Second Hand - Death May Be Your Santa Claus

0 Comments
Second Hand - Death May Be Your Santa Claus (1971)
DEATH MAY BE YOUR SANTA CLAUS (RE-MASTERED & EXPANDED EDITION)

 短命に終わった70年代のバンド郡。それぞれが様々な実験を進めつつバンドを編成して実験的にシーンに登場するも、コマーシャル性に欠ければ没落していくし、バンド内部でも意欲的に出て来た割にはその先をどうするかと考え切れてもいなかったからアルバムを出しても数枚程度でネタ切れ、バンドの方向性が確立される前に崩壊する事多数。それが普通の事で、そこから仕事として残ってミュージシャン業を全う出来た人はさほど多くもなかったようだ。今でもこうして名の知れぬバンドやミュージシャンを漁っているのは楽しみもあるが、意外な発見に出会えるからだ。

 Second Handの1971年リリースアルバム「Death May Be Your Santa Claus」ではロブ・エリオットがフロントボーカルで君臨しているので、その歌声の迫力を楽しみたくて辿り着いているが、「Death May Be Your Santa Claus」の事は随分以前から知ってたし聴いてたので、目新しい出会いでもない。ただ、ロブ・エリオットなる名とストライダーの結び付きが自分的には新たな発見だったから。そうか、このアルバムかと改めて聴くと、ホントに驚くばかりの英国B級プログレッシブロック、なんでもありのごった煮ロックそのままで、よくぞあのソウルフルなボーカリストがこれほどの妙ちくりんなバンドのアルバムで出番の少ない中歌っていたものだと感心する。ほとんど出番がないので参加したのが理由かもしれないし、一方ではこの重要性の低さに辟易してバンドを去ったとも思える。

 一方セカンドハンドの作品として「Death May Be Your Santa Claus」を聴いてみればそりゃもう素晴らしい作品です。ここまで起伏の激しいドラマティックでサイケデリックなアルバムはそうそう見当たらない。正しく英国ロックサウンドでのプログレッシブロック。方向性が定まらないままだからか、バンドとして確立は出来なかったが、本作一枚だけでも輝ける作品として挙げられるアルバム。昔はこの作品もカウンターフィット盤が出回ったので自分はそれを聴いていた。その後CDでリリースされたが、割と時間かかった記憶がある。オリジナル盤は相当の高嶺の花だったのは当然として、とにかくアルバムが聴けた事が嬉しかったのも良い思い出。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply