Jade Warrior - Jade Warrior (1971):

0 Comments
B0000EZVDC

 ロックフォーマットにこだわりを持たない発想が第一だが、バンドメンバーと担当楽器にもこだわらないパターンもある。普通はメンバーによって担当楽器がある程度決まるので、その限られた中で何をどうやって音楽するかの考え方もあるが、初めから狙った音楽を作るためにメンツを揃えるほどの人脈や明確なビジョンを持っていた人は多くないだろう。

 Jade Warriorの1971年のデビューアルバム「Jade Warrior」は表現方法に困るサウンドが収められているが、ヴァーティゴからのリリースなので、そういう音との形容詞で、知ってる人は分かるけど、一般的な目線の説明は多分ムリ。メンツからして、ベース・ボーカル担当とギター、それにパーカッションとフルート担当の3人編成で、Julyからの残党が二人在籍しているから、その流れで語られるけど、決してサイケではなく、むしろハードロック路線ではある。ドラムがドカスカ叩かれないで、あくまでもパーカッションだけのどこがハードロックかと思うレベルでスカスカで、ギターもヘヴィだけどいわゆる歪んだ音のコード弾きではないからハードロックとは違う。ヘヴィに鳴るギターの入った土着的サウンドながら英国特有の雰囲気の歌メロが入る音とこのバンドを言葉で語るのはとても難しい。

 透明感溢れるサウンドも持ちつつ、ヘヴィにギターをかき鳴らし、部分的にサイケ感覚を持ち越している部分もあり、フルートやバイオリンが出てきてパーカッションでリズムを盛り立て、独特の世界観を打ち出している未だ唯一無二の世界。ジャケットやバンド名にある和風なイメージは音とは無関係で、神秘的な面からまだ当時そこまで知られていなかった東洋の日本のイメージを持って謎に輪をかけての売り出し戦略だったようだが、きっと多くの人達が日本はこういう変わった国、と勘違いしたままに違いない。





UKprog
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply