Leaves' Eyes - Sign Of The Dragonhead

0 Comments
Leaves' Eyes - Sign Of The Dragonhead (2018)
リーヴズ・アイズ『サイン・オブ・ザ・ドラゴンヘッド』【通常盤CD(日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

 2000年前後のバンドってもう18年前くらいのお話だからそりゃ一時代回った感あるくらいの時の流れではあるから、そうするとこのブログ始めた頃に知ったバンドなんてのももうベテラン以上の存在になってるってことか。道理で…と思ったりもするが、いやアマゾンでアレコレ見てて懐かしい名前だななんて見てたりするけど、それもついこないだじゃなかったっけ?なんて気がしてて、実は15年くらい前、みたいなお話。ゴシック・メタルにハマったのは十数年前の話なんだよなぁ、その頃ワケ分からず、こんな世界あるのか〜ってアレコレ聴いてて割と自分なりのサイクルに入ってきてて結局残ってるのはいくつかのバンドになるけど、それでも周囲のバンドだってしっかりやっててシーンに残ってる。だからちょこちょこ目立つんだね。

 Leave's Eyesの2018年7枚目のアルバム「Sign Of The Dragonhead」。YouTubeとか見てふとボーカル替わってるよな?って思ってね、聴いてみるとこれがまた凄く上手いんだけど、最初はかなり違和感ある歌声だった。聴いているとそういうの無くなるけど、なんつうんだろうな…、濃い歌声ってのかしつこい歌声ってのかアネク嬢とはもう真逆とも言わんばかりの粘っこさがある…、まぁ、ターヤなんかも近いものあるが、っていう感じ。別に悪くもないしそうか、ってお話だから過去のリブ嬢にこだわらなければ普通に聞ける。バンドの音そのものも相変わらずノルウェーに根ざしたバイキング的サウンドなるゴシックメタル的なスタイルのままだし、それこそが個性で、ボーカル替わってもその路線は変わってないからね。だからリブ嬢の描いた世界観そのままが引き継がれている状態。

 本作、いつも通りの展開なので多少飽きてきちゃう感はあるが、ユニークだなぁと思うのはヴァイキングメタル的なサウンドを男女ボーカルで展開出来ているという新しい試み。昔はゴシック風味で美女と野獣やってたけど、ここではヴァイキング世界でやってる。バンドの持つ基本的なメロディはノルウェーの民族旋律でもあるから違和感なくアルバムにも馴染んでてハイライトかも。まだまだそんな小さなトコロでの楽しみをいくつか味わえるのはよろしいね。







関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply