Christine Perfect - Christine Perfect (1970):

0 Comments
B000B9EX0S

 突如の訃報にどんなんだっけ、と改めて聴き直していたが、本作に収録されている「I'd Rather Go To Blind」は、名曲さ加減から多数のミュージシャンやシンガーがカバーしてそれなりにヒットを収めているし、有名なところではロッド・スチュワートだが、チッキン・シャックでもカバーしてた。その流れからかクリスティン・パーフェクト女史の名義でもリリースされていて、これが大ヒットと、その成功を受けて急遽アルバム作りが進められて、一気に売ってしまう思惑が働いて出来上がった作品が1970年リリースとなった「Christine Perfect」。結婚するのでチッキン・シャックを辞めたのが1969年で、その合間にヒットしたので、曲作りとレコーディングを急いで1970年暮れにはリリースしたようだ。見事。

 1970年には当時の旦那のバンド、フリートウッド・マックの崩壊劇から新メンバーで参加する事となり、以降、数多くのヒットを放った事は既に周知の事実ながら、そこでは鍵盤とボーカルの才能を開花させて押しも押されぬスターへと上り詰めた。一方でプライベートでは散々な目に遭っていたようで、なかなか平凡な幸せは掴めなかったらしいが、それはともかくとして、このアルバム、ジャケットが良い。こんな椅子にリラックスした雰囲気で腰掛けて、もうしばらくしたら爆睡してる雰囲気で羨ましいくらいに牧歌的な雰囲気がよろしい。アルバムの中身もクリスティン・パーフェクト名義だからか、ボーカルは当然ながら、オルガンが妙にクローズアップされて、また時代を物語るアシッド調の音色をしたハープシコード的な音と時代を感じさせると同時に、白いオルガン、みたいな鍵盤を弾いている微笑ましい姿を想像する。

 そんなアイドル的な側面はあるものの肝心の「I'd Rather Go To Blind」に差し掛かると、本物の迫力やソウルさ加減には敵うはずも無く、もっと小奇麗に纏まってるのは当然で、元歌が良いから、ここでの歌唱も素晴らしいし、冷静に聴けばそこまででもないが、ただ、この儚さは彼女だから出せた味わい。そして結婚前後の時期だからこその感情移入もあっただろうか、なるほど、良い。迫力やソウルフルではない英国的な味わいがここにある。そして、アルバム全体を聴いてて思ったのは、アフィニティ的なトコある英国風味たっぷり感、そしてブルーホライズンらしい部分はまるで見当たらない作品も珍しいが、アルバムはさらりと聞きやすく佳作と言った所。





UKbluesrock

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply