Steamhammer - Speech (1972):

0 Comments
B001NJY5ZI

 この辺のバンドのあれこれを見たり聴いていると面白い事がいつまで経っても発見されてキリがない。その辺が英国ロックの深い霧とも言われる所以で、超王道メジャーバンドから超マイナーな無名のアーティストまで多分全部繋がってしまう。人脈的な意味だったり音楽的な意味もだろうけど、とにかく人脈でバンド組んだ、とか面白そうだから何かやってみるか、と言う具合に人が集まるので、スーパーバンドも後で言われれば、みたいな時もある。だからそれは必ずしも成功するとは限らない。最初から明確な音世界があってバンド組んだ訳じゃないからだ。超メジャーな所ではスーパーバンドは成功しないものだけど、ちょいとB級に入るともうアチコチのバンドからの猛者が集まって、くっついたり離れたりして、その系譜が大変。魑魅魍魎とした世界が広がります。そこにプロデューサーやエンジニアやレーベルが絡むから更に複雑怪奇な世界が出来上がる。

 Steamhammerの来歴見てたらそんな事を思ったからです。イリュージョンや初期ルネッサンスに絡むルイス・セナモが参加したのと、アルバム「Speech」でのプロデュースがキース・レルフだったので。このアルバムが多分出会いだったか。それでSteamhammerはZeppelinとジョイントでライブやってるからまた深い世界。英国ロックは面白い。特に70年前後は最も活気溢れていた時代だろう。

 Steamhammerの1972年リリースの最終作「Speech」は何とハードロックバンド、と定義して良いにも拘らず、3曲しかアルバムに入っていない。A面1曲、B面2曲だ。時間そのものは今の時代にしてみればアルバムとしては短いけど、アルバム片面が一曲は凄い。昔はそんな長いの聴けないと思ってたけど、いつしかそれだけ長いならきっと何かやってくれてるに違いない、と確信して聞くようになった。得てして何かしら面白い事やってくれてる。この「Speech」の場合は、オープニングからして奇妙なチェロの硬くて冷たい音が出てきて、まるでZeppelinの「幻惑されて」のライブのアドリブ途中から始まるようで、なんだそれは、となり長く続いてから始まるチープな歪んだギターでのリフ。このリフは後に「Armageddon」の一曲目「Bazzard」として更に洗練されて使われる事となる原型だが、とにかくチープ。笑っちゃうくらいB級さ丸出しでカッチョ良いからキース・レルフもこのリフに痺れただろう。それと、ドラムのミック・ブラッドリーが、凄く良いドラムを叩いてて、これぞ英国ロックドラマーな感じの自分的には凄く好きなドラミング。小技が利いててロールしてて、それでもドタバタ感あって。この人この年に死んじゃう。それで様々なバンドを集めてトリビュートライブをやったが、結局翌年解散。そこからアルマゲドンに移行していくけど、まずはこの「Speech」。ファーストのブルースロックバンドから始まり、前作「Mountains」ではプログレッシブな方向性を持ったハードロックバンドとして実験的なライブレコーディングをまずまずの出来に仕上げている。そして意気揚々と製作した最も熟成したアルバムが「Speech」と思っていて充実度は高い。長い曲でも単に鍵盤で長引かせているものではなく、構成がしっかりと組まれていながらも、フリー部分もあって、プログレではないハードロックバンドな音です。





UKhard
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply