Moonlight - Floe

0 Comments
 ユーロ圏と言うのは実に多国籍なバンドがひしめいていて、当然ながら民族的な個性をロックのサウンドに採り入れながら独自の解釈を見せることで幅を広げる、または独自色を打ち出すというのは常套手段ではあるんだけど、ゴシックメタルの中でもそういった独自性を打ち出すことに成功している例がある。多くのバンドはどちらかと言うとゴシック様式という音楽性を出すことが独自色だと思われている節があるんだけど、その中で更に独自の民族性を入れていくというのはなかなか至難の業でもあるし、危険でもあるワケだ。ま、一般的に、ね。で、それがまたツボにハマるバンドを発見してしまってねぇ(笑)。

Floe

 Moonlight「Floe

 ポーランドのバンドでポーランド語で歌ってるのでちと英語サウンドとは違う印象を持つことは当然独自性なんだけど、まぁ、それで世界に出てこれるっつうことはやっぱ凄い実力だったんだろうし、その個性こそが世界制覇に繋がるんだろうなぁ。そんな邪心なしに聴いてみるとだな、これが驚き。ゴシック様式のメタルサウンドに女性ボーカルという今までの図式に囚われることなく伝統色をしっかりと打ち出していて、それは冒頭のアカペラからして印象的で、トラッドソング聴いてるんだっけ?と錯覚してしまうくらいに民族サウンドになっててさ、あぁ、こういうのってやっぱしっかり出来てて、だからこそ最初に持ってきて国民性だしてるのかなぁ、とか…。うん、それが素朴で良くてさ。途中からいつものゴシック的メタルサウンドになるんだけど、でもそれ一辺倒ではなくってかなり幅広いサウンドのセンスを持ったバンドかな。ジャケットのセンスがイマイチなのでメジャーになり切れないみたいなんだけど、音はこれ、凄い聴きやすいし綿密に作られているし、美しいし民族性も聴けてかなりよろしい作品です。彼等の三作目で最高傑作らしい。確かに新境地を開いていると聞こえるからなぁ。

 全然ジャンルが違うんだけど、メロディセンスのどこかがクランベリーズに近い雰囲気あってさ、多分それは民族性を打ち出すという部分での近似だろうね。ポーランドとアイルランドだから全然違うんだけど、なんか声質とか似てるんだよ。バックの音はもう全然違うんだけど、うん、そんな感じ。下のYouTubeで見れる映像の曲はこの世界ではかなりの名曲として知れ渡っているみたいなので聴いてみるのをオススメ。うん、日本人、こういうの好きだよ、多分(笑)。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply