The Rolling Stones - The Rolling Stones No. 2

0 Comments
The Rolling Stones - The Rolling Stones No. 2 (1965)
The Rolling Stones No. 2 - Boxed

 60年代のレコードのリリースのされ方ってのはホント、後から見ると訳わからん状態になっている事も多い。ビートルズにしてもストーンズにしても英国だけでなくアメリカでのリリースってのが絡むからややこしくなるのだが、そのおかげでコレクターズアイテムが多数、初版アルバムだと云々、など色々あるようだ。その辺はマニアックすぎるので、少なくとも音に絞ってどうやって聴いていけば良いんだろうか?ってのが遥か遠くの島国の少年の悩みだった。自分がストーンズを聴く頃ってもう既に結構なカタログが出来上がっていて、英国リリースは、とかアメリカリリースだと、みたいなのは何となくあって、何かでダラダラと載ってる雑誌を見て、はて、どうするんだ?ってね。

 そんなThe Rolling Stonesの英国での2枚目のオリジナルアルバムとなった「The Rolling Stones No. 2」。英国ではEPってのもあったから余計にややこしくてさ。ストーンズのファーストが英国で出て、その後アメリカで曲順とか曲目も変えてリリース、その次はアメリカが先に「12 X 5」をリリースしたから、その辺がちょいとダブる格好で英国で1965年に「The Rolling Stones No. 2」がリリースされたというお話。その辺、ストーンズもよく働いていたみたいで、アルバム作るに当たってはオリジナル曲は3曲程度、その他は勝手知ったる曲のカバーで二枚目のアルバムを作ったのだな。それが「The Rolling Stones No. 2」という作品になるが、アルバムジャケットは「12 X 5」と同じ写真が流用されている。まさかその二枚が同じ場所に並ぶなんて考えなかったんだろう。ジャケットだけで買う訳じゃないから別に同じジャケットでも良いけど、何かと混乱する元にはなるな。特に初心者の頃はもう何だこれ?ってくらいに訳分からなくなるもん。

 そして中身はと言えば、もうね、ホントに初期のストーンズってのはこういうの、ホント上手い。こんだけチープなサウンドとアレンジも何も無い曲なのに、こんなに熱くて素晴らしい演奏がよくも出来るものだと、ただただ驚くばかりの白熱したプレイが聴ける。楽曲がどうの、ってレベルじゃないから、単にプレイヤーとして素晴らしいバンド。オールドブルースをそのままを確かに若いエネルギーでもっと熱く演奏してったらこうなった的なのが実によく分かる。ここでのキースはバックプレイだろうね。フロントでガンガンギター弾いてるのはもちろんブライアン・ジョーンズで、そのギタープレイの素晴らしさたるや、往年のブルースメンと大差ないんじゃないかってくらのモノだ。嗚呼素晴らしきブライアン・ジョーンズ、これこそストーンズの原点。初期二枚はホント、この後のストーンズのカッコ良さとは全然異なる素晴らしさがある。そんな楽曲群の中にあってのオリジナル曲のレベルの高さも注目すべき点。やっぱり往年のブルースの3コードから発展したサウンド、ポップ的センスが入ってきた新しいブルース、そしてロック、という感触を普通に聴いてても実感する。ビートルズもそうだけど、そういう所から発展していったのだな、ってのが良く分かる。先日の「CONFESSIN' THE BLUES」を聴いてストーンズの初期二枚を聴くとその繋がりが大変よく分かります。もちろん普通にブルース聴いてからストーンズ聴いても同じくその凄さを実感できます。うん、要するに昔から言われていた事を自分自身でなるほど、と改めて納得しまくったという事で、このアルバムの素晴らしさをじっくりと体感。カッコ良い♪







関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply