Art Blakey And Jazz Messengers - Moanin (1958):

0 Comments
B0084GOU4E

 ジャズ界の面白いトコロは花形であるトランペットやサックス、またはピアノなどのメロディ楽器によるリーダー作ばかりが注目されるでもなく、不思議なことにドラマーやベーシストがリーダー作の作品にも注目が集まる。ドラマーがリーダーの作品でもメロディアスで素晴らしい音がいくつかあり、誰が曲を作るかもあるし、演奏者の出来映えによってもガラリと変わるので面白くて、たまたまその時にノッていたから名演が生まれて収録されたバージョンも多い。

 稀代のドラマーと名を馳せるアート・ブレイキーの大出世作「Moanin」のメロディは皆聴いたことがあるか、聴けば馴染むので一度聴いてほしい。ボビー・ティモンズのピアノの音色とメロディ印象的なヒット曲「Moanin」は彼自身が作曲して、自身のリーダー作ではなくアート・ブレイキーの「Moanin」で発表しているからネームバリューを上手く使っているし、この一曲で知名度を上げてピアノプレイも流暢に聴ける。曲はややモードがかった調子で時代的に早い取り組みでトランペットはリー・モーガンが参加してスウィングしたジャズも聴ける。

 何となくジャズのプレイヤーによる個性が見えてくると追いかけ方が分かってくるので、気に入ったフレーズを出している人のリーダー作から参加作品に渡ってプレイを楽しみ、この「Moanin」は明らかにボビー・ティモンズのピアノが中心に作られているのであまりドラマーのアート・ブレイキーに着目されないけど、アート・ブレイキーがリーダー作の「Moanin」と言えば通じる。その緊張感を一発で録音するからジャズは面白いが、心地良いハードバップの作品で初心者はジャズな雰囲気に浸れるしベテランには名盤と称される傑作。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply