Alcatrazz - Disturbing The Peace (1985):

2 Comments
B01FSHQ0XU

 今はもう大物ギタリスト、ベテランミュージシャンと既に評価も高く、世間的にもかなりの音楽家と知られているSteve VaiはZappaバンドからHR/HMの世界に出てきた頃はまだ若造でギターのテクニックだけでは世界を制する事ができないと実感しながら様々な試みを行っていた。その実験の完成形がアルカトラズのセカンドアルバム「Distrubing The Peace」で、Steve Vaiは初のアルカトラズ参加作品ながらかなりの音楽的貢献度となり、Vaiの作品に近いけど、当然ながらその評判はグラハム・ボネットと二分する。

 1985年にリリースされた「Distrubing The Peace」では前任がインギーなので音楽性もギタリストの腕も比較されるが、大変だったろう。今となっては同情してしまう感があるが、グラハム・ボネットもSteve Vaiを採用したのはHR/HMの世界だけに留まりたくなかったようで、その意志が様々なアプローチを試みた作風が並ぶ「Disturbing the Peace」となるが、当時はあまり評価されなかった。ミュージシャンの進化をどう切り取って聴くか、はたまたミュージシャンはその変化を如何に上手くリスナーに付いてこさせるか、そんなせめぎ合いがアルバムリリース時に行われる。

 「Distrubing The Peace」は冒頭の「God Blessed Video」のイントロから衝撃的なデジタルディレイのエコーがリフとして入る革新的なアプローチと斬新な手法だった。しかもそのリフに合わせてスネアが鳴らされるので更に驚き、ライブだと完全にテンポ合わせないと曲そのものがズレると余計な心配したけど、グラハム・ボネットの声よりも何よりもこのリフの構成に驚いた。当時も今も久々に聴いたら新鮮で、音はさすがにチープだけど曲への取り組みが意欲的だからHR/HMだけでなく、妙な感じの曲が多くてグラハム・ボネットの歌に違和感を感じる。グラハム・ボネット自体は60年代から歌っている人だから何でも歌えるけど、リスナーはそう聴いてないからギャップが大変。





EU_HardHeavy
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
おーぐろ  

アルカトラスの新ギタリストって雑誌で紹介されたトキのヴァイはまだドレッドで
しかしインギーのフレーズを弾きこなすわ両手タッピングをやるわで期待してたんですけどねぇ
PV見てさらに期待してアルバムで聴いたら「God Blessed Video」「Stripper」くらいで他の曲がどうにも・・・ 
やってるコトは凄いんですけどねぇ、他のメンバーも巧いし

2022/03/23 (Wed) 21:12 | EDIT | REPLY |   
フレ
フレ  
>おーぐろさん

アルバムとしては確かに印象薄い作品でしたね。この頃はもうお腹いっぱい感強かったのもあるかも。

2022/03/26 (Sat) 16:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply