Velvet Underground - White Light/White Heat

White Light/White Heat The Velvet Underground The Velvet Underground & Nico

 Velvet Undergroundと言えばファーストアルバムの剥がせるバナナジャケットがアートワークとしてもそして音楽としても有名で、その作品ではまだ真の意味でのVelvet Undergroundを語ってはいなかったものだ。聴かせるということをテーマに置いた部分もあり、だからこそニコをボーカルに迎えて作品に華を添えている部分も大きかったことだろう。しかしニコは即座にVelvet Undergroundを離れて活動することとなり、ウォーホールの趣味的な面が強かったVelvet Undergroundというバンドそのものはさっさと注意を払われなくなる、そしてそれこそが彼等をアンダーグラウンドの帝王に仕立て上げた根本かもしれない。

 そんなVelvet Undergroundが最もアンダーグラウンドな、そして世に放つ問題作としてリリースしたアルバムが「White Light/White Heat」ではないだろうか?ノイズと混沌、しかもそれは英国の洗練されたものではなくニューヨークの過激なもので言い換えれば品がない音なのだ。しかしその品のなさが英国のロックミュージシャンには新鮮且つ斬新な音に聞こえたことで衝撃を与えていた。代表的なのはデヴィッド・ボウイに於けるVelvet Undergroundへの崇拝度合いだろう。今でも「White Light/White Heat」かデヴィッド・ボウイの代表的なカバー曲でライブでも歌われているものだ。

 このアルバムではまだミュージシャンとしてはよちよち歩きを始めたばかりとも言えるルー・リードと圧倒的音楽経験豊富なジョン・ケイルがその志向性の赴くままにぶつけ合ったアルバムで元祖アヴァンギャルドとも呼ばれる化学反応を見せている。音楽として聴くにはあまりにも未熟な作品だが、Velvet Undergroundの名に恥じないアルバム。特に「Sister Ray」の17分ものエゴのぶつけ合いについては一般のリスナーを絶縁するかのようなものなのだが、不思議と聞いていると心地良くなるのだから人間の本質ってのは怖いものだ。そうでもなければこのアルバムやVelvet Undergroundというバンドがこれほどまでに伝説に残るものにはならないだろう。だからこそ今でも名盤と呼ばれるんだろうな。ある意味恐ろしい話。

 音的には特に書ける代物ではないです(笑)。でも、Velvet Undergroundってバンドの真髄を知るにはコイツだろうな、と。次の三枚目「The Velvet Underground」ではジョン・ケイルが脱退してしまったのでこんなに前衛的なサウンドではなく、もっともっと全うに評価されているのだが、このセカンドアルバムは強烈に一般的評価ができない代物なのだ。だからこそ面白い…、う~んVelvet Undergroundに毒されてる?な(笑)。

関連記事

Comment

[3405]

ベルベットではコレ一番好きですよ!おっしゃる通り、音は文章にできないくらいひどい代物ですが、そういうところもアングラのロックの象徴なんですかね… 歌モノのメロディなんてほとんどないのに、どこか叙情的な気もしたり…ホント謎盤です。

[3408] >いたち野郎さん

お~、コレ一番?ある意味わかる(笑)。やっぱメジャー扱いされるべきバンドじゃないのは確かですね。これも時代の成せる業?

[3428]

こんばんは!
私も、2枚目大好きです!
混沌とした感じがまさに癖になります(^^;)。
TB、やっぱりダメだったのでURLを貼らせていただきました。
http://hanoi-stones-trex.at.webry.info/200703/article_7.html

[3429] >波野井露楠さん

TBなんでだろうねぇ…?不思議っす。

[3459]

一般的にはウォーホールが手がけた1stのほうばかりが
なにかと注目されるヴェルヴェッツですが
ワタシ的にはこの2ndが大大大好きです。
タイトル曲のホワイトライト…は彼らにしてはまだポップな曲なので
一般的にも受け入れられるのでは?と思ってるんですが
いまだ広く受け入れられてない様子で…(^^ゞ
誰か新進気鋭の映画監督が60年代のアングラシーンを題材にした映画でも作って
そういう映画にこの曲が採用されない限り、一般層には広く受け入れられないのかな(汗)

[9382] わーい

ノイズが初めてアートになった瞬間。たまらないです。

[9388] >まさしさん

上手い言い方ですね♪

[10663]

もう30年以上前ですかね。 レコード店で、DAVID BOWIEの曲だと思ってシングルレコードを購入したら「D.Bowieも歌っているんだあ」
とアルバイトの店員さんがいうので、カバー曲なんだとわかりました。
随分経ってからルーリードの曲だと知りました。
マークボランが亡くなってからも残された家族にこっそり援助したり、人種の壁のないいい人でした。
ご近所でそのせいか、今度はSTINGがロサンゼルスでbowie展で「★」等を歌ったりしていますね。

[10668] >Who?さん

Stingが★歌ってるんですか?へぇ…
情報ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/607-ef99ed4d

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 「ホワイト・ライト/ホワイ...

今日のジャケ画はThe Velbet Underground 「White Light / White Heat」ニコが抜け、ウォーホールと別れた後に出されたヴェルヴェッツ、2ndとなる68年の作品です。1stのときは独特のヘヴィーな空気が漂ってましたがこの盤ではモロに混沌としています!...

White Light/White Heat / The Velvet Underground

1.White Light/White Heat2.The Gift3.Lady Godiva's Operation4.Here She Comes Now5.I Heard Her Call My Name6.Sister Rayその2>Velvet Undergroundもちゃんと聴いたことがなかったので借りてみました。順当にThe Velvet Underground & Nicoから聴きたかったのですが

ヴェルヴェットアンダーグラウンド『White Light / White Heat』

The Velvet Undergroundの2ndアルバム『White Light / White Heat(ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート)』。1968年発表。 バナナで有名な1stアルバムは、慣れるまでは名曲なのかどうか分からないような独特の質感を持った楽曲たちが並んでいました。しかしこの2ndは、...

ヴェルヴェットアンダーグラウンド『White Light / White Heat』(2回目)

The Velvet Undergroundの2ndアルバム『White Light / White Heat(ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート)』。1968年発表。 正直言って自分でも驚きです。まさかこのアルバムをこんなにも愛聴することになるとは思ってもいませんでした。さすがにM2“ギフト”を心の底か...

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ+

2017年 05月 【27件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon