Renaissance - Ashes Are Burning (1973):

3 Comments
B01BMIREAW

 女性ボーカルものは英国好きには堪らないものがある。男臭いハードロックやブルースも好きだけど、気軽にリラックスして聴いて楽しむ音楽に女性歌モノは良く出てくる。何となくBGM感覚に近いけど、それにしても我ながら女モン好きだと思う。色々聴き漁るがどんどん原点に戻っていくのも本能の成せるワザ。ゴシックメタルやクロダー・シモンズ関係を漁っていたけど、All About Eveに戻り、その原点アニー・ハスラムに戻ってくる。そしてアニー・ハスラムの歌声が最も心地良い事に改めて気が付く輪廻転生。

 1973年リリースの新生ルネッサンスによるセカンドアルバム「Ashes Are Burning」、邦題「燃ゆる灰」。非常に有名な曲が三曲入っているのでどうしてもその三曲に耳が向いてしまいがちで、他の小曲にはあまり触れられない。聴き直してもその三曲の偉大さは想像以上で、どうしてもアルバムを語る上では筆頭に挙がってしまう。アルバム冒頭から10分の大作はイントロから美しいピアノ曲で、アニー・ハスラムのクリスタルボイスが登場するまでが非常に待ち遠しい。そして登場した瞬間からその声に惚れ惚れする。そして最後の大作「Ashes Are Burning」は、アニー・ハスラムをして一番好きな曲。それは素晴らしい出来映えで、ピアノとリズムセクションにアニー・ハスラムの歌声が絶妙に絡み合って常にクライマックス状態を出しながら、哀愁のギターフレーズを弾かせたらこの頃のトップであった事間違いなしのウィッシュボーン・アッシュのギターの名手、アンディ・パウエルがゲスト参加して華を添えている。そのギターがあるがためにルネッサンス+ウィッシュボーン・アッシュとも云える音楽美の世界が構築された瞬間で、名曲をより一層深みのあるものに仕上げている。素晴らしい。些か残念なのはそこまで盛り上げておいてフェイドアウトな点。ライブだと最後にアニー・ハスラムが超ハイトーンクリスタルボイスで「Ashes are burning the way~」と叫ぶから良いけど、スタジオ盤は寂しい。

 最初と最後に挟まれた楽曲群はある意味この壮大な組曲の中のひとつとして捉えていくのも聴き方としてはありだろう。意外な事に「On The Frontier」はアニー・ハスラムの歌声だけでなく男性陣のコーラス部隊から始められ、ちょっとしたアクセントになっているし、「The Harbour」はクラシックピアノで纏められて何かをモチーフにした曲で、どうやら盤によってはこの曲がエディットされているらしい。どこ盤のいつの再発までかは調べてないけど。そういう意味ではヒプノシスの手によるアルバムジャケットも遠くを見ているアニー・ハスラムと微笑しているアニー・ハスラムの二種類が存在していて、最初はアメリカ盤と英国盤と思っていらそう単純でもないらしくよく分からない。確か「Renaissance」のロゴの大きさが異なるのもあって実に複雑怪奇なアルバムジャケットになっている。意外と纏め上げたサイトが見つからなかったので、まだ調査中。こういうのにハマると面白い。





UKprog
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 3

There are no comments yet.
photofloyd(風呂井戸)  

今は幸せですね・・・
1977年のアルバム「Novella」当時のステージ、BBCライブ70分がしっかり見れるんですからねぇ…
当時、こんなアニー・ハスラムのステージ・ライブものを観たら失神ものでした。
私も彼らは2代目のRenaissanceに圧倒されたんですが・・
しかし見たことないグループだが、頭に描きながら聴いていたころは・・これも幸せという事だったのかも。

2023/03/06 (Mon) 23:24 | EDIT | REPLY |   
アーリーバード  
こんばんは

Haslam·ルネッサンスこと新生ルネッサンスを初めて
聴いたのは「お伽噺」からでした。一聴して気に入った
ので直ぐに「プロローグ」「燃ゆる灰」を購入しました。
当時はまだRelf兄妹のオリジナル·ルネッサンスが存在
したことは知りませんでした。

当時大きなレコード店に行けぱ新生ルネッサンスのLPは
まだ普通に在庫してました。但し本作は廉価盤でシングル
ジャケットでした。それでも何度も針を下ろして聴き惚れ
てましたっけ。
「プロローグ」がまだフォークとシンフォニックの間で
試行錯誤していた時期だとすれば本作は一気にシンフォ
ニックに開花した時期だと思います。

捨て曲なしの「燃ゆる灰」で小生の一番のお気に入りは
フレさまが意外と記された「フロンティア」なんです。
フォーク色濃い小曲でありますが大航海時代の満帆海原を
想起するがごときランドスケープのある逸品だと思います。
ちなみに本作を堪能して次に進んだのが小生にとって
大名盤の「運命のカード」でした。

2023/03/10 (Fri) 02:11 | EDIT | REPLY |   
フレ
フレ  
燃ゆる灰…

>photofloyd(風呂井戸) さん
ほんと、アルバムだけで妄想して聴いていたのがこんな映像が簡単に見られる時代になっているなんて凄いです。一方で映像見てたら聴いてなかった、と思うバンドもあるかもしれないですが(笑)。

>アーリーバード さん
ハジけたアルバムですよね、これ。だからこそ「フロンティア」の意外性も際立つのかもしれないです。大名盤の「運命のカード」は自分のときは全然手に入らなくて苦労しました…。

2023/03/10 (Fri) 22:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply