Chicken Shack - Unlucky Boy

0 Comments
Chicken Shack - Unlucky Boy (1973)
UNLUCKY BOY

 70年代のロックバンドを聴いてるといつも出てくるのがこの後ある程度名を成す人たちの若い頃の仕事ぶりだ。ミュージシャンもプロデューサーやエンジニアなんかも皆やっぱり時代時代に名前が出てきて、あれ、この人ってこんな仕事してたんだ、なんてのに気づくと面白い。アルバムの音作りとかプレイヤーなら個性とかクセみたいなのが聞き取れてくると更に面白くなるんだけど、メジャー路線じゃないとそこまではなかなか分からないかな。今回もそんな事気にもしないでメンバーをごっそりと持っていかれたチキン・シャックは一体どうなっていったんだろう?って素朴な疑問で聴いてみたのだが…。

 Chicken Shackの1973年リリース6枚目くらいの作品「Unlucky Boy」。かなり名盤かも。もうこのヘンって全然手を出していなかった時期なので今回聴いてみてちょいと軽い衝撃を受けました。何とメンバーが居なくなって意気消沈かと思いきや、無茶苦茶頑張ってアルバム作ったんだなぁと。ここではベースにボブ・デイズリー、鍵盤にトニー・アシュトンですよ。前者はオジーバンドのベーシストとして後に名を馳せているし、後者はプロデューサーの方が有名なのかな、ジョン・ロードとのコンビが知られているか。そんなハードロック王道路線に駒を進めるメンツがこのチープなチキン・シャックを手伝っていたという面白さ。そのチキン・シャックはもちろんスタン・ウェブ主体だから軽快なブルースありきの曲ばかりです。んでももちろん多彩な曲調が詰め込まれてて、これもまた心地よく軽快にブギしているって感じかな。案外ゆとりたっぷりにリラックスする雰囲気の曲やら楽しめるサウンドなんかが入ってるから自信あったんだろうと思う、当然だけど。

 ギターがねぇ、すごく弾いてる、弾かれてる。ホント職人的にギターの弾ける人だからか、別にバンドなかったらひとりででも出来るぜ、ってくらいのモンだし、そんな曲も入ってたりするから余計にそう思う。だからかな、面白いんだけど、かなり良いアルバムだな、って思うのはあるが、もう終焉に向かってるんだな、ってのも音を聴いてて実感するという珍しいアルバム。どこか空虚的なんだろうか、もちろんそんなハズないんだろうけど、そんな空気感が味わえてしまうんだよ。面白いな、アルバムって。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply