Derdian - DNA

0 Comments
Derdian - DNA (2018)
DNA

 メタルを聞かない人にはわかりにくいのかもしれないけど、今のロックの世界で最もバリエーション豊かなサウンドを奏でることが出来て実験すらも出来て、更になんとでも融合できる可能性があるのがメタルというジャンル、と言うか歪んだギターととてつもないテクニックを必要とするドラムやベース、それはスピードもリズムも含めて、という技術への挑戦という意味でもメタルが役に立っている。だからひとつのシーンが大きく形成されているんだけど、やっぱり万人が思う「うるさい」ってのはその通りなので、何を求めるのか、によって大きく好みが変わる。クラシック楽器を奏でる人でもメタルを聴いて挑戦しようと思ったらかなり面白くなるだろうし、今の所ジャズメタルってのは聞かないけど可能性はあるんだろうと思える。ロックは融合の歴史、今その母体にメタルがあるというだけだ。ロック側ではあまりおもしろい融合が果たせてないからね。

 Derdianというイタリアのバンドの2018年リリース作「DNA」。いわゆるクサメロと言われるバンドの作品で、自分的には結構この手の音は嫌いじゃないってのも分かったから何気なく聴いてるんだけど、やっぱりすごいメロディアスでボーカルなんかも伸びやかに歌い上げてるから気持ちよさそうでさ、コーラスなんかでもみんな気持ち良さそうだから聴いてても心地よい。メロハーとどう違うんだろ?やっぱりドラミングのスピードの違いくらいだろうかね、いずれもきれいなボーカルメロディラインと、正に歌手、的な歌い上げるパターンで、バックは変拍子とかほぼなくて気持ち良くのりの良いビートでひたすら流れていく、毎日聴いてたら飽きるけどたまに聴くとこういうのっていいなぁ〜って思う。

 このジャンルも結局は数多くのバンドが残らなかったけど、イタリア…強いな。もともとがこういう世界観のある国なんだろうかね、仰々しいのはお手の物なのでこのバンドもそのDNDを正に受け継いでいる。ギターのみならずピアノが所々入ってきたり、とにかく流れるように、ほんとに記憶に残らないくらいに音が流れてって心地良さだけを残す、みたいな美しい旋律の塊、正にクサメロ代表なアルバムで、もうお腹いっぱい(笑)。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply