Babe Ruth - Babe Ruth (1975):

0 Comments
B01EWHYCPU

 今度は英国のお転婆娘的な歌い手で、個人的にはもっと売れて人気があってもおかしくないと思うバンド、ベーブ・ルースのボーカル、ジェニー・ハーンの登場です。楽曲もキャッチーで演奏力も高いし、様々な試みを行っているのでもっとメジャーシーンに出てきてもおかしくないが、マイナーな位置付けで終わったバンドで、個人的にはかなり好きなので実はアルバム順にひっそりと書いているバンド。

 1975年リリースの三枚目となるセルフタイトルの「ベーブ・ルース」はセルフタイトルにするだけあって、自信作でハジけていて伸び伸びとした演奏と歌がしっかりと聴けるし、良いアルバムです。これまでのアルバムではちょっとどっちつかずの凝ったハードロックなのかハードなプログレなのか、ソウルフルなのかあったが、「ベーブ・ルース」では、しっかりと方向を見据えて制作している。その方向は、面白い事にブラックでファンキーなリズムを取り入れてそこにお得意の泣きのブルースフレーズのギターを重ねているけど、バックはハモンドが鳴っているものだが、それに加えてジェニーのソウルフルでハジけまくった歌がシャウトで入ってきて、ベースラインは明らかにR&Bを意識したフレーズが多い。これをどんなジャンルと呼ぶべきか分からないが、ただ、ひたすらソウルフルにハードでやんちゃに迫ってくる音です。

 歌メロもしっかりと作られているから中盤から後半にかけての楽曲群ではキャッチーなサビのメロディがいくつも聴けるし覚えやすいし、特に「Jack O'Lantern」は最高に良く出来ている。面白い試みでは「Turquoise」で、思い切りスパニッシュで攻め立ててくるのでバンドの底力が出てたり、3曲目にはスパイ映画の疾走感的なインストが入っていて、ちょっとユニークで、ロールしているバンドの音が心地良く、ともすればフュージョン的にもなるけど、しっかりとロックのフィールドで鳴っているのも見事。

 女性の歌い手もあるけど、バンドの方向性や音色、ハード具合もツボにハマる面白さがあるバンドの最高傑作。この後の「Stealin' Home」も良いけど、「ベーブ・ルース」が過度期の作品。





UKhard
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply