Johnny Winter - Second Winter

2 Comments
 白人によるブルースのスタイルっつうのはそれだけでひとつの個性的なジャンルになってるし、それも英国人の場合とアメリカ人の場合では似て非なるスタイルに進化していったというのも面白い。英国ではやっぱり間接的に影響を受けていってそれを見ていた連中がまた影響を受けて…みたいな流れだったので進化の過程で英国らしくなっていったんだな。アメリカの場合はモロに酒場でやっている黒人ブルースメンのライブを目の前で見て盗み、自分のものにしていった変わり者の白人連中が世に出てきて、しかも若いのでエナジーを強烈に受け止めて発散するというエネルギッシュなスタイルに仕上がっていったわけだな。とりわけテキサスブルースに代表されるそのアグレッシブさは個人的にもの凄く好きなんだけどね。

Second Winter ジョニー・ウィンター
Johnny Winter - Deluxe Edition: Johnny Winter Deluxe Edition: Johnny Winter
Johnny Winter - The Progressive Blues Experiment The Progressive Blues Experiment

 んなことで同じような流れでメジャーシーンに躍り出てきたのがジョニー・ウィンター。1969年アルビノ種、そして100万ドルのギタリストとして話題になった超絶ギタリストなんだけどね。この最初期でベースを弾いているのが後にスティーヴィー・レイ・ヴォーンのダブルトラブルでベースを弾くことになるトミー・シャノンってことでこの人実はそんな古くからブルースシーンで活躍していた人なんだと改めて驚いた。もちろん年食っても出来るジャンルだから不思議はないけど、そう考えるとレイ・ヴォーンって凄い恵まれた面子だったんだなぁ。さてさて、このジョニー・ウィンターなんだけど、ファースト「ジョニー・ウィンター」のちょっと垢抜けないブルースアルバムよりもセカンドの「Second Winter」の方がロックファンには好まれるだろうね。ブルースっつうよりもブルースロック、どっちかっつうとギター弾きまくりのギタリストアルバムでブルース云々はルーツの話でそれを訴えかけているモンでもない。ただただ弾きまくってるアルバムで、凄い心地良いよ、これ。もっともっと聴かせろ~ってくらいに弾いてるからさ(笑)。スタジオアルバムでここまで弾きまくるってのはあんまりないかもしれない。丁度過度期っつうのかロックの世界がどっちに向かうのか誰も分からない時期で激しいロックがどんどん出てきていた1970年のリリースだからこういうのアリだったんだろうな。この人の場合カバー曲でも何でも自分のモノにしてギャラギャラと弾きまくるっつうのも常識的なのでこのアルバムもそんなカバー曲がいくつか入ってる。バンジョーやサックスを絡ませたご機嫌なナンバーなんかもあってホントすっきりと楽しめる作品だな。

 それとアナログ時代にはこのアルバム…、っつうかこのアルバム以外に見たことないけど3面盤の2枚組アルバムなの。要するに2枚目のB面に溝が掘られていないっつう珍しいリリース形態だったね。レコードってホントにビニールでできてるんだって思ったもん(笑)。もちろんCDになってからは一枚に収録されちゃうんだけどね。

 そうそう今じゃレガシーエディションなんて2枚組CDがリリースされてて、ボーナストラック2曲はともかくディスク2の1970年4月のライブは相当熱いライブで初っ端のギターの何とも言えない音色から始まり弾きまくり。やっぱこの人は弾きまくらないと気が済まないんだなぁと感心しながら耳を傾けてしまうよね。こんだけ弾けたら気持ちいいよな、そりゃぁさ(笑)。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
波野井露楠  

あー!
すごくよくわかります(^^)。

>ブルースっつうよりもブルースロック

どうでもいいことなのでしょうけど、この人は本当はブルースというよりロックの人なのかなあ…なんて
つい考えてしまう私です(^^;)。
でも、ブルースか?ロックか?なんて
ホント、どっちでもいいんでしょうけどね(^^;)。
それにしても、弾き倒すジョニー・ウィンターは迫力がありますねえ!!!

2007/06/09 (Sat) 11:54 | EDIT | REPLY |   
活字中毒  
ジョニーの名演はマディ・ウォーターズのベスト盤で

 はじめまして。そしてご訪問ありがとう!
 休日になるとブルースにどっぷり浸かっている活字中毒です。映像観ました! パワフルですねぇ! ぼくがジョニー・ウインターってギタリスト&ヴォーカリストを知ったのはマディ・ウォーターズを聴き始めてしばらくしてからでした。聞いた後でガツンと脳髄に衝撃が走りましたね。ほんと。こんなふうに情熱的にブルースを弾くギタリストを当時はあまり知らなかったですからね。

 今度機会があったら纏めて聴いてみようかな、と思っています。

2007/06/09 (Sat) 17:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  Johnny Winter ~Scorchin' Blues~
  •  origin 1978 Epic1977年から1978年にかけて録音された物をまとめたアルバムのようだ。公式サイトのDiscographyには無い。
  • 2007.11.20 (Tue) 20:36 | Zagan's Blog