Asia - Alpha

10 Comments
 プログレ畑のミュージシャンによるテクニック志向型のバンドという図式と対極に超ポップさを打ち出したバンドというどちらも音楽というモノを熟知していなければ、また楽器を熟知していなければできなかったであろう方向性がある。もちろんリスナーとしてはやっぱりミュージシャン魂を追いかけてもらう方が聴いていて心地良いものだが、それでも自身の好きな音楽性とは別に売れ筋を追いかける時期ってのが必要なんだと認識して進んでいくミュージシャンの生き方も認めなければいけないのだ、と気付いたのはそう昔のことではない(笑)。やっぱり「何だよあれ」って非難する方が簡単なワケで、音楽性とか云々よりもその姿勢が気に入らないというワケだ。まぁ、リスナーなんて勝手だからねぇ…。

Alpha Asia Astra
Asia - Asia Asia
Asia - Alpha Alpha

 そんなことを実感したバンドってのがエイジアなんだよね。もちろんリアルタイムで聴いていた頃はまだまだ子供時代なので別にイエスやクリムゾンやEL&Pの面子が売れ線を追求したバンドだなんて全然知らないで、「Asia - Anthologia - The Geffen Years Collection (1982-1990) - Don't Cry Don't Cry」のキャッチーなメロディと曲に踊らされていたっけ。カルチャー・クラブもエイジアも同じ土俵で聴いていた頃の話です。それが時間が経ってくるとプログレを知るようになり、エイジアのメンバーの名前とキャリアが一致してくるようになっていきなり「おぉ…そういうことだったのか…」と驚いたワケだ。何であんなのやってたんだろ?やっぱ金だろうなぁ…とか考えるんだよね。ま、そりゃ仕事なんだからいいじゃねぇか、と今なら思えるんだけど当時はどこか釈然としない面もあったな。

 まぁ、そんなのは良しとして、とにかくエイジアの曲ってのは滅茶苦茶ロマンに溢れていてキャッチーで壮大だったりする…これこそプログレ畑を歩んできたオトコ達の奏でる曲なんだろうな、良いトコ突いてるじゃないか。そう思うことにしよう。いや、そんなに別に気張らなくてもアルバム的にもしっかり出来ているし、曲中でも要所要所でのプレイはさすが、と思わせる部分もいっぱいあるので今改めて聴くとなかなか侮れないバンドなんだよな、当たり前だけど。しかし音が軽い(笑)。時代の産物の音色ではあるが、とにかく軽いのでジョン・ウェットンの良さとか全然よくわからないんだけど、まぁ、本人満足していたみたいなので良いんだろう。何てったってつい先日再結成して日本にもやって来たくらいだからなぁ。しかもエイジアとは名ばかりで各自のバンドの代表曲をバシバシ演奏したって話だし(笑)。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 10

There are no comments yet.
ぷくちゃん  
カテゴリーが・・・

80s Popsになっているのを見逃さないぷくちゃんといいます。(爆)

>しかし音が軽い(笑)。時代の産物の音色ではあるが、

ふわふわしていますよね!聴き応えないし。

>しかもエイジアとは名ばかりで各自のバンドの代表曲をバシバシ演奏したって話だし(笑)。

そうみたいですよね。でもこの辺のスーパーグループ(!)やアーチストって皆同じ事していますよね!(激爆)

2007/04/28 (Sat) 05:46 | EDIT | REPLY |   
SYUNJI  
あたしも同じです

げっ、こんな早朝からぷく先輩がすでに先回りしている・・
エイジア体験、あたしもフレさんと全く同じです。
プログレ界の重鎮バンドとは知らず、カルチャー・クラブやエア・サプライとともにエアチェックしていました。
軽いと言われればその通りですが、セカンドはB面になかなか佳作がそろっていると思います。
エイジアにおけるジョン・ウェットンのボーカルは好きです。
(同じものを期待してクリムゾン聴いたら返り討ちに会った・・)

2007/04/28 (Sat) 09:25 | EDIT | REPLY |   
ezee  
シングル持ってました!

お久しぶりです!
当時メンツの凄さなどな~んも知りませんでしたが、
「ヒート・オブ・ザ・モーメント」にシビレまくりでした。
久々に聴いてみたいです。

2007/04/29 (Sun) 01:59 | EDIT | REPLY |   
千里  

フレさんASIAの話題にはいつも反応薄めですものね。

再結成ライブ、ノスタルジーも含めて、なかなかよかったんですけどねぇ。

2007/04/29 (Sun) 12:34 | EDIT | REPLY |   
フレ  
どもども♪

>ぷくちゃん
うん、自分的にこのバンドは80年代ポップバンド以外の評価はないのです(笑)。

>SYHNJIさん
朝早いねぇ、ぷくちゃんは。そうそうエア・サプライもあったな…。クリムゾンの頃のウェットンと比較してはマズイでしょう(笑)。このバンドはこのバンドだけの存在です、多分。

>ezeeさん
ども♪ やっぱ当時の面子の凄さなんて後ですよね?うん、でもそういうのがきっかけになってるってのあるから価値アリだったんでしょうね、やっぱ。

>千里さん
う~ん、思い入れがない、ってだけです、多分(笑)。当時どこか洗練された音楽過ぎたっていうのかな、泥臭いロックの方が好きだったんだもん(笑)。

2007/04/29 (Sun) 21:18 | EDIT | REPLY |   
オダ  

ウェットンてプログレをやりたい人というより、ポップスをやりたい人なんじゃないのかなと思います。
ボーカルもベースもそれなりにレベルが高いものだから、クリムゾンみたいなバンドでもやれてしまったというか。
そういう意味でクリムゾンの参加は彼にとっての不幸だったのでしょう。

他のメンバーはいざ知らず、ウェットンにとっては、ダウンズの助けを借りて自分のやりたいポップスという本性を現したんじゃないのかなって後のソロアルバムを聴くにつけ思っています。

2007/05/03 (Thu) 12:11 | EDIT | REPLY |   
   

俺当時ほとんどのロックとか歌謡曲とか演歌とか大嫌いだったけど、The Heat Goes Onとか大好きだったわ。
音楽とかワカンネーけどさ、格闘技やってるとこういうな~も考えねえで、とにかくリズミカルでメロディアスで壮大な地平線の果てまで全力で突っ走りたい気持ちの時に傍で鳴っていると楽しいなッ!っていう感じの曲しか聞きたくないわけヨ。
でねーと、タダでさえ痛えの、下手すると怪我するの、運悪けりゃ死んじまうこともあるような格闘技の修行なんて辛すぎるってもんヨ。
旅立つ男にはロマンの欠片が必要ってなもんヨ。
ワカル?ワッカンネ~ダロウナァ~

2011/11/22 (Tue) 21:02 | EDIT | REPLY |   
フレ  
#NkOZRVVIさん

色々な聴き方ありますねぇ。
だから音楽って面白いんだな、と思います。

2011/11/22 (Tue) 23:09 | EDIT | REPLY |   
akakad  

今更ですが輝かしいマイク・ストーンサウンドですね
2002年に亡くなってることを最近知ってちょっとがっくししてるところです
この質感を後のAsiaが出せないのも彼がいないからといっても過言ではないという確信があります
来年からは彼が遺した作品でまだ聞いてないApril Wineと初期のTenを聞いてみようと思ってます
しかしMy Own Timeは本当に美しい曲です

2014/12/29 (Mon) 21:24 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>akakadさん

Tenは面白かったなぁ…、April Wineは記憶に無いっす(笑)。

2015/01/03 (Sat) 09:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  アルファ / エイジア
  • Alpha1983[曲名リスト]1.ドント・クライ  Don't Cry 2.偽りの微笑み  The Smile Has Left Your Eyes 3.ネヴァー・イン・ア・ミリオン・イヤーズ  Never In A Million Years 4.マイ・オウン・タイム  My Own Time 5.ザ・ヒート・ゴーズ・オン  The...
  • 2007.04.28 (Sat) 10:36 | プログレッシブロック・ドットジェイピー