Tempest - Tempest (1973):

2 Comments
B004PAGJEW

 ホールズワースを線で繋いでいくと実に色々なバンドに在籍していたと分かって、あっちこっちのバンドに繋ぎやすい。ソフト・マシーンの後だからゴングでもニュークリアスでも行けたけど、とりあえずその前に大英帝国の誇りが脈打つ偉大なるバンド、テンペストはご存じジョン・ハインズマンがコロシアム解体後に組んだバンドで、このバンドの後にはコロシアムIIを組むからその隙間の仕事。しかし単なる隙間として聴いてはいけないテンションの高さが保たれている。アルバムが二枚リリースされているが、最初のアルバムが1972年に発表、メンバーはホールズワースと同じコロシアムのマーク・クラーク、後にジューシー・ルーシーで活躍するポール・ウィリアムズの4人で結成されている。このファーストアルバムが凄い。とにかく大掛かりまたはドタバタ劇のジャズロックと王道を歩んでいるハードロックで、ハードロックは普通ギターが歪んでいて重いが、ホールズワースがそれをやっていて、さらに高速速弾きして、時代が時代だからヴァン・ヘイレン以上のインパクトだったが、あまりにもシーンに登場するには早すぎたか。ロックしているホールズワース最後の作品。それはともかくどの曲も英国的な香りに包まれた雰囲気が漂っていてちょっと重いけど良いです。

 この後のセカンドアルバムは1974年にリリースでギターはオリー・ハルソールに交代、そしてポール・ウィリアムズも脱退してトリオ編成になる。そのセカンドアルバムはややポップになった感じだが、それはまたいずれとして、何と驚くべきことにホールズワースが脱退する直前にオリー・ハルソールが参加してツインギターになった時期が一瞬だけあって、BBCのライブ音源を収録したCDリリースがされている。これまだ聴いてないけど凄そう。





UKprog
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
アーリーバード  
4連投です

続投戯言コメントお許しください。
ビニール行脚のころからテンペストは憧れのアルバム
でした。スリーブ見ただけで悪いはずないと思ってま
した。とは言え安月給サラリーマンには高嶺の花で見
てるだけでした。そして次にくだんの店へ行くと確実
に売れてました。ただ1stは見る機会は少なかったです。
圧倒的に2ndが多かったと記憶してます。

ひるがえって去年メル◯リで20bit紙ジャケ盤を2枚とも
落札しました。古いリマスターなので安かったと思います。
ホールズワースさんの卓越なギターワークには心が洗われ
る思いです。フィドルもホールズワースだったのは知らな
かったです。てっきり誰かの客演だと思ってました。
DarkHouseやBrothersやUponTomorrowが小生のお気に
入りです。

テンペスト2枚とも甲乙付けがたいですが内容は1stが良い
ですね。スリーブは2ndメデューサといった所でしょうか?
でもハルソールのギターも捨てがたいです。いずれにせよ
2枚とも傑作名盤に間違いないです。テイチクでCD化され
たのもかなり早い時期だったと記憶してます。

コメントしてるうちにベルのSHM盤が欲しくなりました。
英国沼さてさてどうしたものでしょうか?

2023/03/11 (Sat) 12:28 | EDIT | REPLY |   
フレ
フレ  
>アーリーバードさん

懐かしいですねぇ…確かに2ndのテイチク盤はかなりCD化が早かった記憶です♪

2023/03/19 (Sun) 21:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply