Lunatica - The Edge Of Infinity

2 Comments
 恐ろしいもので多少興味を持って調べているとやっぱり人間学習能力が付くようで、ようやく色々わかってきた。どうやら最近のメタルの傾向にはかなり細分化されたジャンルがあるっつうことが解明されてきて(笑)。いや、その筋の方にはてんでちんぷんかんぷんな記事が続いたのではないだろうかと思うのだが、まぁ、聴いた素直な感想なのでよろしいじゃないですか。つまりですな、メロディックメタルとかスピードメタルとかゴシックとか色々と分かれてるらしいんだな。んで、よくわからないので女性ボーカルものでゴシック系のものがよい、っていうキーワードでCDを探していたんだけど紹介してあるところによってはニアリーでオススメ品なんてのもあるわけで、そうなるとゴシックからは離れた女性ボーカルのハードなバンドとかにも進出していたんだな。道理で軽くてポップなものにいくつか出逢ったワケだ。が、まぁせっかく聴いたので書いておこう、ってことで(笑)。

ジ・エッジ・オヴ・インフィニティ フェイブルス・アンド・ドリームス

Lunatica「ジ・エッジ・オヴ・インフィニティ

 今度はスイスのシンフォニック系メタル、らしい。Lunaticaっつうバンド名からしてロマンティストだと思うんだがなぁ…。うん、かな~り聴きやすいメロディと軽快でスピーディな曲に乗せて快適な女性のボーカルが流れていく、素晴らしい出来映え。ドライブにでも流したら凄く乗れるんじゃないか?そんな感じでやっぱりヨーロッパの様式美旋律ってのはスイス的っつうトコなんだろうけど、何かが足りない。多分壮大なストリングスと凝ったアレンジ、かな。ドラマティックではあるんだけどなぁ…、いや、悪くはないので何回か聴くとは思うのだが荘厳さが欲しい自分としてはちょっと足りない。

 知らないで聴くとそういうもんなのだが、知ってて聴くとこのバンドはどんな人気なんだろ?って思ってあれこれ見ていると結構な人気を博しているワケだな。オープニングにナレーションが入ってくるのは恒例の仕掛けらしい。しかしよく聴くと結構バラエティに富んだアルバムだな。色々な曲調に挑戦しているが、ちょっと歌が一本調子かな。2作目の「フェイブルス・アンド・ドリームス」がすこぶる傑作らしいのでまた今度挑戦してみよう…。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
massh@まー  
トラバありがとうございます

トラックバック、ありがとうございます。
Lunaticaは聴きやすいですよね。
ゴシック・メタルがみんな似てきたけれど、この声で個性が出ると思います。

2007/08/02 (Thu) 21:57 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>massh@まーさん

うん、聴きやすいっす。でもホントみんな似た声と音ですねぇこのヘン…。

2007/08/05 (Sun) 00:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply