバンドかはともかくサーカスを見ているようなバンド。





70sUKRock
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply