Stray - Stray (1970):

0 Comments
B000A17GQU

 時代は1970年に戻り、グラウンドホッグスと共に現在でもしっかりと英国内で活動している長寿バンドのひとつStray。1970年のデビュー当時は平均年齢18歳くらいだったので、今では50歳の半ばを超えているだろう。そしてStrayもオフィシャルサイトが存在している。当時の新聞切り抜きやディスコグラフィーなどそれなりに見応えがあるし、今のライブ活動が確認できるのも素晴らしい。

 1970年当時色々なレーベルがこぞって売れそうなバンドを漁ってリリースしていた時代、その頃は何が受けるかは誰にも分からなくて試行錯誤、形振り構わずの楽しい時期。中でも不思議だったのは当時既に英国フォークの名門レーベルとして名を馳せていたトランスアトランティックがストレイのようなハードロックを演奏する若者達にも門戸を開いてた事だろう。このレーベル、この後もJody GrindやMetroなど多様なジャンルに手を出していくので、今では不思議は無いけど当時は新鮮だった。やはりレーベルはそれなりにこだわりとかカラーがある方が面白い。ちなみにこのレーベル、今ではあのカラフルなレーベル面で知られているけどこの頃まではシンプルな白紫のレーベル面だった。自分的にもカラフルなレーベルの方が印象的なので探してたけど、実はそっちの方が少ないと言う。

 それでStrayのデビュー作、「Stray」は当然若気の至りを十分に収めたギター中心のハードロックがたっぷりと詰め込まれている。部分的にはまだサイケデリック的なアレンジと空気感も漂っているが、ツェッペリンに影響を受けたのか、やはりリフをメインとしたギター曲で攻め込んでくるのが面白くて、時代を象徴するかのようなハードロックアルバムは結構カッコ良い。多分デビューするレーベルが悪かったのだろうと思ってしまう。ちょっと前に紙ジャケでリリースされて、変形ジャケットも見事に再現された。ストレイ・キャッツでもストレイ・ドッグでもないただのストレイなので、ちょっと試すには面白いハードロック名盤で良い。翌年1971年にはセカンド「Suicide」、サード「Saturday Morning Pictures」と立て続けにリリースされて、同じ路線のハードロックなので心地良い。もちろん英国の香りたっぷりなのでオススメ盤。





UKhard
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply