Hackensack - Up The Hardway (1974)

0 Comments
B00J5T8NBU

 ブルースロックに取り憑かれた若者が1970年代の英国には多数存在していたが、時代の経過と共に薄れていき、更に発展したサウンドがロック界を彩る。この頃にバンドを始めて、そのままメジャーともマイナーともつかない形で活動していたが1974年になってメジャーデビューとなったHackensack。主要メンバーのニッキー・ムーアはこの後サムソンにも関わるので、割と主要な英国ハードロックシーン形成時のメンツかもしれない。

 ジャケットはかなりダサいし、想像通りに中味もかなりダサい。そして更にメンバーのショットを見ると相当ムサいしダサい。いきなり脱線するけど、後に出たライブアルバム「Live at the Hard Way」のジャケットを見てかなり驚いた。コレは相当キモいと。音だけ聴いていればB級ながらもブルージーなギターと洗練されたハードロックバンドの域だが、ライブはもう思い切り垢抜けないドロドロのブルースロック。そういった集大成が本作「Up The Hardway」だけど、リリースは1974年だからバドカンが出てきた頃。それでこの音ならかなり良いセンスと言いたいが、やはりB級感漂う。

 かなりブルージーなハードロックギターとそれなりの曲調で組まれているので聴き応えはあるし、ヘタでもないのでバンド的には面白い。ただ、これが60年代末にシーンに出ていたらもっとハマっただろう。その分洗練された音作りになっている。アルバム全編に渡ってアメリカンなコーラスワークや洗練されたメロディを散りばめてあるくせにギターは思い切りネバネバなブルースギターで、歌もまた然り。バックは全てそのまま泥臭い音を出してるので大変聴きやすい。

 そして一曲目のアルバムタイトル曲「Hackensack」ではかなり意欲的な作りになっていて、曲は大した事ないけどアプローチが面白い。ギターソロはバックの音がなくなった単独のソロ=Zepの「Heartbreaker」を意識した構成で、更に凄いのはその中で後のVan Halenも真っ青なライトハンド奏法による高速フレージングが登場する。正にそのままで、スケールも似たようなアプローチだから驚く。実際にはライトハンドの部分をピックで鳴らしている感じだが、このまま発展させられればもしかしたらギターヒーローだったか?それはないか。

 ブルースベースのハードロックがここまで洗練されて、バドカンの後釜的に位置するように仕向けられた気がするが、やはり彼等のロック魂が勝利を収めた結果なのか、まったく売れずに今もってB級の名誉を欲しいままにしているのも素晴らしい。



UKhard
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply