Stevie Ray Vaughan - Soul to Soul (1985):

0 Comments
B0000256IU

 ブルース好きな人はギターも好きだろう。ハープブルースもあるけど、主役はギターと歌だし、中でもギターだ。逆にギターをそれほど意識しない人はジャニスみたいに歌もあるから一概には言えないけどブルースは飽きるだろう。ギター好きにも色々あるけど、ロック畑から来るとスティーヴィー・レイ・ヴォーンは驚異でギター弾きでもコピー難しいと思うし、メタルの速弾きは努力で弾ける気がするけど、これはちょっとやそっとじゃ無理。

 1985年リリースのスティーヴィー・レイ・ヴォーンの三枚目の作品「Soul to Soul」。ここの所ギタリストばかりでブルースが良いけど結構ヘヴィだからスティーヴィー・レイ・ヴォーンは手を着けないようにしているが、聴くとカッコ良すぎるし、オリジナルアルバムは少ないからライブ盤やライブDVDの方が良いのは当然。

 三枚目「Soul to Soul」は、音が80年代なのでブルースらしくないけど、収録されている音はまったくレイ・ヴォーンでレコードかけた瞬間に強烈なワウワウがぶっ飛んでて、正に「Say What?」。これだけアグレッシヴなギターを弾く人もいないし、ましてやこの時代に出てきて評価される人もいなかったし、当時はロックの感覚で聴いてたけど理解しきれてなかった。他のギタリストとは違うぞ、それがブルースと聞いてからも理解しきれなくて、それでも引っ掛かるモノはいっぱいあったから聴き続けてた。「Look At Little Sister」も他の曲もギターのみならず歌メロはキャッチーだから聴きやすく、合間のギターフレーズがシャープでカッコ良くて、アルバート・キング的と言われるけど、それよりも単にレイ・ヴォーン節だからブルースの時代が逆転してた。今は整理出来たけど、レイ・ヴォーン聞いてこういうオブリ入れるカッコ良さは覚えたし。この人も独特のギターフレーズがいっぱいあって随所に出てきて、しかも力強くグイグイと引っ掛かってくるから堪らなくて正に音の洪水に身を任せるのみ。ブルースは心地良い。





USbluesrock
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply