Collage- Moonshine

0 Comments
Collage- Moonshine (1994)
Moonshine

 シンセサイザーの台頭によって物凄く可能性が広がった反面、時代時代の音を反映してしまうためチープなサウンドだと恐ろしく古さを感じたりしてしまうことがある。当時はそれが最先端だったんだろうけど、結局時代を追うごとにもっと深みのある音が出せたりするもんだから、どうにも安っぽい音が入ってるな、っていうのを感じちゃうことは多い。ドラムの音なんかもそういうの感じるんだけど、シンセはもっと分かりやすいしね。その音を売りにしていれば良いんだけど、そうじゃなくってきちんとサウンドに組み込んでしまっているとアルバムそのものが古臭く、安っぽい音に聞こえてしまうものだ。

 Collageの1994年の作品「Moonshine」。いわゆる90年代のプログレの名盤として語られる事も多いポーランド出自の作品で、Satelliteの前身バンドとして知られているのもあるかな。発売当時からこのシンフォニックサウンドと叙情性は素晴らしいと言われていたらしいから、やはり珍しかったんだろうし、本物感が漂っていたんだろうと思う。それでも今聴くと実に安っぽい音で作られたアルバムだなぁ…と感じてしまうが故、楽曲の素晴らしさ的なものよりもそのチープさが耳についてしまうのだった。これはいかんなぁ…と。まぁ、数回聴いていればそれも慣れてきて音の構築美を実感出来るのだが、このチープさ、そういえばポンプロックの時にも感じたな、と思い出した。時代的にはちょいと遅いけど、似たような背景だからそうなるのかと。どこ見ても好評な書かれ方してるけど、どういうワケか自分的にはさっぱり苦手な部類のようで、響かない…、プログレもそういうのあるんだよ。多分ジェネシス・イエス系サウンドは琴線に響かないというクセが自分にあるのは知ってるが…。

 シンセらしい音、ってのも苦手だし、何かキラキラしてるとちょっとダメみたい。んでもポーランドのバンドだからそんな明るいワケもなく、きちんと叙情性ってのはあるんだからそっちでカバーしきれるハズではあるが、どうにも…。ミックスの問題でもあるのかな。でも他の方々には名盤って響いているんだから…、と色々思うけどやっぱり好みじゃないんだな。ただそれだけ。当然しっかり作られてるし、楽曲の起伏も富んでいて飽きずに楽しめる音作りになっている。ん、ま、苦手な音ってのがポーランドにもあるってのが分かって良かった。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply