Roy Buchanan - When A Guitar Plays the Blues (1985):

0 Comments
B0000009Y9

 ロイ・ブキャナンのキャリアは相当古くまで遡り、エルヴィスのバックでギターを弾いていたジェームズ・バートンと仲良くなってしまう次元だ。50年代後半から既にプロとしてツアーに明け暮れたりレコーディングに参加していたマルチに弾けるギタリストで重宝されている。そのギタープレイはマニアには絶賛され、クラプトンも60年代にこぞって見に行ったらしい。そんな来歴からロックと絡みも幾つか発生して、ブライアン・ジョーンズ没後にストーンズに誘われた話は有名。結局ミック・テイラーが参加した事を思うと当時ロイ・ブキャナンに声が掛かってもおかしくない。ストーンズはこの頃巧いブルースの弾けるギタリストを探していたし。そして驚く事にジェフ・ベックの名曲「哀しみの恋人達」のクレジットに「ロイ・ブキャナンに捧げる」というサブタイトルがついたおかげで一般のロックファンに何者かと波紋を投げかけた。

 1985年リリースの「When a Guitar Plays the Blues」が素晴らしい。最初の二枚はアメリカ的なサウンドでドクター・ジョンやデヴィッド・リンドレーにも通じるけど、個人的にこのアルバムの一曲目でやられたのでご紹介。

 初っ端の「When A Guitar Plays The Blues」に尽きる。ロイ・ブキャナン独特の個性のバイオリン奏法が駆使され、エコーたっぷりで雰囲気バリバリのイントロに導かれて、テレキャスの線の細い、腰のある単音の刺さりまくる音色が耳に入って感情溢れるギターフレーズが炸裂。モロにゲイリー・ムーアのギターと被る。ジェフ・ベックも同じ類になるけど、泣きのギターフレーズだけで曲を創り上げてしまった人達。バックはシンセドラムなのか、人間臭さを感じない音でギターともイマイチ合ってない。ちょっと前に出した「メシアが再び」もロイ・ブキャナンの代表作だけど、似たようなフレージングで泣ける。二曲目以降も多様なサウンドを聴かせて、「迷信」みたいなノリでギターフレーズは凄く魅力的。テレキャスメインだけどピッキングハーモニクスも速弾きも平気で使うから面白くて、ロックギタリストにも人気がある。このアルバムではライトハンドもやってる。

 本作はロイ・ブキャナンの復帰作で、この後ブルースの名門アリゲーターレーベルから二枚出すけど、それでおしまい。残念。また初期に回帰した作品を作ってもらいたかった。ロック系とのセッションや絡みが楽しみな人だったのに。YouTubeには彼のそんな名曲ライブ映像があるので楽しもう。





USbluesrock
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply