Jade - Fly On Strange Wings

0 Comments
Jade - Fly On Strange Wings (1970)
Fly On Strange Wings (Digipak)

 今の時代ともなるとどんなバンドでも再結成したりメンバーは異なれどもそのバンド名でシーンに復帰したりする事も多いから、唯一のアルバムをリリースした、なんて謳い文句がなかなか書きにくい部分もある。ただ、70年代から00年代くらいに至るまではホント、唯一の傑作アルバムをリリースして、なんてのも多かったし、それこそ幻な感覚があってそれもアルバムの価値を上げていた部分あった。それが実際にライブ見れたり、そのライブアルバムがリリースされたりするのだから長生きはするもんだ。

 Jadeという1970年にアルバム「Fly On Strange Wings」でシーンに登場してきたバンドの作品は男女混合ボーカルによる美しくも力強い、フォーク・ロックアルバム。唯一作品だったけど2004年頃に復活しているらしい…。ちょいと登場してきた時期が遅かった気もするが、今となってはその数年の違いなどは大した影響もなく聴けてしまうので、作品をじっくりと聴いてみる。英国なのにこんなにトラッド風味が無い、影響を受けていないように感じるくらいの作風。多分アメリカのフォーク・ロックからの影響の方が強いバンドなのだろうと勝手な推測をしているが、メンバーはマリアンヌ・シーガル女史とオトコ二人。アルバムに入ってるのは普通にフォークバンドサウンドに鍵盤などもあるからロック的な世界にある。ストリングスも入ってるから結構なアレンジも施されている期待の星、だったのかもしれない。歌唱力だけを聴いているとスプリガンスのマンディー・モートン的にも思えるけど、大してアテにならない感覚。

 面白いよな…、彼らのオフィシャルHPがあって、2017年にはこのアルバム含めての集大成CD、多分シングルも全て収録しているというモノだろうとは思うが、そのサイトで売ってる。何と3CDボックスセットらしいが、流通には出てきていないようなので、自分たちで纏めて作り上げてるのかね。まだまだ現役活動してたりするみたいだから良いおじいさんおばあさんなのだろう。フォークの世界ならそれでも通じるから良いか。それにしても不思議な音世界だ。ロックでもないしフォークでもないしトラッドでもないし、フォーク・ロックだけどヘンでもない。至ってマトモな音を出してるくせにどこにも近づかないという…、どこでもありそうで実はどこにも無いような秀作。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply