Vuur - In This Moment We Are Free - Cities

0 Comments
Vuur - In This Moment We Are Free - Cities (2018)
In This Moment We Are Free - Cities

 面白いもので、同じ楽器編成と人数で同じ様な音でバンドやって音を出しているんだけどその実全然異なるサウンドが出てくるという…、普通に考えてみればどうしてそうなる?みたいな話だよ。それはでも絵画でも何でもそういうモンだからプロとか才能とか技術みたいなのも含めて人間の面白いトコロで、つくづく不思議ながらも当然出し、逆に全く同じのなんてのも出てくるワケじゃないからね。ロックやポップスとかについてはさ売れるか売れないかってのもあるから似てくるはずなんだけど、それだと売れないし、複雑な要素が絡み合った芸術のひとつと捉えれば理解しやすいか。

 90年代に一世を風靡したThe GatheringのAnneke van Giersbergen姐さんの歌声とゴシックメタル、これこそが、と言われて絶賛されてThe Gatheringのひとつの方向性がそのジャンルと時代を決定付けたとも言えるくらいだった。まぁ、リアルタイムでは全然耳にすることもなかったから決してメジャーな部類ではなかったとは思うけど、それでもメタルシーンがひとつの世界を形成してきた、またヨーロッパのシーンが世界に出てきたというひとつのきっかけともなるバンドだった。当然10年以上の間には色々あって、音楽の方向性も大幅に変わったりして今でも一応バンドは継続しているようだけど、Anneke van Giersbergenhaは既に脱退済み、バンド在籍中からソロアルバムをリリースしてたりしてさすがに紅一点のボーカリストさんはアイドル的活動も実施、曲にしても結構ポップにも挑戦したりと一応世間を一通り巡ってきたんじゃないかな。それで今またここでVuurというバンドを組んでの最初のアルバム「In This Moment We Are Free - Cities」をリリース、これがまた見事なまでに20年前に遡るかのようなゴシックメタルそのものを展開してくれている。

 やっぱりAnneke van Giersbergenの歌声は素晴らしい。これこそゴシックメタルの歌声、と言わんばかりの透明感と抜け具合、唯一無二の透き通り具合はバックがどんだけヘヴィになっても思い切り突き抜ける。そして楽曲の方も当然ながらのドラマティックなゴシックメタル感あふれる重々しいテンポで繰り広げられその上を伸びやかにAnneke van Giersbergenの歌が舞い上がる。素晴らしい。ひと時代を経て聴くこの美しさというかゴシック・メタルの持つ美女と野獣的な相反するスタイルが美しい。フック的にはもうちょっと、とは思うけどそれでも何度か聞きたくなる魅力を十二分に備えた作品で、さすがのAnneke van Giersbergenの素晴らしさがホントに光り輝いている作品。2019年4月に初上陸?みたいだね。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply