Van Halen - For Unlawful Carnal Knowledge

2 Comments
Van Halen - For Unlawful Carnal Knowledge (1991)
F.U.C.K.

 フラリと書店の雑誌コーナーを見るとどうにも古いバンドの特集ばっかりが置いてあって、と言うかそういうのしか目に入ってこないだけなのかもしれないが、明らかに多いのは事実だろう…、クイーンやヴァン。ヘイレン、クリムゾンなどなどが目に付く。何でまた一体今Van Halen?ってプレイヤー誌の拍子を見てて思ったのだが、そういえば全然聴いてないなと思い出してね、せっかくだから聴いてみようかな、って事で登場させるんだけど、概ね好みのアルバムは出てしまっているので、あまり出てこないサミー時代か…。

 1991年リリースのサミー時代3枚目の作品「For Unlawful Carnal Knowledge」。リアルタイムの時も聴いたけど何かギャラギャラしてて全然面白くないな、っていう印象のままのアルバムだったが、今回また改めて聴いてみた。案の定かなりギャラギャラしたアルバムだなという実感はあって、それをメタリックになったVan Halenとして捉えるってのもあるんだろうけど、王道アメリカンAOR路線からメタリック路線にやや変わったのか、という感じか。エディのオリジナルアンプやギターが揃ってきた事で音に変化が起こっているのもあるのかもしれないけど、ちょいとギラギラしすぎてるんじゃない?時代の産物かもしれんが。もちろんエディのギターテクやらチャレンジやらは相変わらずなので聞き所は満載なんだけど肝心の曲という面では魅力的なのがあまり見当たらない。

 そこは多分サミー・ヘイガーの特色を生かしているからこそアメリカンになってしまってて流れてっちゃうのかな。だから凄いんだけど記憶に残りにくいっつうか深みに欠けるような感じもある。バリエーション豊富な楽曲が揃っているから何度も何度も聴けば良いのだろうけど、そこまでハマれないのは好みの問題か。ギターを追いかけている分には頼もしくてスゲェ!ってなるから明らかに自分の好みの話。ドリル奏法にタッピングの派手さ、相変わらずの華麗なる指さばき、案外好きなのが曲中でのドライブしたバッキングのリズムで、こういうノリで弾く人って結構少ないしいない。かなり特徴的なんだろうけどあまり指摘されている事はないね。ハードロック的なドライブ感と全ギタリスト脱帽のスタイルの融合、正に唯一無二な存在を知らしめていった一枚。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
おーぐろ  

「5150」まではまだ良いんですけど、それ以降はエディのソロって印象に残らないのが多いんですよねぇ 
凄いんだけど残らない感じ 
昔のソロは鼻歌感覚で大筋のメロディラインは唄える感じだったんですけどね〜 

2019/01/05 (Sat) 17:56 | EDIT | REPLY |   
フレ
フレ  
>おーぐろさん

そうなんですよねぇ、垢抜けちゃったんだろうなぁ。

2019/01/13 (Sun) 17:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply