Chicken Shack - 40 Blue Fingers, Freshly Packed and Ready to Serve (1968):

0 Comments
B07DV8WTCW

 突然の訃報に驚いたが、後のフリートウッド・マックで活躍するクリスティン・パーフェクトはマックのジョン・マクヴィーと結婚してクリスティン・マクヴィーとして有名となっている。最初は同じ英国ブルースロックバンドのチキン・シャックに参加しており、その才能を開花させていたが、それにしてもこのバンド=チキン・シャックは実に認知度が低い。普通に英国ロックが好きでもあまりこのバンドをきちんと聴いている人も多くはないと思うが、その理由は大きく、と言うよりも単純にアルバムが手に入らなかった、ただそれだけ。初期の作品はブリティッシュブルースレーベルで有名なマイク・ヴァーノン氏率いるブルーホライズンからのリリースだが、そのマニアックぶりからかこのレーベルのアルバムはほとんど手に入らなかった。英国B級バンドの方がまだよっぽど見かけたように思うし、実際再発もあったけどチキンシャックはなかなか出なかったし、そうこうしているウチに聴かないまま終わったのが現実。

 それでも今なら簡単に聞けるようなので早いウチに聴いておく必要があると手を出して、どうせ聴くならファーストからで「40 Blue Fingers, Freshly Packed and Ready to Serve」に挑戦するが、このアルバムジャケットを見ると以前は万単位の値札が付いていた事を思い出してしまうし、「O.K.Ken」はついぞアナログを見かけなかった事も良き思い出。それだけにこの二枚への期待感は凄かったが、特に「40 Blue Fingers, Freshly Packed and Ready to Serve」は、驚くまでにシンプルなブルースロックで、ギターのスタン・ウェッブがフレディ・キングばりのギター弾きとは知っていたが、ここまで見事にブルースなファーストアルバムと思わなかった。ちょっとはオリジナリティあると思ってたけど、それはほとんどがクリスティン・パーフェクトの手がけたモノらしいのでちょっと違うし、これじゃ売れないと思うが当時の英国では評価されたアルバムで、セカンドアルバムも出せているからそこそこ売れたのだろう。

 まんまブルースで、歌もモロに黒人のモノマネ、ピアノの入りやブラスもモロで評価できない部分はあるけど、英国らしさは線が細い事で、まったく同じようにやってもその辺は出てきてしまう。その分スタン・ウェッブのバリバリのギターが楽しめ、クラプトンと大差ないギタリストとも思えるが、何かが違うのだろうか、その辺のブルース好きな人にはお勧めできるけどヘヴィーブルースが好きな人には軽すぎるキライがあるが、個人的にはフレディ・キングも好きだからこういう模倣を聴くのも好き。






UKbluesrock
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply