Abraxas - Abraxas '99

0 Comments
Abraxas - Abraxas '99 (1999)
Abraxas '99

 久々にのんびりと電車に長時間乗る旅をした。車窓から景色を眺めながら物思いに更け、その変化を楽しみながら時間を過ごす、そうしていると好天から徐々に雲天になり雪景色に突入、その向こうには海が見えてきて普段とはまるで異なる異世界に突入し、自分の中で鳴り響く音楽も明らかに毛色が変わる。雪景色に似合うサウンド…、不慣れだな、と思いつつも最近のポーランドのロックと言えばこういった景色にも存分に似合ってしまう寒さがあるんじゃないか‥などと思いながら時を過ごした。人間って憂いのある生き物だな、ってのと日本って広いモンだな…ってのを改めて実感した。

 ポーランドのポンプ、ネオプログレの走りとなったAbraxasってバンドの1999年リリースの3枚目のアルバム「Abraxas '99」。先日のAnankeを構成するメンバーがもともと居たバンドでもあるんで系統としてはルーツを味わえる感触。更に言えばもっとストレートにシンフォニック調でもあるか。ところがこのアルバムはコンセプトアルバムの様相を示しており、所々のナレーションも含めてかなり統一感のあるハードで攻撃的なエッセンスを持ったアルバムに仕上がっている、その意味ではプログレというよりもハードロック的に近いのかもしれない。もちろん根底にはポーランド独特の陰鬱さや重厚感が漂っているので軽々しくならないというユニークさはすでに持ち合わせている。そこにシンフォニック要素が加わり、またクリムゾン的な攻撃性をもインプットしたスタンスが前面に出ているという不思議。だからと言って美しさが欠けているというんでもなく、そこにもきちんと美学が存在している。

 長尺複雑でしかも歪んだギターの音もある中のシンフォニックサウンドと時代を考えれば結構早い時期にこのスタイルに取り組んだということで革新的ですらあったとも言える。ポーランドのロックの歴史では結構なインパクトを放ったに違いないと思うし、今聴いても決して古臭くなく、革新性はそのまま損なわれずに実感できるものだ。それも多分ヨーロッパ、しかも東ヨーロッパという特殊な地域柄の特性か、不思議と魅力に惹かれる作品のひとつ。時代を超えた名盤の域にあるのかもしれない作品。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply