The Guess Who - American Woman

0 Comments
The Guess Who - American Woman (1970)
American Woman

 1970年前後、ハードロック旋風が吹き荒れていた…、とはちょいと過剰だが、そういうロックが出てきて若者が皆飛び付いたのはそういう事だろうと。それで英国ハードロックの波はアメリカにもカナダにもヨーロッパにも上陸し、しばらくしたら日本にも上陸していてハードロックという大枠での解釈が一気に発展していった。もっともその解釈は様々あって、ブルースから始まったもののどんどんと色々なものを取り込みながら進化していったので、世界各地でのバンドがお国柄をも持ち込んで売れていったものだ。

 Guess Whoは1965年からシーンに登場している老舗バンドながらハードロックという解釈に進んだのはしばらくしてから、おそらくは英国のハードロックバンドを知ってから一気に自分たちの方向性を確立したのだろう。1970年リリースの「American Woman」が傑作として知られているってことで聴いてみればそこには明らかに英国ロックからの影響を聴くことのできる作品が立ち並ぶ。この後のアメリカン・カナディアンハードロックで顕著になる粗雑なスタイルではなく、まだまだきちんと繊細さをも持ち込んだロックという枠の中での演奏が収められているからだ。しかもメロディアスにソフトに歌を聞かせる的なのもあるからロックというよりも音楽的に優れた作品として作り上げていることは見えてくるし、その挑戦もなるほどと。一般的にゲス・フーはサイケ・ハードロック路線と言われるのはこの辺りを指しての事なんだろう。

 この「American Woman」というアルバム、タイトル曲が冒頭にあって、コレは…って思うんだけど、冷静に聴いてるとどっかで聴いたような曲調で、何だっけなぁ…と、ふと気づくと何だ、「Whole Lotta Love」じゃないか、ってことに気づいて笑った。そういうモンかね…ってな感じだが、気を取り直して他の曲を聴いていくと結構な名盤らしい作りで、決してハードロックなんてもんじゃなくてもっと繊細でアコースティクなスタイルも存分に入っているし、割と掴みどころの無いバンドと言うか、どこ向いてるんだろ?ってな具合のバンドではある。コーラスワークだって見事だし、実は歪んだギターが多くはないし、何とも形容しがたいけど、ロックという時代の産物としては良作だと思う。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply