Votum - Time Must Have a Stop

2 Comments
Votum - Time Must Have a Stop (2006)
Time Must Have a Stop

 寒さってのは知識の根源だったりするし、陰鬱に籠もりながら芸術が磨かれるには必要な環境だったりもする。自分的にそういう環境は好きではないだろうけど、そういう環境下にいたらそりゃやることないからひたすら趣味とかやりたいことに没頭するんだろうな、ってのは想像に難くない。ヨーロッパに対する自分の印象はそんな感じだけどポーランドについてもその印象は同じくある。昔ポーランドモノの映画なんかも見てたんだけどやっぱり陰鬱で重厚感あったもんなぁ…。

 Votumってバンドの2006年デビューアルバム「Time Must Have a Stop」。随分とこなれた後でのデビューだったからか陰鬱ながらもヘヴィにプログレッシブしているロックバンドでほぼRiverside的な印象を受ける。ただ何だろうなぁ、やっぱり芯があるってのかスジが通ってるってのか、そういうのをマジマジと実感するんだから面白い。それでいてメロディアスというかメロディについては妥協せずに作り上げているようで、メロウな曲が多い。いや、軟弱なメロウという意味ではなくってヘヴィな中でのメロウなスタンスというのかな、美しさを感じられるんだよ。そういうのがこのヘンの惹かれる部分で、粗雑になることが無い。きちんと組み立てられている、というのか後付の論理としても美しさが出ている。お国柄のセンス。

 ファーストアルバムと言うこともあって、気合の賜物であるのは事実だけど、それでも柔軟にレコーディングに取り組んでいて、とてもファーストとは思えない音の作り方や重ね方、もちろんプロデューサーの意向もあるだろうけど、それでもここまで出来上がるのは見事。昨今のバンドのプロデュース能力は本当に高くなっている。プログレッシブと言いつつもしっかりとヘヴィメタリックだし、メロディックだし一体どういう音に突き進んでいくのだろう?って期待も大きいバンド。一枚一枚じっくりと向き合っていくべきバンドなんだろう、Riversideに通じた音作りは自分好みなのでちょいとね、時間をかけて聴いていきたい。







関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
photofloyd  

ポーランドの奥深さは感じていましたが・・・・ここまで深いのですね。
あの国の音楽というものへの愛情はショパン以来の誇りであるがごとく・・・浸透していて、おそらくロッカーにとっても音楽的基礎がしっかり出来ていてのことでしょうね。
いやはや、フレさんの探求に降参です。^^)

2019/01/28 (Mon) 22:48 | EDIT | REPLY |   
フレ
フレ  
>photofloydさん

ずっぽりとハマりまくってみました。
やっぱり根本的なポーランド節ってのがあるんだなぁとつくづく実感してますね。

2019/02/03 (Sun) 21:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply