Otis Span - Biggest Thing Since Colossus

0 Comments
Otis Span - Biggest Thing Since Colossus (1969)
Biggest Thing Since Colossus (Sony)

 黒人のブルースメンからしてみたらホントに英国の小僧たちのブルース熱の入れ具合ってのは頭から笑って見ていたとは思うけど、その真摯な姿勢は一緒にセッションしたりすればするほどに心を打っただろうし、それよりもその小僧達のおかげでカネが入ってくる事実も大きかったんじゃないだろうか。そんな穿った見方しなくても普通に自分たちがやってる音楽ってのがそんな所でウケでくれて、感謝してくれるなんてよく分からないけどありがたいお話だ、って所かな。だからこそ今度はロックへ恩返ししてくれるってのもあったようで、何かのインタビューでそういうの読んだけど、そりゃ黒人側からしたらそうなるか、って。

 Otis Spanって人はMuddy Watersあたりと一緒にピアノをいつも弾いていた人で、もちろん他のブルースメンとも一緒にセッションをいくつもしていて、ピアノブルースメンとしては当然知られた存在ではあるが、自身のアルバム「Biggest Thing Since Colossus」を作る際に、ちょうど先日セッションしたばかりの英国のフリートウッド・マックの面々ってのも面白そうだ、って思ったのか、ここでは一緒にセッションしている、ってかバックメンバーの3名をフリートウッド・マックから採用している。当然ピーター・グリーン、ダニー・カーワン、ジョン・マクヴィーで、ドラムはオーティス・スパンの所のドラマーになったんだけど、これが見事に全体的にはフリートウッド・マックの音に近い…、でも、ドラム違うとこんだけグルーブ変わるのかってのもあるけど、ピーター・グリーンのこのギタープレイはさすが。クラプトンの無難なスタイルとは違って攻めてくる。それがオーティス・スパンも気に入ったのかもしれないが、実にロック的解釈のあるブルース。

 ここまで来るとどっちの何を聴いてるか分からない、ってくらいにフリートウッド・マック色が出てはいるけど、そこはやっぱりオーティス・スパン、ピアノのインパクトは絶大で歌とピアノで独り占めだから当然ソロアルバムなワケ。しかしこんな見事にグルーブしたブルースを聴けるとはね、もっとフリートウッド・マックのカタログでこういうのは紹介しておくべきだし、オーティス・スパンのカタログでも語られるべき作品。幸いなことにあちこちで手に入れられる状況ってのは嬉しい。さらっと廃盤になってたりしちゃうからね、こういうのってさ。ブルースにハマっても聴くものがなかなか広がらない、って人はこういうの探していくとまだまだ広がるんじゃないか。




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply