Dragonforce - Extreme Power Metal

0 Comments
Dragonforce - Extreme Power Metal (2019)
【Amazon.co.jp限定】エクストリーム・パワー・メタル[CD+日本盤限定ボーナスライヴDVD(日本盤ボーナストラック/日本語解説書封入/歌詞対訳付)(デカジャケ付)]

 唐突にスピーディでパワフルなのが聴きたくなって、さて、と探してみる間もなく、目の前にDragonforceの新作がリリースされていた。既に鍵盤奏者の交代とベーシストの脱退が報じられていて、このアルバムのメンバーもこれまでのメンツとは異なるし、これからも替わっていく、いつもの事と言えばいつもの事のドラゴンフォース。今回は次の鍵盤奏者の活躍と良い意味での刺激もあったようで、作曲アレンジ面でも関わらせたのか、新たな切り口でのドラゴンフォース節が出来上がっている。

 Dragonforceの2019年リリース作「Extreme Power Metal」。これまで以上に80sへのレトロチックな雰囲気をジャケットからも出しているが、アルバムの中身の音はそこまで進化変化していない。ただ、これまでは聞かれる事の無かった妙なサウンドがいくつも挟み込まれていて、ここが鍵盤奏者の違いによる新たな取り組み。「The Last Dragonborn」なんて、和のフレーズと琴の音色が使われていたりもするし、リズムだってあまりにも普通。果たしてどうしてこれがドラゴンフォースで必要?みたいに思う一般的なメタルソング、に聞こえる。そういう刺激が新しい取り組みのスタンスかも。やってる側は割と面白く取り組んだという気がする。全体的にハーマン・リとサム・トットマンのあのツインギタープレイのハチャメチャさが少ないか?アルバム作品レベルで言えばこれまで以上の作品に仕上がっている気がするが、もっとやりまくっても、って云う期待はあった。

 それでもやはりドラゴンフォース、っていう部分は多くあるので決して裏切られたと思うような作品ではない。むしろこれくらいが普通にアルバムという単位の代物で、全曲あのぶっ飛びなんてのは成り立たない、ハズ。ここに来てバンド単位でようやくアルバムという単位のサウンドが届けられたか?いや、そんな殊勝な心がけではないだろうからたまたまそういう狙いにしたのだろう。どこかでこれを耳にした時に、ドラゴンフォースって分かるか?っていうインパクトは弱い曲が多いって事だ。それでもアルバムとしてのレベル感は素晴らしいと思う。もっとギターあっても良い派なのでその意味で物足りなさがあるのは同感…。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply