Ten Years After - Ssssh

4 Comments
 1969年ウッドストックに出演したことで一躍ヒーローの座を獲得した若き英雄アルヴィン・リー。もちろんそれ以前にアルバムデビューしており、ファーストアルバム「Ten Years After」ではまだまだサイケデリックな雰囲気も残したサウンドで、そしてセカンドアルバム「Undead」ではいきなりのライブ収録アルバムとしてリリースし、「I'm Going Home」を収録していることで有名なアルバム。まだまだサイケデリック的な印象を残したままではあるが、ジャジーに展開する秀作だよね。その後「Stonedhenge」も1969年にリリースしていて、これはかなりブルースロックの原点でもあって良い作品だと思う。

Ssssh Live At The Fillmore EastUndead

 んで、ウッドストック自体が宣伝となったアルバム「Ssssh」はウッドストック後にリリースされて、ロック名盤一覧には必ず挙がってくるくらい定番化された傑作。初っ端の「Bad Scene」から意表を突く曲展開が繰り広げられていて、バンドの一体感と曲のアグレッシヴさが目立つ入魂の一曲。ともすれば単なるキワモノバンド扱いされてもおかしくない曲ではあるが…、フォーカスみたいなおちゃらけさではないと認識されているのでマシではある(笑)。そしてその分ギターソロが滅茶苦茶かっこよい。ブルース一辺倒でもなくて結構メロディをなぞっている部分もあってまろやかに弾かれている。そしてバックのオルガンとベースとドラムとの一体感が何と言っても熱くて素晴らしい演奏。う~ん、いいなぁ、こういうのは燃えてくるぜ。その分二曲目はアコースティックに展開した曲で、なかなか趣がある小曲。「Stoned Woman」はリフ一発、みたいな感じで時代の産物かな、もちろんギター弾きまくりなので悪くないのだ。そして入魂の一曲「Good Morning Little Scoolgirl」。ヤードバーズもカバーしていた有名曲だが、圧倒的にTYAのこのバージョンの方がかっこよいし、演奏力も違う。いや、クラプトンを向こうに回してそれは言い過ぎかもしれないが、聴いてみると絶対そうなんだからしょうがない。アレンジ力の差なんだけど、それよりもアルヴィン・リーの技量の凄さが全面に出せているってのが強いかな。ここでのギタープレイこそがブルースロックのお手本、みたいな面大きいよね。静と動、バンドとのバランス、心地良いところでリフレインに戻る、などなどZep好きの自分的にはこういうのはツボにハマるのだ(笑)。

 以降はアルバムで言うB面なのだが、う~ん、こちらはA面ほどのアグレッシヴさがなくて少々テンションダウン。まぁ、悪くないけど実験的な面が大きいのでちょっと求めてるのと違うかな、と。しかし、最後の「夜明けのない朝」という曲はもう王道ブルースロックそのもので、かっちょいいっす。リフはともかくギターのフレージングや歌の絡みやハモンドなどもひっくるめてTYAの最高作の最後を飾るに相応しい曲。スタンダードなところで期待するフレージングが必ず出てくるという裏切られない曲だから余計にいいんだろうな。英国ブルースロックとはこういうものだ、っていう象徴。

 やっぱりこの人達はライブに尽きる。「Live at the Fillmore East」というウッドストックから半年後のライブ盤がリリースされていて、これがまたかなり熱くてよろしいライブです。「revorded Live」だとちょっと大人しいから、やっぱ70年前後のが良いね。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 4

There are no comments yet.
波野井露楠  

フィルモアのライブ盤はノー・チェックなので、しっかりチェックしたいと思います(^^;)!!
かなり、よさそうですね!!

2007/08/18 (Sat) 21:59 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>波野井露楠さん

お?嬉しいな、TYA、ここだとコメント付かなくて寂しくてさ(笑)。人気ないのかな、とかね。フィルモアのライブ、熱いっすよ~、良いっす、ホントに。

2007/08/18 (Sat) 22:09 | EDIT | REPLY |   
アンダーソン  
名作

Ten Years AfterのSsssh.は名作ですね。
バッド・シーン、グッドモーニング・リトル・スクールガール 、愛してくれるなら、夜明けのない朝などがベストアルバムに収録してもおかしくないほどの出来です。
やはりTen Years Afterの全盛期は1969~1970年頃ですね。
アルバムでいえば、Ssssh. とCricklewood Greenの時期です。
とりわけ1969年はLed Zeppelinのライバルと言われるくらい脂が乗っていました。

2012/06/24 (Sun) 21:13 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>アンダーソンさん

古いんだけど良いっすねぇ。正に黄金期。
たまにこういう魂で弾いてるアルバムとか聴くと何かを思い出して燃えます。
頑張らなきゃな、とか(笑)。

2012/06/24 (Sun) 21:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  「夜明けのない朝が欲しい…」 Ten Years Aftetr/Ssssh.
  •  今週は出張、出張、また出張…、しかも会議もたくさん、という厳しい1週間でした(@_@)。提出書類もたくさんあったし…。(水曜日の陸上大会は、子どもたち一人一人が頑張ったよい大会になり、とってもうれしかったのですが(^^)!) ふうっ。それにしても、本当に
  • 2007.08.18 (Sat) 21:58 | 波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~